離婚訴訟 控訴について

離婚訴訟において、財産分与の決定が不服だったので、控訴しようと思いました。

私の代理人はいったんは引き受けて控訴状を提出したのに、その後、「控訴審で第一審判決が覆ることはない」と述べて、控訴を取り下げるよう勧めてきました。

押し問答がありましたが、代理人が辞任する勢いだったので、泣く泣く控訴を取り下げました。

負け確定でも依頼者の希望どおり控訴してくれると思ったのに裏切られた気持ちです。

先生方は、「どうせ負けるよなー。控訴理由書かきたくないなー。」と思っていたとしても、気持ちが収まらない依頼者がどうしても控訴してほしいと頼んできたら、どのような対応をされますか?

控訴状を出した後(控訴の受任をした後)でどうしても断りたくなった時、どのような対応をしますか?(依頼者に諦めさせるテクニックがありますか?)
2018年08月13日 15時25分

みんなの回答

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
> 先生方は、「どうせ負けるよなー。控訴理由書かきたくないなー。」と思っていたとしても、気持ちが収まらない依頼者がどうしても控訴してほしいと頼んできたら、どのような対応をされますか?
1.訴訟は審級ごとに受任します。
2.一審判決後ですので,受任しません。
>
> 控訴状を出した後(控訴の受任をした後)でどうしても断りたくなった時、どのような対応をしますか?(依頼者に諦めさせるテクニックがありますか?)
1.いったん受任したら,依頼者の利益のために控訴審を追行します。
2.手抜きは弁護士倫理に違反ですし,ひいては懲戒請求をされかねないでしょう。

2018年08月13日 15時44分

近藤 公人
近藤 公人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県5 離婚・男女問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
 まずは、控訴審で変更されることは、一般的に少ないので、その点は受任時に説明する弁護士が多いと思います。
 一審から引き続きで、どうしても、引き受けたくない時は、本人名で控訴状だけ書いて、提出してもらい、代理人を受けない(または辞任する)ことにして、新しい弁護士を探してもらうことに私はしています。
 一審の委任と、控訴審の委任は、一般的には別契約であり、弁護士も受けるも受けない自由もあります。

2018年08月13日 15時44分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県2
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
> 先生方は、「どうせ負けるよなー。控訴理由書かきたくないなー。」と思っていたとしても、気持ちが収まらない依頼者がどうしても控訴してほしいと頼んできたら、どのような対応をされますか?

 控訴棄却となる可能性が高いとしても「絶対」はないので、「控訴理由が書けない」ということはありません。依頼人に見通しは厳しい旨を説明し、依頼人がこれを了解して、弁護士費用を支払ってくれるなら、普通に控訴審の代理人を引き受け、与えられた条件の中で最大限の訴訟活動をします。

2018年08月13日 15時48分

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5
ありがとう
> 私の代理人はいったんは引き受けて控訴状を提出したのに、その後、「控訴審で第一審判決が覆ることはない」と述べて、控訴を取り下げるよう勧めてきました。

・・・一旦控訴を引き受けた後で 控訴理由がないとして取り下げを求めることは不自然です。まして一審を担当していたというのであれば事案・争点は把握しているはずで このような対応はまずないと思います。一審判決は一審で争った点についての判断であり 一審担当弁護士として見落としがなかったか 控訴審で新たに主張すべき点がないかを依頼者に寄り添って考えるべきでしょう。それができないのであれば依頼者が控訴を求めることは当然の権利ですので 自分が控訴審を受任しないのが筋でしょう。

2018年08月13日 17時06分

この投稿は、2018年08月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

夫婦のお金をギャンブルに使われた場合の対処法

結婚後に夫婦で貯めたお金などの財産(共有財産)は、離婚する際、夫婦で分け合うことになります。財産分与といいます。配偶者が、共有財産の一部をギ...

財産分与で得た財産や離婚慰謝料に税金がかかるケース

離婚の際に財産分与で受け取った財産や慰謝料について、税金がかかるのか気になる方もいるのではないでしょうか?この記事では、離婚の際に手にした財...

別居後に貯めたお金も財産分与の対象になる?

離婚をするとき、結婚している間に貯めたお金や不動産、車などの財産を夫婦で分け合うことを、財産分与といいます。結婚している間に夫婦で築いた財産...

専業主婦が離婚する場合の財産分与

専業主婦が離婚する際には、自身の収入がないために、財産分与をしてもらえるのか不安に思うこともあるでしょう。ここでは、専業主婦が離婚する際に知...

子どものお金は財産分与の対象になるのか

離婚をするとき、結婚している間に夫婦で築いた財産を分け合うことを財産分与といいます。では、子どもへのお祝い金や児童手当、子どもの服やベビーカ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 控訴審の和解について

    離婚裁判で控訴され、二審になります。第1回口頭弁論まで3ヶ月程度かかるようですが、その間に和解した場合、口頭弁論をせずにすぐに離婚できるのでしょうか?

  • 控訴審の和解について

    第一審の判決がだされてから、控訴されたところです。第一審から私は弁護士がいなかったのですが、相手には弁護士がついていました。でも弁護士が一度変わりました。控訴された内容を裁判所に確認し相手の弁護士に和解案を聞こうと思っていたら、今回から相手にも弁護士がついていませんでした。当事者同士で連絡できるわけもなく、こっ...

  • 財産分与と控訴について

    先日、財産分与で調停から審判に移行し判決がでましたが、こちらの想像していた内容とあまりにもかけ離れている結果でした・・・こちらは真実を話しているにも関わらず証拠がなく状況や親族の証言を陳述書にし提出しておりましたが、信憑性に欠けると結論を出されほぼ主張が通らずの結果でした。他の分与対象は相手の嘘を何とか友人の証...

  • 離婚裁判後の控訴について

    裁判終了しこちらは納得のいくものでした しつこい相手は控訴する可能性が高いです 控訴された際にはどうやって控訴されたさかわかりますか? いつわかるのでしょうか? お互いに弁護士さんを付けての裁判でした。弁護士さんからの連絡なのでしょうか? 判決で出た財産分与の金額に相手が納得がいかず新たな証拠などもないけれどた...

  • 控訴審判決後することを色々教えて下さい。

    控訴審判決後、親権争いで敗訴後、 何したら良いかわかりません。 面会交流調停ですか? 財産分与ですか? ほか、すべきことを教えて下さい。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

財産分与に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

財産分与の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  2. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  3. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  4. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  5. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  6. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  7. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。