払いすぎた養育費と今後の養育費の減額と免除

公開日: 相談日:2021年04月05日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
養育費の減額調停で、子供の戸籍を取ったら、再婚していました。養子縁組はしています。養育費は戻ってくるのですか。4月中に養育費の減額調停をするのですが、減額、免除はできるのですか。上の子は6月で二十歳になります。下の子は2024年12月で二十歳になります。今養育費を二人で65000円払っています。

【質問1】
養育費の減額、免除はできるのでしょうか。払いすぎた、養育費を加味してもらえるのでしょか。

1014538さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    離婚の際に、再婚したり養子縁組したら知らせるという条項があれば別ですが、そういう条項がない場合、残念ながら、減額調停の申立時までしか遡らないことが多いです。

    養子縁組をしているのであれば、原則としては、申立時以降の支払についてはなしにすべき、という主張をしていくと良いでしょう。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県2位

    大岩 和紀 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    減額の調停、審判の対象となるのは、通常、調停申し立てを行った月以降の分と
    なることが多いかと思われます。
    再婚して養子縁組となると、申し立てた月以降の分については、原則として0円となり、
    再婚相手の収入が低く、生活がまかなえないという場合に例外的に支払う必要がある、という
    事になるかと思われます。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから