離婚時の条件について

公開日: 相談日:2021年05月11日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
妻から性格の不一致を理由に離婚調停や裁判をされた場合で、法的な離婚理由がない場合。
こちらが否定すれば離婚不成立となると思います。

【質問1】
この場合、協議離婚にして、下記条件をつけることは可能ですか?
また、事例としてありますか?
1.妻が慰謝料を払う
2.親権をこちらに譲る

【質問2】
この場合、私の方が収入が高い場合でも、養育費をもらうことは可能ですか?

1025181さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    協議離婚の場合、お二人で条件を話し合って合意に達すれば、1、2を条件にした離婚成立ということはありえます。

    今回のような条件で成立する事例としては、妻側が子どもに関心がなく、早く離婚だけしたいという場合に、親権を主張せず解決金を支払って離婚、という事例はあります。

    いずれにしても相手方が1、2の条件を受け入れるかとどうかにかかっています。

    なお、養育費はあなたが親権者となる場合、あなたの収入の方が高くても、子どもを養育する分支出も増えますから、相手に養育費を請求することはできます。ただ、あなたの収入が相手の収入の1.5倍とか2倍になると請求が認められないということもありえます。

  • 弁護士ランキング
    京都府1位
    タッチして回答を見る

    質問1・2
     1 慰謝料的な金銭として解決金の支払いを条件として提示することは可能です。
     2 親権取得及び養育費の請求を条件として提示することは可能です。
     いずれも、提示した条件で先方が同意すれば調停条項として盛り込むことが可能です。

この投稿は、2021年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す