弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

財産分与

2016年05月26日

財産を隠されたとき・隠されないための対処法 - 仮差押や弁護士会照会の流れ

離婚の協議に入り、財産分与について考える中で、相手に財産を隠されていないか不安になることもあるでしょう。ここでは、財産隠しによく用いられる方法を紹介します。財産隠しを未然に防ぐための対策や、隠された財産を探す方法についても合わせて確認しましょう。

目次

  1. 財産隠しに用いられる手口
  2. 隠される前の対策が重要
  3. 財産隠しを防ぐための手段
  4. 仮差押
  5. 仮差押の手続きに必要な書類
  6. 仮差押の流れ
  7. もし財産を隠されたら

財産隠しに用いられる手口

結婚後に築き上げてきた財産は、現金、預金はもちろんのこと、不動産や自動車に至るまで、幅広く財産分与の対象となります。分与の取り決めをする際には、夫婦が共通で認識している財産を分割することになるため、それに先立って一方が管理している財産を、相手の目の届かないところに移転してしまうケースが考えられます。 よくある例は現金、預金です。いわゆる「へそくり」「タンス預金」として、配偶者の目に触れない場所に現金を保管することもあれば、密かに口座を作って、預金を移転する手法もあります。 他には、貴金属や株券といったかたちで、一方の実家など、相手の目につきにくい場所に置いておくこともあります。不動産の場合には、登記されている名義を兄弟姉妹、親などに変更して実態をごまかす、あるいは売却して得た代金をどこかの口座に隠す、などといったケースが多くなっています。

隠される前の対策が重要

仮に配偶者が離婚前に財産を隠した場合、その所在を突き止めることには困難を伴います。 配偶者があなたの知らない預金口座に財産を移したとすると、まずその口座を見つけ出さなければなりません。取扱銀行や支店名、口座番号が判明したとしても、口座の名義人本人の申し出がない限り、銀行は口座残高や入出金の履歴を公開することはありません。また、裁判所が財産の捜索を行うこともありません。調停では、当事者の提示した財産をもとに判断が下されるためです。 こうした事情から、財産分与では、離婚を考えた段階から相手の財産を知り、移動される可能性があるものについては、あらかじめ対策を取ることが重要になります。

財産隠しを防ぐための手段

まずは配偶者の資産状況を詳しく把握するために、相手が預金通帳、株券、不動産の権利書などを持っているかどうかを確認し、可能ならコピーを取っておきましょう。 当然ながら、相手が見せたくない情報を探っていくことになるので、離婚を現実的に考えている状況とはいえ、パートナーとの信頼関係に影響が及ぶこともあります。慎重に確認を進めていきましょう。 もしまとまった財産を管理しているという見当がついたら、隠されてしまう前に手を打つことが重要となります。その場合には「仮差押」が有効です。

仮差押

仮差押とは、今後生じうる債務が十分に履行されるように、相手の財産の処分に制限を加えるための手段です。例えば銀行口座を凍結する、不動産の登記変更を不可能にして売却を防ぐ、などの効果があります。対象となる財産を指定して裁判所に許可を求め、仮差押が認められると、裁判所から各財産を管理する機関に通達が届きます。 以下では、相手の銀行口座を対象とした手続きを例に取って流れを説明します。不動産の仮差押は手続きが複雑なので、検討する場合には弁護士に相談しましょう。

仮差押の手続きに必要な書類

取得が必要な証明書

仮差押の申立を行うには、まず以下の証明書を取得します。

戸籍謄本・商業登記簿謄本(当事者の資格証明書)

夫婦それぞれの戸籍謄本を添付します。銀行口座を差し押さえる場合は、銀行の商業登記簿謄本(現在事項証明書)も併せて提出します。

債務者の住所の不動産登記事項証明書

仮差押を検討する際には、まずは不動産を差し押さえることが優先されます。しかし、賃貸マンションに住んでいる場合など、不動産を持っていないケースでは、銀行口座を差し押さえたいでしょう。 そのような場合に、不動産を仮差押できないことを示すためにこの書類を添付します。所管の法務局で取得するほかに、「法務省のホームページ」からも請求できます。

作成が必要な書類

続いて、以下の書類を作成します。書き方が複雑であると感じたら、弁護士に作成を依頼するとよいでしょう。

申立書

申立てに必要な書面です。詳しい書き方は裁判所のホームページに示されています。保全を受ける権利としては、自身が離婚時の財産分与について協議していること、保全を求める理由としては、夫婦が共同で築いてきた財産を一方的に隠されるおそれがあるため、という内容を記します。

保全の必要性を明らかにするための資料

相手が財産隠しを図っていることを示します。相手が不自然に銀行口座を複数持っているのであれば、それぞれの通帳のコピーを添付するなど、証拠となる資料があると有効です。 また、ここでは自身の体験、状況を具体的に説明するために、「陳述書」という書面を作成するのが一般的です。離婚や財産分与について相手と話し合っている内容や、相手が財産を隠そうとしていると考えられる理由・背景について、詳しく書きましょう。

