1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 養育費
  4. 成人した子供の養育費請求もしくは慰謝料請求について

公開日:

成人した子供の養育費請求もしくは慰謝料請求について

2010年10月22日
初めまして。私(26歳)は最近20年ぶりくらいに父親(45歳)と再会しました。
ずっと探しており何度か戸籍の附表を取り寄せても探せず今回ようやく戸籍の附表から探し出せ再会した次第です。
父親は浮気をして田舎から東京に住み始めそれが原因で母親と協議離婚しました。
なぜ調停離婚でなかったかといいますと私と弟(24歳)がまだ当時幼く仕事をしながら田舎から東京の家庭裁判所に行くのが困難だったためです。
協議離婚の際に取り決めたことは、慰謝料は請求しない。ただ養育費は父親には借金があったため私が小学生になってから支払い開始にし、私が20歳になるまで月々5万円、それ以降は弟が20歳になるまで月々3万円支払うという念書を両家を交え協議したそうです。
しかし結局支払ったのは計5回ほどであとは連絡つかづ、住所も変わってしまい探すすべもなく5年ほど経過しました。
私が10歳のときでした。父親がひょっこり現れ母親から約70万円借りてまた蒸発してしまいました。もちろんその際教えてもらった連絡先はデタラメなものでした。
それから私は奨学金で高校・専門学校を卒業し、弟は非行に走り前科もちになってしまいました。
私が21歳のとき戸籍の附表のことを知り、とりよせましたが記載された住所には別な人が住んでいて父親の居所をつかめませんでした。
そして現在になりもう一度戸籍の附表を取り寄せその住所に父親は住んでいて20年ぶりに再会を果たしたのです。
許せなかったのは母親から借金をして1年後に再婚していたことと、そのお金を返してほしいと言った際の父親と再婚相手の態度です。
10年経っているから時効だと言ってきました。
あまりの不誠実さにこの際養育費も請求しようと思い調査会社に給与と財産を調べてもらっている最中です。なるべくなら穏便に交渉で和解したいです。
そこで質問ですが、父親は債務整理をしている最中らしいのですがもし支払い能力があった場合(調査会社の方には給与金額からいうと支払い能力はありますといわれました。)今までの未払い分と母親の貸した70万(計約800万円)を請求しようと思っているのですが、父親が逃げにはいるとしたらどんな処置をとってくるでしょうか?
それを防ぐ術はあるのでしょうか?
長文読んでいただき感謝します。
何卒よろしくお願いいたします。
相談者(28625)の相談

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
1.養育費については、民法169条により、5年の消滅時効に服します。
弟さんの分については、一部請求できる可能性がありますが、大部分は、父親が任意に支払わない限り、強制的に支払わせることはできないでしょう。

2.70万円についても、10年で時効ですので、時効を援用されてしまえば、手を出せなくなります。

3.防ぐ手段としては、債務の承認をしてもらうことですが、時効を言ってくるところからすると、難しいと思われます。

2010年10月22日 06時42分

相談者(28625)
養育費請求だと弁護士Aさんの言ったようなことになるので、慰謝料として私自身でまずは請求するつもりでいますが(調査会社の方に言われました。)そういった請求の仕方の場合はどうなのでしょうか?それにもともと返すつもりもなく借りたのであれば詐欺罪にはあたらないのでしょうか?

2010年10月23日 17時51分

この投稿は、2010年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

養育費請求調停とは|離婚した後に養育費を請求するときに利用する手続きを解説

離婚したになって養育費の支払いを別れた配偶者に求めたいと考えたときや、養育費を増額したいと考えた場合、「養育費請求調停」という手続きを利用す...

養育費の減額を求めることができるケースとは

離婚の際に養育費について取り決めたとしても、収入が低下したことなどを理由に「金額を減らしてほしい」と悩んでいる方もいるでしょう。一定の事情が...

再婚後の養育費について、減額についてなど

離婚する際に取り決めた養育費は、再婚後も引き続き支払ってもらうことができるのでしょうか。再婚したことを理由に減額になる可能性はあるのでしょう...

養育費を増やしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を増やしてほしい」と思っている人もいるでしょう。一度決めた養育費...

養育費の相場と支払ってもらうための手続きの流れ

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • どう対処すべきでしょうか

    母(離婚) 母の彼氏(既婚) 私 私の元旦那 私は一年前に結婚が決まりその時に母と彼氏が家を建てるから一緒に住むのはどうかと2世帯でと土地を買い家を建てました。この時に私は母に預けてあった200万を出し彼氏は金利も含め5千万ローンを銀行で組み、土地と家の支払いをしました。 ローンの名義は彼氏で連帯保証人まではわかり...

  • 離婚交渉の進め方について

    2008.11.14に長女が生まれ、同月21日に退院し、彼女の実家に里帰りを兼ねて送っていったところ、義母から「近所で子供をつれて実家に戻ってきている家があり3年近く休みの度に父親が説得にきている」等、非常識な言葉を言われ喧嘩になりました。それ以来子供には会えていません。妻も私が母親に暴言を吐いたと言い、家に戻ってきません...

  • 養育費について

    私の夫が今前妻(主人と結婚前に2回結婚歴があり、4人連れ子がいました現在は主人との子ども1人と2人暮らしらしいです。前の子どもは主人と離婚後、育てる自身がなくなったため施設にいれたとか…)から養育費増額請求の調停を起こされています。一回目の調停が先日行われたのですが、今までは離婚調停で決められた月千円(前妻の指示)を支...

  • 離婚したい。約束だけして支払わなかったら自分はどうなりますか?

    現在調停中の有責配偶者です。 現在、当時の不貞相手と関係は続いています。 妻と子ども達とは自分の不倫がきっかけで別居が長期間続いています。 自分の身勝手な行動はもちろん親族に理解はしてもらえず、兄弟とは絶縁、親は電話で時々話す程度です。 現在、妻と子供は、土地は父名義、家は自分(2割程度)と父名義の家にそのまま住...

  • 離婚について

    父:55歳(公務員、単身赴任) 母:50歳 (主婦)長女28歳、長男26歳、次男17歳(高校2年) 結婚歴28年、一軒家(土地は母方の祖母から母へ譲渡、建物は父名義)約1200万ローン 先日父親から急に女ができたから母と離婚すると連絡がありました。その相手の女性も家庭があり離婚するつもりらしいのですがまだ正式には離婚していません。...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。