ベストアンサー

1000万円の慰謝料請求をされています

離婚することになり、慰謝料の請求をされています。
離婚原因は、10年まえの浮気と、今回の浮気疑惑です。


二人の子供が22才になるまでの養育費約500万円と、慰謝料500万円。
養育費をもらってると母子手当がもらえないからということで、慰謝料として合わせて1000万円です。

養育費としての意味があるので、妻が再婚した場合は支払わないという一文を加えたいのですけど、出来ますか。

また、これ以上の金品は今後要求しない等、付け加えておいたほうがいい条件とかありましたら教えてください。

2012年12月09日 13時03分

みんなの回答

泉田 健司
泉田 健司 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
10年前の浮気は、
その後10年間も婚姻が続いていた、
というのなら、
相手方の精神的苦痛は、
消失したと評価でき、
慰謝料を支払う必要はありません。
また、今回の疑惑は、
疑惑の域を出ないのなら、
支払い義務があるわけではないでしょう。
支払い義務を認めるにしても、
500万円はやや高い印象を持たざるを得ません。

そして本題ですが、
実質養育費であっても、
慰謝料とする以上、
重ねて養育費の支払いを請求された場合、
実質養育費であったという主張が通る保障はありません。

そもそも、
養育費をもらうと児童扶養手当てが減る(なくなる)から
などというような不正な言い分に付き合っていると、
ろくなことにはなりません。

そのような不正な言い分に付き合って、
あなたがリスクを負う必要など、
皆無に思えます。

また、500万円が養育費であると
認められたとしても、
今後一切の金品の請求をしない、
と入れてもあまり意味がありません。
たしかに、慰謝料はこれ以上請求できない、
という意味では効力がありますが、
養育費については、
本当に子供が困っている場合には、
どんな文言が入っていても、
無意味です。
子供のためというのは、
おおよそどんな文言も凌駕するものです。

また、ご質問は一括払いですか?
そうであるなら、
養育費の一括払いは、あまりお勧めできません。
養育費というのは、子供のためのお金です。
一括払いをしたといえども、
本当にそのとき子供が困っていたら
さらに支払わなければならなくなる場合もありえます。

また、ご心配のように、
将来相手が再婚した場合のように、
養育費の額の変更をすべき事情がある場合、
後から返してくれといっても、
認められないリスクもありますし
なによりそのとき、相手方にお金がなければ
返してもらえないリスクがあります。

たしかに、一切手を切りたいという場合もあり、
一括払いという場合もあるのですが、
決してお勧めできる方法ではありません。

どうしても離婚したいというときに、
相手に納得してもらうために、
多くの金銭を支払うことはよくありますが、
そのような事情でもおありですか?
もう一度、再考してみてください。

2012年12月09日 20時42分

相談者
回答ありがとうございます。

この条件を飲まないと、彼女の方を裁判にかけると言われ、承諾することにしました。

結婚してた当時、嫁の家族と一緒に住んでたんですけど、義父は職場の上司でもあり、よく怒られていてこちらからは何も言えない存在なんですけど、その義父に言われたということも承諾した理由です。

早くそこから離れたいという気持ちもあります。

今までの給料は全部嫁が持っていて一括は無理なので、月8万円ずつの分割なんですけど、やはりあちらが結婚した場合に払い続けるのは嫌です。

その場合は公正証書とは別に、結婚した場合は半額にするという念書を書くとは言われたんですけど、その念書は有効ですか。

2012年12月09日 22時34分

泉田 健司
泉田 健司 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
有効無効かと
問われれば、
一応、有効に見えます。
しかし、それ以前に、
そのような方法は、
有効であったとしても、
なさらないほうがいいでしょう。

実質養育費の主張が認められないリスク、
本当に子供が困ったときに
養育費を払わなければならないリスクは、
当然あります
(たとえば、相手方の再婚相手が甲斐性がなく、
子供を養育しない場合、再婚後再度離婚した場合など)。

それに、
相手方が再婚したことをあなたが知るのは
容易ではないように思えます。

いずれにしても、
養育費は、
これからお子さんが成人するまでの、
長い期間の問題です。
今後、どのような事情の変更が
あなたにあるかわかりません。
あなたの失職、減収や、
あなた自身の再婚等の事情があっても、
その約束では月8万円を続けないといけません。
養育費は、
事情の変更のつど、話し合うほうが合理的です。