第三債務者に対する陳述催告の申立書

銀行口座や家賃のように、仮差押しようとしている財産が、他者からお金を得る債権である場合に、その債務を負う者を「第三債務者」と呼びます。銀行口座では銀行、家賃では借主が第三債務者となります。 この書類を裁判所に送付することで、差し押さえる債権の存在や金額について、第三債務者から通達が届くようになります。

申立に必要な費用

  • 収入印紙:2000円(第三債務者がいる場合は+2000円)
  • 郵便切手:3000円前後(裁判所によって異なる)

申立の際は上記のものが必要となるほか、証明書の取得にも費用がかかります。合計金額は6000〜8000円程度になります。

仮差押の流れ

書類の提出

必要なものが準備ができたら、所管の裁判所に提出します。各書類の確認に30分から1時間を要するため、時間に余裕を持って行くようにしましょう。

裁判官との面接

通常は決定前に裁判官との面接が行われます。裁判所によっては面接日時を予約できないところや、面接の時に証拠の原本を持参するよう求めるところもあるので、事前に問い合わせましょう。

担保金供託・仮差押決定

仮差押が認められた際は、法務局に担保金を納める必要があります。財産分与をめぐる仮差押であれば、差し押さえる財産価値の10〜15%程度が一般的です。申立人が専業主婦で収入がない、といった状況では、担保金を納めなくても申立てができる場合があります。 申立てが裁判所で妥当と判断されれば、担保金を法務局に供託したのち、仮差押が決定されます。申立者は保全決定正本を裁判所の窓口で受領します。

もし財産を隠されたら

相手方が管理する財産に目を配っていたとしても、銀行口座の残高が突然に減ったり、あるはずの物がいつの間にか売却されていた、ということは起こります。前述の通り、隠された財産を見つけ出すのは非常に困難ですが、諦めてしまう前にできることがあります。

弁護士会照会

弁護士から企業や団体に対し、事件解決に向け必要な事項の調査や確認を認める法律があります。この制度は、弁護士が所属する各地の弁護士会を通じて行使されるため、弁護士会照会制度と呼ばれます。 照会が行われるかどうかは個別の事情や弁護士会の判断次第ですが、企業や団体には照会に回答する義務があり、銀行口座の預金や不動産の行方をたどる際に有効となりうる手段です。例えば動向を追っていた口座の預金が突然減り、所在を突き止めたい場合などに効果的です。

離婚、そして財産分与が現実的になってきた段階で、夫婦の財産についてなるべく詳細に把握するように務めることが、財産隠しの問題を防ぐうえで最も重要です。預金の動向を追うのも手間がかかりますが、不動産が対象となっている場合には、実際の価値が簡単には分からないため、より複雑な問題が生じることも考えられます。 財産分与に関して不透明な点、わかりにくい点が生じたら、弁護士に相談するとよいでしょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

財産分与を扱う弁護士を探す

財産分与に関する法律相談

  • 遺産相続 家のローンについて

    離婚・男女問題財産分与

    財産分与の話です。 妻と私と2人の名義で家のローンを組みました。 そこで、妻は最初に300万円先払いました。それは結婚する前に貯めていたお金だそうです。なので後は私がしばらくロー...

    2弁護士回答
  • 離婚時残ローン有り。ローンの半分支払い請求はできますか?

    離婚・男女問題財産分与

    現在離婚調停中です。結婚してから私の車を頭金がわりにだし(40万)ローン残高160万あります。 名義は何かあった時に財産になるからと自分の名義にしときなさい。車の代金は俺が払えばいいん...

    2弁護士回答
  • 財産分与の基準時の実際の金額について

    離婚・男女問題財産分与

    財産分与の基準時の金額について質問します。 財産分与の基準時は、別居した時点を基準とすることが一般的とされておりますが、その時点の金額は、通帳に記載されている残高(口座に実際残っ...

    2弁護士回答
  • 別居前の共有財産の費消について

    離婚・男女問題財産分与

    2010年から2015年までの間に、夫は妻の口座から毎年100万円ずつを引き出し、夫名義口座に移し替えました。合計500万円です。 この事実は夫も認めています。 別居時点2017年の口座残高が開示...

    2弁護士回答
  • 別居時の婚姻費用分担費用とその後の財産分与について

    離婚・男女問題財産分与

    婚姻費用分担費用とその後の財産分与について伺います。 来月より、離婚を前提に別居をすることになりました。 そのため、婚姻費用分担の請求をするつもりです。 今後、調停をし財産分与に...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

財産分与の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 突然別れを切り出され同棲解消…彼女のお願い...
  2. ジョジョの奇妙な生い立ち…第5部主人公「ジョ...
  3. 「柳井社長もやってみて」身分隠してユニクロ...
  4. パートナーの「浮気相手」に社会的制裁を加え...
  5. 離婚後の養育費「20歳まで」の壁を越えるには...
  6. 「独身税」めぐり「独ハラだ!」とネットで炎...
  7. 不倫相手が別れた後も「インスタ」に2ショッ...