離婚時の退職金の扱いについて

離婚時の退職金の扱いについて教えて下さい。

私 夫から離婚調停を申し立てております。60歳を定年とすると退職まであと18年近くあるのですが、妻から離婚同意の条件として婚姻期間相当分の退職金を離婚時に一括で支払いを求められています。ネットで探すと退職まで10年以上の期間がある場合は財産分与の対象になりにくいとの記事が多く見られます。そこで何点か教えて下さい。
1,調停委員はどう判断するでしょうか。
2,裁判になった場合はどうでしょうか。
3,支払い時期が退職金を得る前のため、ライプニッツ係数等で減額することを主張した場合、主張が通る見込みはどうでしょうか。
4,減額する場合の係数はどの程度を想定すれば良いでしょうか。
5,支払いを拒否する場合、どのように主張するのが良いのでしょうか。
2019年05月18日 09時54分

みんなの回答

依田 敏泰
依田 敏泰 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 1,調停委員はどう判断するでしょうか。
> 2,裁判になった場合はどうでしょうか。
調停でも裁判に移った場合でも基本的には同じですから、まとめて回答いたします。
ご自身の会社の経営の安定度、規模、即ち実際に18年後に退職金が支払われる確実性がどの程度あるかによって退職金を財産分与の対象に含めるか否かが判断されるかと思います。
この点、もし公務員であるとするならば、退職金が支払われることは確実ですので財産分与の対象にならないということはまず不可能です。会社勤務の場合でも、誰もが知るような有名企業であれば、退職金が支払われることはまず間違いないだろうとみなされますので、財産分与の対象となります。しかし中小企業で、現時点では堅実に営業を続けているけれども、その状態がいつまで続くか見通すことができないという場合には微妙で、裁判所も財産分与の対象として考えることには慎重になるかと思います。

> 3,支払い時期が退職金を得る前のため、ライプニッツ係数等で減額することを主張した場合、主張が通る見込みはどうでしょうか。
> 4,減額する場合の係数はどの程度を想定すれば良いでしょうか。

確かにそのような主張をするということも考えられないではないと思いますが、一般的ではありません。一般的には、実際には退職して退職金を受け取るわけではないとしても、離婚を前提とした別居が開始された時点で退職した場合に受け取れる退職金がいくらであるかを勤務先に試算してもらって、その金額を財産分与の対象とすることになります。

> 5,支払いを拒否する場合、どのように主張するのが良いのでしょうか。

1、2に回答したところでご理解いただけるかと思いますが、「18年も先のことは全く見通せない。本当に会社が存続しているのかさえ分からないし、約束されているとおりに退職金が支払われるとは限らないのだ。」という主張をすることになります。

2019年05月18日 10時59分

相談者
ありがとうございます。
私の勤務先が大手企業の場合は支払わざるを得ないという理解でよろしいでしょうか。
あと支払い時期はどのように判断されるのでしょうか。

2019年05月18日 11時21分

依田 敏泰
依田 敏泰 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
まず初めに、最初のご質問文に「婚姻期間相当分の退職金を離婚時に一括で支払いを求められています。」とありましたので、念のために書き添えておきますが、財産分与として支払わなければならないのは、別居時に退職した場合に支給されると計算された退職金金額の全額ではなくて、原則、その2分の1だけです。
もちろんこのことは、ご承知されていることだとは思いますが。

> 私の勤務先が大手企業の場合は支払わざるを得ないという理解でよろしいでしょうか。

そうなるかと思います。

> あと支払い時期はどのように判断されるのでしょうか。

支払時期については、合意された期日ということで、別に裁判所が当事者の決めたことに介入することはありません。
ただもちろん、話し合いが決裂して判決で支払いが命じられるという場合には、建前として判決が確定した日に支払うということになります。

