和解について。裁判費用はどうなるのでしょうか?

元夫に対し、婚姻中のDV行為・浪費癖・不貞行為について損害賠償請求裁判を行っています。
相手方は全く起訴事実を認めないまま早1年半が経ちました。
最近になって、裁判官から和解を進められているのですが、イマイチ納得が出来ません。
和解のメリットは和解金の受け取りだけでなく、その支払方法も含めて条件提示出来ると聞きましたが、
逆にデメリットはありますでしょうか?裁判費用はどうなるのでしょうか?

又、裁判が続いても相手方にメリットはないので和解をしたい様ですが、婚姻中の行為について認めないまま
和解をするのは腑に落ちません。
さらに、並行して相手方から養育費の減額調停(養育費は支払われていません)を申し立てられています。

裁判で和解をするのであれば、減額調停の取り下げや婚姻中の行為についての謝罪などを和解の条件に付け加えることは出来るのでしょうか?
回答宜しくお願い致します。

2014年09月07日 09時27分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ありがとう
>逆にデメリットはありますでしょうか?

判決よりも金額が低くなる可能性はありますし、自分の望まない条件を譲歩していれることなどがあります。

>裁判費用はどうなるのでしょうか?

一般的に、請求できなくなります。

>裁判が続いても相手方にメリットはないので和解をしたい様ですが、婚姻中の行為について認めないまま和解をするのは腑に落ちません。

金額で事実上認めているといえる可能性もあります。

どうしても納得できないなら裁判官にその旨を伝え、和解文言へ入れることを検討してもらってもいいと思います。

>裁判で和解をするのであれば、減額調停の取り下げや婚姻中の行為についての謝罪などを和解の条件に付け加えることは出来るのでしょうか?

提示することは構いませんし、相手が認めるなら、条件として入れることは可能です。

2014年09月07日 09時36分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
①裁判官から和解を進められているのですが、イマイチ納得が出来ません。
②和解のメリットは和解金の受け取りだけでなく、その支払方法も含めて条件提示出来ると聞きましたが、逆にデメリットはありますでしょうか?
③裁判費用はどうなるのでしょうか?
④裁判で和解をするのであれば、減額調停の取り下げや婚姻中の行為についての謝罪などを和解の条件に付け加えることは出来るのでしょうか?
①1.判決をした場合,裁判官が,「原告・被告双方の主張を全面的には認容できるだけの心証を得られていない場合」,双方が一定の譲歩をして事件を解決する方が好ましい]と判断している際,和解の勧告を受けることがあります。
2.審理の具体的状況,証拠が不十分ではないか,などを良く検討すると,和解による解決もまんざらではないとの結論に達する場合があります。
3.感情的な納得感とは別の問題として,冷静に判断すべきです。
②1.判決になると,一刀両断でしか結論を出すことができません。
2.一方,和解の場合,金額や支払い方法,支払いを怠った場合の制裁を,当事者の事情に応じて決めることができます。
3.このようにして取り決めができると,和解調書という書面を裁判所が作成しますが,和解調書ができると判決と同じ効力が生じ,約束を違えた当事者に対して強制執行が可能になります。
4.メリットがあるわけです。
5.デメリットは,和解を受け入れずに判決手続きに進んだ場合,和解以上の有利な結論を得られる可能性を断絶するということですが,和解をする場合,裁判官は,このようなデメリットも踏まえた和解案を提示するはずです。
6.むしろ,和解を拒絶して判決手続きを進めた場合,和解内容よりも不利な判決が出る場合のデメリットについて,良く考えて決断すべきでしょう。
③1.裁判費用は,それぞれの当事者が負担することになるのが原則です。
2.和解は互譲の結果として成立させるものですから,やむを得ないというか,ある意味,当然の成り行きです。
④1.和解は,判決による結論を示さないで事件を解決することになるので,挿入が実現されることは希です。
3.また,養育費の問題など,損害賠償請求と直接の関わりがない事項,損害賠償請求事件において担当裁判官が審理をしていない事項について,調書に盛り込むことはないでしょう。

2014年09月07日 10時20分

相談者
詳細な回答ありがとうございます。
助言を元に、被告代理人と和解条項について議論しましたが
こちらの要求は聞き入れてもらえなかったので、和解はしないことにしました。

相手方がDV行為を認めるまで裁判を続けたいと思います。

2014年09月08日 21時26分

この投稿は、2014年09月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「彼女できた」「収入減った」…養育費減額の要求に応じる必要はある?

離婚後、養育費を支払っている元配偶者に収入に変化などが生じ、「今まで通りの金額を支払えない」と言われた場合、養育費の減額に応じる必要があるの...

養育費を減らしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を減らしてほしい」と思う人もいるでしょう。一度決めた養育費の額は...

養育費を減額できるケース

子どものために養育費は支払いたいけれど、給料が下がって生活が苦しいから金額を減らしてもらえないかーー。離婚の際に養育費について取り決めたとし...

再婚後の養育費について、減額についてなど

離婚する際に取り決めた養育費は、再婚後も引き続き支払ってもらうことができるのでしょうか。再婚したことを理由に減額になる可能性はあるのでしょう...

養育費の増額要求に応じる必要はあるか

離婚時に取り決めた養育費を支払っていても、離婚後の事情の変化などによって元配偶者から「養育費を増額してほしい」と求められることがあります。応...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 高等裁判所の一方的な和解の打ち切りについて

    離婚調停、家庭裁判所、高等裁判所まで相手が離婚に応じる姿勢を全く示さずに戦いましたが、高等裁判所の和解に条件次第で応じる姿勢をみせ、和解日が決定しました。ところが、高等裁判所から和解日前に突然和解の打ち切りが宣告され和解ができなくなりました。和解で1日でも早く離婚を成立させたかったのですが、なぜ和解の打ち切りを...

  • 民事裁判中におけるルール違反の罰則適用について

    A裁判において,相手が信義則違反(作り話により裁判を進行させた)により相手の言い分が判決となった。 B裁判において,その信義則違反についての訴えをしているB裁判。 裁判所に,B裁判の書面で,その相手のA裁判での違反行為について,罰則適用が求められるのか。

  • 家裁に養育費の減額請求をしました。今後どうなるのか…

    バツイチ旦那と結婚し子どももいます。元妻にも子どもがいます。 本日、家裁に養育費の減額請求の申し立てをしてきたところです。 今後の裁判の流れについて教えてください。 (1)元妻がヒステリックなタイプらしく、おそらく調停での和解は不可と思われます。調停でまとまらず審判になる場合ですが、家裁で結審するまで、だいたい...

  • 離婚に対する和解提案について

    離婚裁判で裁判官から和解提案をされるのは、裁判の内容がどこまで行った段階でされるものでしょうか?

  • 裁判による和解の利息分は?

    配偶者の不倫により、不倫相手を提訴しました。 第一回期日はまだ決まってません。 よく耳にするのが、裁判官から和解を勧められると言うことです。 裁判での和解は、判決と同じ効力があると聞きますが本当ですか? 当方は、制裁を加える為にも判決まで持っていきたいと考えていましたが… 不貞による損害賠償請求裁判での 「判決...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料
弁護士検索へのリンク

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 小学校の「同級生」と不倫する妻…夫は「夫婦...
  2. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  3. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  4. 既婚者から、無理やりにキスされた…相手の妻...
  5. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  6. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  7. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。