妻からのDVとモラハラで離婚したいです。

私(夫)、妻、子供(五歳、3歳)の四人家族です。

妻からのDV(叩く、蹴る、つねる等)と暴言(死ね、かす、くず等)、更にはモラハラを受けています。おおよそ5年は続いています。
もう、私の方も我慢の限界にあり、子供の前でも我慢せず、平気でこのような行為が続くので、真剣に離婚を考えています。

私についてですが、実は、5年前の妻の妊娠中に迷惑防止条例(破廉恥なことですが、痴漢とかではないです)と言う犯罪を犯し、
示談で事を終えることがてきましたが、家庭に迷惑かけてしましましました。
これについては、私自身も魔がさしたとは言え、汚点を残し、本当に馬鹿な事をしたと反省しています。
三年ほど前に、弁護士先生に相談に行ったとき、この手の犯罪は再犯が多く大丈夫かと問われましたが、子供も二人おり、馬鹿な事は一切考えたことはありません。

話を戻しますが、妻の方は、私の過ちにより、DV等の行為を正当化しています。
また、私が過ちを犯す前も喧嘩のとき暴力や子供を作るときの性行の強要がありました。

妻の方は、離婚を経験している知人から、色々と聞いており、かなり強気です。
そして、過去の事を含め、慰謝料や養育費も取れるだけ取ると言う考えのようで、
思うような金額が引き出せなければしらをきり、離婚に合意しないつもりのようです。

このような複雑な状況ですが、

1、まず、離婚を申し立てた場合、調停や裁判で受け入れられるか?
※DVの証拠としては、日記、ひどいときの青アザの写真、出血を伴う擦り傷の写真はあります。
診断書は、ありません。あと、子供と、私の親も知っています。る
※夫婦関係は、三年ほどないです。

2、やはり、私の場合、過去のことも含め、子供の親権は無理と考えたほうがいいでしょうか?

3、親権が無理な場合、子供との関係は非常に良好で養育費をけちるつもりは、一切ありませんが、
無茶な金額かつ、妻の生活費までは払いたくないです。
※年収は、五百万強です。

4、過去の事で慰謝料を請求された場合ですが、私としては、この5年感受けたことで相殺してもらいたいと思っていますが、可能でしょうか?

以上長くなりましたが、宜しくお願いします。
2012年07月09日 19時16分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
1、まず、離婚を申し立てた場合、調停や裁判で受け入れられるか?
※DVの証拠としては、日記、ひどいときの青アザの写真、出血を伴う擦り傷の写真はあります。
診断書は、ありません。あと、子供と、私の親も知っています。る
※夫婦関係は、三年ほどないです。

診断書は、これからでも同様の事実があれば取るようにしましょう。調停は話し合いですので、まとまるかは相手次第です。裁判になった場合、男性のDV被害は軽く見られがちですので、充分に証拠を用意しましょう。


2、やはり、私の場合、過去のことも含め、子供の親権は無理と考えたほうがいいでしょうか?

過去の事が不明ですが、子の監護に悪影響与える内容でしたら不利に考慮されるでしょう。それ以外に、普段子をどれくらい監護しているかによるでしょう。


3、親権が無理な場合、子供との関係は非常に良好で養育費をけちるつもりは、一切ありませんが、 無茶な金額かつ、妻の生活費までは払いたくないです。
※年収は、五百万強です。

算定表を基準にして、それ以外の支払は拒絶すればよいかと思います。


4、過去の事で慰謝料を請求された場合ですが、私としては、この5年感受けたことで相殺してもらいたいと思っていますが、可能でしょうか?

慰謝料は相殺できません。
ただ、お互いの合意で、事実上差引計算されることは有りますが

2012年07月10日 07時44分

相談者
岡田弁護士様

ご回答頂きありがとうございます。
同じDVでも、現状、男性の場合、診断書が有効なら、今後、傷を負うような事があれば、そのようにしたいと思います。
ただ、本当に客観的にみても、言葉の暴力がひどく、この事を日記等で残して置くことは、多少なりとも有効でしょうか?
また、身内の証言は有効ではないのでしょうか?

