養育費の支払いが遅延したら

公開日: 相談日:2022年05月22日
  • 2弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

【相談の背景】
内見の妻と別れました。
私との間に子供がいます。
認知はしています。
養育費等で、毎月私が支払う額はLINEで決めました。

【質問1】
この場合、私が支払いを遅延した時は
、強制執行されますか?

1146665さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都7位

    鈴木 克巳 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    【質問1】この場合、私が支払いを遅延した時は、
    強制執行されますか?
    ◆ LINEで約束しただけでは、貴殿が支払いを遅滞しても、
    相手は強制執行できません。
    ◆ 強制執行をするためには、債務名義が必要です。
    債務名義とは
    ・強制執行認諾約款付公正証書
    ・調停調書
    ・確定した審判書
    ・判決書
    などです。
    公証役場で公正証書を作成したり、裁判上の手続を経ない限り、
    支払を遅滞しても、強制執行は不可能です。 

  • 相談者 1146665さん

    タッチして回答を見る

    私の口座、給与などを押さえるのが
    出来ないということでずか?

  • 弁護士ランキング
    東京都7位

    鈴木 克巳 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    ⋗ 私の口座、給与などを押さえるのが
    出来ないということでずか?
    ◆ はい、LINEで約束した『だけ』では、
    不可能です。

    ⋗ 私が遅延した場合、相手が取れる手段は何ですか?
    ◆ 通常の民事訴訟の提起、支払督促の申立て、
    少額訴訟などが考えられます。
    貴殿がLINEで約束したのに、支払いを遅滞したので、
    その支払いを求める法的手続です。
    その法的手続で相手が判決書や支払督促書を取得すると、
    それに基づき強制執行手続が可能になります。
    上記のような手続を経ない限り、強制執行は不可能です。




  • 相談者 1146665さん

    タッチして回答を見る

    その法的手続で相手が判決書や支払督促書を取得するには、費用や期間はどのくらいかかりますか?

  • 弁護士ランキング
    東京都7位

    鈴木 克巳 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > その法的手続で相手が判決書や支払督促書を取得するには、
    費用や期間はどのくらいかかりますか?
    ◆ 支払督促は申立ると貴殿に書面が届きます。
    貴殿はそれに2週間以内に異議を述べます。
    そうすると、通常訴訟に移行します。
    期日が入るまで1か月以上はかかります。
    そして判決が下るまでさらに2週間位はかかります。
    とすると、合計で2か月以上はかかるかと思います。
    ◆ 最初から通常訴訟を提起してくると、
    1か月半位でしょう。
    ◆ 費用は弁護士を立てなければ1万円~2万円です。
    弁護士を立てれば弁護士費用がかかります。
    弁護士費用は弁護士によって違いますので、
    一概には言えません。
    ◆ 判決などが下される前に遅滞した養育費を
    支払ってしまえば、貴殿が負けることはありません。
    ですので、訴訟を提起されたりした場合でも、
    判決などを取得される前に、遅滞した養育費を支払えば、
    強制執行をされるということはなくなります。

  • 相談者 1146665さん

    タッチして回答を見る

    私が引越して、相手に新しい住所を教えずにいて、書面の受取が出来ない場合は、私の負けですか?

  • 弁護士ランキング
    東京都7位

    鈴木 克巳 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 私が引越して、相手に新しい住所を教えずにいて、書面の受取が出来ない場合は、私の負けですか?
    ◆ 住民票を移転すれば、相手は訴訟のため等で貴殿の新しい住民票を取得することができ、裁判所からの通知書は新しい住所に送られてきます。
      住民票を移転しないと、公示送達といって、貴殿が知らないうちに(貴殿が書類を実際に受け取らなくても)訴状等が送達されたとみなされることになります。
      そして、判決が下されてしまうことになります。
      以上、ご注意下さい。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す