この点に関して、一括での支払いを求められているとのことですが、話し合いが継続している限りは、これに無理に応ずる必要はありません。財産分与として退職金の半額を支払わなければならないとはいっても、現に退職金の支給を受けるわけでもないですし、離婚が決まったからといってすぐに一括で支払えるものではないからです。
ボーナス時などに分割して数年間にわたり支払うという条件で交渉することは当然可能です。
この点は、調停委員とてよく承知しているはずで、奥様を説得していただけるかと思います。

2019年05月18日 13時52分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 私の勤務先が大手企業の場合は支払わざるを得ないという理解でよろしいでしょうか。
・将来の支給の確実性が企業の規模により担保される場合,そうなりますね。

2019年05月18日 15時32分

この投稿は、2019年05月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

将来の退職金も財産分与の対象になるのか

離婚をする際の財産分与の対象には、配偶者に支払われる退職金も含まれます。配偶者がまだ働いていて、退職金が支払われていない場合でも、「いま退職...

子どものお金は財産分与の対象になるのか

離婚をするとき、結婚している間に夫婦で築いた財産を分け合うことを財産分与といいます。では、子どもへのお祝い金や児童手当、子どもの服やベビーカ...

子ども名義の預金や学資保険は財産分与の対象になる?離婚後に子どもの財産を管理するのは誰?

結婚している間に夫婦で築いた財産を、離婚時に分け合うことを「財産分与」といいます。では、「子ども名義の預金」や「学資保険」などの財産は、財産...

相手名義の車やローンが残っている車も離婚するときの財産分与の対象になる?【弁護士Q&Aまとめ】

離婚する際に夫婦の財産を分け合う「財産分与」。「名義が妻(夫)」「ローンが残っている」。自動車の場合、こうした点が気になって、どう扱えばいい...

別居後に貯めたお金も財産分与の対象になる?

離婚をするとき、結婚している間に貯めたお金や不動産、車などの財産を夫婦で分け合うことを、財産分与といいます。結婚している間に夫婦で築いた財産...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 財産分与での退職金 定年が20年以上先でも分与対象か

    妻と離婚調停の財産分与でご相談です。 妻から私が将来受け取る退職金も財産分与に含めるよう主張がありました。 現時点で受け取れる退職金(現時点の勤務年数相当)の半額分※を払うよう求められています。 身分が準公務員であり、倒産可能性が低いため、退職金支給の蓋然性が高いことが主張されていますが、 私は40代前半であり...

  • 離婚時財産分与の妻の退職金の扱いについて

    夫と離婚協議中のものです。下記の状況で私の退職金の分与方法が良くわかりません  どうかよろしくお願い致します   婚姻期間:  33年間(1984年6月から2017年8月に別居) 私の勤務年数:3年間(2014年5月から別居開始の2017年8月) 雇用形態:  扶養から外れたパート(社員とアルバイトの中間) 退...

  • 退職金の扱いについて(婚姻費用・財産分与)

     2つあります。よろしくお願いします。 ① 退職金は婚姻費用を計算するうえでの所得として勘定されるのでしょうか?  私は今年、早期退職に応募して会社を辞めたので退職金が入りました。  目先の収入は雇用保険のみなので、年末に 婚姻費用の減額請求をしようと思います。 ② 別居後3年後に得た、早期割増退職金は財...

  • 退職金の財産分与。それとも 定年までの計算ですか?

    あと 数年(2~3年)くらいで夫が退職して その時 退職金が出ます。 ここ1年くらい別居しています。 このときの 退職金を分けてもらうときは  自己都合の計算ですか? それとも 定年までの計算ですか? それによって 私の金額も変わると思います。 私には 別居した分までしか 権利が無いのはわかっています。  夫は ...

  • 財産分与。この主張は通りますか?

    財産分与について質問です。 現在共有財産としての貯金が500万円あります。 結婚前に相手方は100万円の借金があり、その借金を結婚後に二人で返済しました。 もし、借金がなければ現在600万円の貯金ができていたはずなので、私は300万円受取ることを主張しようと考えています。 この主張は通りますか? 借金があることは結婚前から...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

財産分与に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

財産分与の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。