養育費の未払い分を減額して示談。

公開日: 相談日:2021年03月25日
  • 3弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

【相談の背景】
元旦那からの養育費未払い分が130万程あるのを今回100万で示談にする事にしましたが、元旦那はこれからの養育費も払わなくて良いと思ったみたいですがそんな事は一言も言ってません。証拠として今までの未払い分の養育費として100万で示談すると言う誓約書?みたいのを弁護士さんに2部作って貰いお互い目を通し判子も押してます。私もどこで勘違いしたのかラインを見返してみた所確かに書類を交わす前に元旦那からラインでこれから養育費は払わなくていいの?って来ていてそれに対して意味不明なラインしてこないでと送ってから電話で話してました。だから勘違いしてたとは思えません…。私を訴えると減額してあげたのにまるで詐欺師みたいに言うのですが納得いきません。

【質問1】
この場合も100万円で示談の話は有効ですか?

【質問2】
私は訴えられたら何か困りますか?

1011289さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    【質問1】

    この場合も100万円で示談の話は有効ですか?

    通常は有効でしょう

    【質問2】

    私は訴えられたら何か困りますか?


    応訴の負担(費用等)があります

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1 未払分の示談と、今後の養育費支払いは別問題です。示談にあたっては書面を残しておられるので、未払い分130万円を100万円にする示談は有効です。

      もちろん今後の養育費支払いなしと勘違いしていたと先方が主張するのでのであれば、示談そのものの前提についての双方の認識が大きくくいちがっていたから無効として、未払は130万円ということになります。

    2 示談書(誓約書)の中に、今後の養育費の支払はしなくてよいという文言がない限り、先方が支払わないと訴えても、あなたはきちんと反論すればよいです。

      逆にあなたが家庭裁判所に養育費調停を申し立てれば、双方の現在の収入に応じた養育費の支払が決まっていきます。

  • 相談者 1011289さん

    タッチして回答を見る

    元旦那は何か気に食わない事があるとよく話をひっくり返してくるので今回書面にして判子を押しましたが、なんかお金が必要になったみたいで今後養育費を払わなくていいと勘違いした事にして訴えてとりかえすと…。無視してもいいですか?

  • 弁護士ランキング
    鹿児島県1位
    タッチして回答を見る

    「この場合も100万円で示談の話は有効ですか?」

     養育費未払い分(130万円)を100万円に減額するという示談は成立しているものと思われます。

    「私は訴えられたら何か困りますか?」

     元夫がどのような訴えを想定しているのか不明ですし、事実関係にも不明な点がありますが、ご記載からする限り、ご相談者がお困りになるようなことは無いのではないでしょうか。

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    先方の理不尽な主張は、無視してよいです。

    すでに調停調書や公正証書で養育費が決まっているのであれば、支払いを止めてきたら、給料差押えなど検討されたらよいです。

この投稿は、2021年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから