出生時に遡る養育費の請求について

公開日: 相談日:2021年09月09日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
養育費について質問です。

主人には来年小学生になる子どもがいます。
大学生の時にできた子供で、
その子どもが1歳になる頃認知しています。
(認知した際はまだ大学生です) 社会人になった年、
2017年の9月に養育費の申立書が届き
2018年の7月に月4万円の養育費を支払うということで審判がおりました。
支払い義務は 2017年の9月が始期で
満20歳になる月までが終期と記されています。
2017年9月から2018年7月までの協議中の
養育費は一括で支払っておりその後も
滞ることなく支払いをしております。

この度、私どもに子どもが産まれ
産まれる前に子どもが産まれるから産まれたら少し減額をしてほしいと連絡したところ
無理なので裁判でいいですよ。と言われました。

なので産まれて減額調停をしようかと話ししていたところ
「認知した子どもが産まれてから養育費を支払い出すまでの期間の分を請求します。
応じていただけなければ職場か自宅に行きます。」
と連絡がありました。

この場合、そのことも考慮して裁判は終わっているのに請求することは可能なのでしょうか?
90万円ほどの請求になるため厳しいです。

【質問1】
裁判は終わっているのに出生児まで遡って請求することは可能なのでしょうか?

1063058さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    三重県2位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    すでに審判で養育費分担開始の時期も決まったわけですから、改めて過去分の養育費を請求されても認められることはありません。
    相手の言い分はただの脅しです。自宅に来たら退去を求め、帰らないなら警察を呼んでください。
    相手が勤務先に来てあれこれ事情を話せば、プライバシー侵害で賠償請求できる余地があるので、録音してください。

この投稿は、2021年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す