職場の上司であるなどの事情はわかりますが、
今後、ずっと続く問題です。
8万だと125回分割、
実に10年ですよ。

滞納の場合の遅延損害金も馬鹿になりません。
期限の利益喪失約定など入れてしまうと悲惨です。
本来、養育費だと、その月ごとが支払期限のはずなのに、
慰謝料にしてしまうと、
期限の利益を喪失したときから遅延損害金が発生します。

そもそも不正に加担しないでください。

そして、無理な合意をして、支払いが滞ったときに、
一番困るのは相手方です。
その辺をよく説明して考え直してもらうことを
強くお勧めします。

2012年12月09日 23時09分

相談者
交渉しようとすると、ぐずるなら女性のほうを裁判にかけると言われ、実際女性の方にもメールや電話で裁判にすると言ってるみたいです。

だから女性の方からも、もう何もせずに要求を飲むよう言われ、何も出来ない状態です。

因みに、一般的に養育費と慰謝料、いくら位でしょうか。

2012年12月10日 10時35分

この投稿は、2012年12月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

再婚後の養育費について、減額についてなど

離婚する際に取り決めた養育費は、再婚後も引き続き支払ってもらうことができるのでしょうか。再婚したことを理由に減額になる可能性はあるのでしょう...

養育費の相場と支払ってもらうための手続きの流れ

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

養育費請求調停とは|離婚した後に養育費を請求するときに利用する手続きを解説

離婚したになって養育費の支払いを別れた配偶者に求めたいと考えたときや、養育費を増額したいと考えた場合、「養育費請求調停」という手続きを利用す...

養育費の減額を求めることができるケースとは

離婚の際に養育費について取り決めたとしても、収入が低下したことなどを理由に「金額を減らしてほしい」と悩んでいる方もいるでしょう。一定の事情が...

養育費を増額できるケースと必要な手続き

離婚の際に養育費について取り決めたとしても、後で事情が変わり「金額を増やしてほしい」と悩んでいる方もいるでしょう。このような場合、親権を持つ...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 慰謝料の支払額について

    自身の不貞行為により妻と別居中です。結婚生活6年目になります。 妻は離婚を求めていますし、私も応じるつもりです。3歳になる子供がいますので養育費等きちんとサポートしていきたいと思いますが慰謝料と財産分与として1200万(自分に対し600万+相手の女性の分として100万+財産分与として500万)養育費として毎月7万、15歳からは...

  • 養育費

    不倫で、離婚する事になりました。結婚五年子供一人三歳年収300万だと養育費と慰謝料は、でれくらいですか? 300万とすると、不倫相手に、どれくらい慰謝料請求すればいいですか?

  • 離婚の慰謝料減額、養育費について。

    私の不貞により慰謝料を1000万円請求されています。 不貞行為、悪意の遺棄(同意なく別居した為)、性交拒否(主人と同居中、育児の疲れなどで何度か拒否したことがあります。)などで合わせて1000万円だと言われました。 また、今現在、子供を連れて不貞相手と同居しているため養育費も払わないと言われてます。 慰謝料を払う意思はあ...

  • 慰謝料減額の要求について

    1年程前から夫の不貞で別居 子ども1人 0歳 初め、慰謝料養育費合わせて1000万円の希望を夫に出す。 先日、夫から900万円であれば今年の10月に払えるため、それで離婚して欲しいとの要求があったが、一度それは拒みました。 内訳:慰謝料 300万 / 養育費 600万円 翌日、夫は弁護士相談にて相場を確認し、700万円にして欲しい。...

  • 離婚に際しての慰謝料

    初めて質問させていただきます。結婚して5年で離婚を妻から突き付けられました。確かにここ1年うまくいってなかったので応じるつもりです。子供は二人(但し上の子は妻の連れ子)おり、養育費はもちろん払っていくつもりです。ただ愕然としたのは、結婚する前、2回ほど妊娠中絶した経緯(理由は私の両親に結婚を反対されたためでもちろん妻...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。