私の過去の事は、それ一回ですし、自分に甘いかもしれませんが、間接的な事で、影響はないとは思っています。
ただ、客観的に判断されるときは、妻は誇張して言うでしょう。
子供との、関係は非常に良く、慕ってくれています。さそれだけに、今が保てていはのは、子供がいるからです。

慰謝料について、おそらくお互いに合意はできいと思います。妻は、私の過去の事を弱味として、やりたい放題で、自分の今の行為を正当化し、非を認めません。
この場合は、それぞれが慰謝料を請求しなければならないのでしょうか?
或いは、私が請求された際に、こういう苦痛を受けてきたので払うきがないと言ったら、どうなるのでしょうか?
また、5年前の事で、家庭を壊した、精神的な苦痛を受け、今も苦痛だと、言われたら認められるものでしょうか?

2012年07月11日 07時23分

この投稿は、2012年07月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚時に養育費のことを決めなかった場合の対処法

「養育費について何も話し合わずに離婚してしまったけれど、やはりキチンと養育費を支払ってほしい」「養育費は払ってもらっているけど、金額を増やし...

離婚時に養育費について決めなかった場合の対処法

離婚をするときに養育費について決めなかった場合でも、離婚後に、金額や支払い方法を決め、元配偶者に請求することができます。この記事では、離婚後...

子どもの年齢に応じて養育費を変更する取決めはできるか

離婚調停で話し合うことの1つに養育費の問題があります。ここでは、養育費を請求できるタイミングや、養育費の金額を決めるときのポイントについて、「...

養育費を増やしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を増やしてほしい」と思っている人もいるでしょう。一度決めた養育費...

養育費を払ってもらえない場合の対処法

離婚をするとき取り決めたにもかかわらず、元配偶者からその通りに養育費が支払われない場合は、家庭裁判所に履行勧告などを申し立てることによって、...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 旦那の不倫相手を訴えたい

    去年の夏頃から不倫をしていました。 2月に発覚し、私は旦那にすぐに別れる約束をさせ、女性と二人で会い、二度と会わないようにと言いましたが そのままズルズル付き合い続け 3月に女性のご主人にもバレたようで 別れるに至っています。 こちらは結婚7年子供2人 あちらは結婚3年子供1人 既に旦那は相手のご主人から内容...

  • 親権について

    夫の浮気で離婚を考えています。 まだ小さい子供がいます。 もちろん親権は私のつもりです。 離婚後、万が一、私が早くに死亡した場合、未成年の子供の親代わり(未成年後見?)は私の両親にお願いするつもりですし、事情を知る両親もその覚悟もあるし、少なくとも財産分与のしようもない不貞夫より財力もあります。 こうするにあた...

  • 親権について。13歳の子供の意向

    私の不貞が原因で、 夫から離婚を迫られています。 子供が中学を卒業するまで あと2年待って欲しいと伝えましたが 無理のようです。 それならば、親権を私が取りたい。 と考え始めました。 (最初は、私が悪いので親権を、諦めるつもりでした。) 下の子は13歳ですが、 この年齢の場合、子供の意見が一番に 尊重されます...

  • まだ離婚をしていないのですが

    結婚歴史3年です。妻の生活を見て日々気持ちがなくなっていき借金は増え保険等の解約もせざるおえなくなっていった中、子供に説教をする際に手をあげてしまいました。 子供は結婚時に養子縁組をし、私の養子になったのですが、やはり妻あっての子供だと私は思っています。もちろん離婚をしたら養子解消をすると思っていましたが違うみ...

  • 離婚したいのですが

    結婚して10年経ちます。二人目の子を妊娠してから全く性交渉がありません。もう4年になります。妻に好きになった人がいたことは認めています。体の関係はないと思います。相手はその事は知りません。それから関係が一時回復し、二人目の子供を妊娠しました。妊娠中に体を少し触ったぐらいでも嫌がられるようになりました。今は長男に行...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  2. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  3. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  4. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  5. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  6. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...
  7. 愛した独身のカレは「偽名の既婚者」だった!...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。