養育費の現額と就職した場合の免除について

公開日: 相談日:2021年04月16日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
私の主人は離婚歴があり、娘1人に毎月養育費を4万円支払っています。現在主人は私と再婚し子供を1人授かりました。主人も扶養家族が増え、元奥さんが引き取った娘さんは現在定時制高校に通っているそうです。
養育費の支払いは20歳になるまでと離婚調停の際、公正証書を作成したそうです。

【質問1】
養育費の減額が可能かどうか

【質問2】
公正証書では満20歳になる月まで毎月養育費を支払となっていますが、高校卒業後就職した場合は養育費の免除が認められるのでしょうか?

1018183さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 池田 毅 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    2
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > 【質問2】

    双方とも可能性はあります。
    当事者間の協議や調停で合意すれば可能です。
    また、家庭裁判所の審判で裁判所が決める場合は、双方の収入や、具体的な状況によって変更できるどうか判断されるので、ここで回答するのは困難ですが、それぞれ減額等がされる大きな理由であることは確かです。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す