養育費について

公開日: 相談日:2013年09月09日
  • 1弁護士
  • 3回答

友人の姉が先月亡くなりました。その姉は14年前に協議離婚をしました。姉には現在19歳(短大生)と16歳(高校生)の子供がおり,この子供たちの親権者は姉でした。子供たちは今は姉の父母の下で生活しています。姉は,元夫と離婚する際,養育費についての取り決めはせず,これまで養育費はもらっていません。
姉の父母が子供たちの養育費を元夫に請求するためには,どのような手続が必要でしょうか。
また,過去の分の養育費を請求することは可能でしょうか。

199826さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    離婚時に姉が親権者となり,元夫は,親権者ではなくなりました。
    姉が死亡したことにより,現在は,親権者が不存在の状態です。
    したがって,現在は未成年後見開始状態となります。

    以下,元夫が親権者になる手続きを取ることはないし,ご友人側もそれは望まないという前提で話をします。

    1 姉の父母,子供の祖父母が正式な監護権を入手し,監護費用たる養育費請求権を正式に手に入れるには,最寄りの家裁に未成年後見人選任申立をして,未成年後見人に選任される,という手続きを踏む必要があります。
    未成年後見人であれば,監護者として養育費請求もできますし,未成年者の代理人として扶養料請求権を行使することもできます。この二つの請求権は実質的には同じものですが,厳密な法的権利としてだれの権利であるか(監護者たる未成年後見人の権利を行使するか,それとも未成年者自身の権利を代理行使するか)という点が異なります。

    なお,未成年後見人選任以前の段階で家裁に養育費や扶養料を申し立てても,申立権がない(法律が定める正式な監護者でもないし,未成年者の法定代理人でもない)として,請求が認められない可能性があります。

    2 ただし,未成年後見人の選任以前の段階でも,それまで養育費を払ってもらっていたのであれば,家裁ではなく地裁に対し,事実上監護するようになってからの養育費相当額を不当利得返還請求,事務管理費用,元夫からの依頼があれば委任事務処理費用の償還請求等として請求する余地はあります(イレギュラーですが。)。

    しかし,上記はもともともらっていた場合の話で,本件の場合,もともともらっていなかったので,上記の手段によるのは少々ハードルが高いかと思料します。ですが,勝てる可能性にかけて訴訟提起してみる,というのもあり得る選択でしょう。


    3 なお,過去に遡及してもらえるかという質問ですが,実際には何も取り決めず,もらってもいなかったということなので,相当困難かと思料します。




  • 相談者 199826さん

    タッチして回答を見る

    弁護士A様
    ご丁寧にご回答頂きまして誠にありがとうございます。
    とても分かり易く非常に参考になりました。

  • 弁護士 A

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    あとは,お子さん方も大きいですので,お子さん方自ら扶養料請求をする,ということも考えられます。

  • 相談者 199826さん

    タッチして回答を見る

    弁護士A様
    重ねてのご回答誠にありがとうございます。

    ちなみに,扶養義務は現在子供達が一緒に住んでいる祖父母にもあるかと思いますが,子供達が姉の元夫に対して扶養料の請求をした場合,扶養義務を負う祖父母と一緒に暮らしていることは障害にはなりませんでしょうか。
    子供達から直接扶養料の請求も出来るが,祖父母を未成年後見人に選任してもらった上で,養育費の請求をするという2段階の手続を踏むことが面倒でなければ,祖父母から養育費の請求をすることの方が穏当だと理解して宜しいでしょうか。

    お礼に紛れて更に質問までしてしまい申し訳ありません。

  • 弁護士 A

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    1 ちなみに,扶養義務は現在子供達が一緒に住んでいる祖父母にもあるかと思いますが,子供達が姉の元夫に対して扶養料の請求をした場合,扶養義務を負う祖父母と一緒に暮らしていることは障害にはなりませんでしょうか。

    未成年後見人となり,正式な監護者となった場合,監護者たる祖父母側の収入が問題にされる可能性はある(この点離婚時の父親と母親の関係と類似します。)でしょうが,父親であるのですから,通常程度の収入があれば,養育費,扶養料の請求は可能です。


    2 子供達から直接扶養料の請求も出来るが,祖父母を未成年後見人に選任してもらった上で,養育費の請求をするという2段階の手続を踏むことが面倒でなければ,祖父母から養育費の請求をすることの方が穏当だと理解して宜しいでしょうか。

    未成年後見人選任にもある程度時間はかかりますので,早期に裁判手続きの載せるなら,お子さん本人がやる,という選択肢もあるということです。

    とはいえ,王道は,やはり,祖父母が未成年後見人監護者として養育費請求をするか,ないし未成年後見人法定代理人として扶養料を請求することのほうでしょう。

  • 相談者 199826さん

    タッチして回答を見る

    弁護士A様

    ご丁寧なご回答をいただき感謝致します。

    とてもよく理解できました。

    ありがとうございました。

この投稿は、2013年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました