離婚裁判における裁判所和解案と今後について

こちらが被告側の離婚裁判の和解案が裁判所から出されましたが、到底受け入れられない内容のものでした。

争点となっていたのは財産分与ですが、夫側には住宅ローンの負債があるため、わたし名義で購入した土地を渡すだけでなく、700万円ほど夫側に支払えという内容です。

本人尋問が一度もないまま和解案が出されたことにも不信感を抱いており、先生方にうかがいたい点は以下の6点です。

①離婚裁判で本人尋問がないまま出された和解案は、判決と同等に考えるべきか。
②和解案に対して本人が書面なり対面で意見を述べる機会は与えられるのか。
③和解案に対する意見を述べる機会が与えられる場合、そこで主張した内容を考慮して和解案が変更される可能性はあるのか。
④和解案に対する意見を述べる機会が与えられない場合、和解案に応じないと更に不利な判決が下されるものと考えるべきか。
⑤和解案に応じなかった場合、このまま本人尋問を一度も行うことなく判決が下されることはあるのか。
⑥支払えとされた金額をこちらが管理している共有財産だけでは到底支払えないが、自分の特有財産から、あるいは特有財産でも足りない場合は、借金をしてでも支払わなければならないのか。

以上、お手数ですがご教示いただけますようお願いいたします。
2018年06月26日 12時35分

みんなの回答

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県2 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> ①離婚裁判で本人尋問がないまま出された和解案は、判決と同等に考えるべきか。
:財産分与の結果が尋問によって変わるとは考えにくいです。しかし判決がどうなりそうかは共有財産の状況がわからないので何ともいえません。

> ②和解案に対して本人が書面なり対面で意見を述べる機会は与えられるのか。
:機会はあります。期日間に上申書を出してもいいですし、次回は和解案を検討して回答する場でしょうから意見を言えます。

> ③和解案に対する意見を述べる機会が与えられる場合、そこで主張した内容を考慮して和解案が変更される可能性はあるのか。
:相手次第でしょう。裁判所はころころ案を変えません。

> ④和解案に対する意見を述べる機会が与えられない場合、和解案に応じないと更に不利な判決が下されるものと考えるべきか。
:応じないことを理由に不利な判決を下すことはありませんが、裁判所が和解案を出したと言うことはすでに心証があるていど固まっているはずです。

> ⑤和解案に応じなかった場合、このまま本人尋問を一度も行うことなく判決が下されることはあるのか。
:それは記載の事情だけでは判りません。争点と、争点に対する尋問での立証の要否に掛かります。

> ⑥支払えとされた金額をこちらが管理している共有財産だけでは到底支払えないが、自分の特有財産から、あるいは特有財産でも足りない場合は、借金をしてでも支払わなければならないのか。
:和解に応じた場合は金を用意しないといけません。逆から言えば、支払えないなら応じられないでしょう。

2018年06月26日 13時25分

相談者
早速のご回答、ありがとうございます。
ひとまず意見を述べる機会は与えられそうなので、良かったです。

⑥の支払えないなら応じられないということは、和解案を拒否することになりそうですが、意見を述べる機会に提示された金額の不当性をこちらで立証することができないと、更に高額な金額を相手に支払えとする判決が下される可能性もあるのでしょうか。

2018年06月26日 13時51分

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県2 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 意見を述べる機会に提示された金額の不当性をこちらで立証することができないと、更に高額な金額を相手に支払えとする判決が下される可能性もあるのでしょうか。
:判決予想は共有財産の全容や、慰謝料請求の有無、その認容される可能性が判らないとお応えできません。したがって、判決予想と比較した和解案の不当性も判断できないのが実情です。

2018年06月26日 17時22分

相談者
お忙しいところご回答いただき、ありがとうございました。

冷静になって考えてみても裁判官の提示額が何を根拠にしたものか不明のため、できる限りの反論をしたいと思います。

2018年06月26日 21時24分

この投稿は、2018年06月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

別居後に貯めたお金も財産分与の対象になる?

離婚をするとき、結婚している間に貯めたお金や不動産、車などの財産を夫婦で分け合うことを、財産分与といいます。結婚している間に夫婦で築いた財産...

夫婦のお金をギャンブルに使われた場合の対処法

結婚後に夫婦で貯めたお金などの財産(共有財産)は、離婚する際、夫婦で分け合うことになります。財産分与といいます。配偶者が、共有財産の一部をギ...

財産分与で得た財産や離婚慰謝料に税金がかかるケース

離婚の際に財産分与で受け取った財産や慰謝料について、税金がかかるのか気になる方もいるのではないでしょうか?この記事では、離婚の際に手にした財...

離婚時に財産分与について決めなかった場合の対処法

離婚をするときに財産分与について決めなかった場合でも、離婚した後に、元配偶者から財産の一部を分けてもらうことができます。この記事では、財産分...

専業主婦が離婚する場合の財産分与

専業主婦が離婚する際には、自身の収入がないために、財産分与をしてもらえるのか不安に思うこともあるでしょう。ここでは、専業主婦が離婚する際に知...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 財産分与の和解案について

    裁判所からの財産分与の和解案がでるそうです。 和解案に納得するかどうか、期日に決めないといけないのですか?それとも次回までに返事すればいいのですか?

  • 裁判所からの和解案に記載されている財産分与の割合について

    現在、離婚裁判中です(7回目)。私は原告です。 先日、裁判所からの和解案が出されました。 その中の文面についてお聞きしたいです。 (本件、弁護士さんにお願いしていますが、様々な方のご意見がお聞きしたいと思っています) ●和解案文面 上記の通り、財産分与として被告は原告に370万支払うこととなるから、同金額をベースに解...

  • 裁判所からの和解案について

    裁判所からの和解案がでてから、どれくらいまでに返事をしなければいけませんか? また和解合意日までの生活費はもらえますか?

  • 財産分与において、特有財産に関して深く尋問された場合の対処

    財産分与において、特有財産は申告不要であると、このサイトで読みました。 質問ですが、当事者尋問において、以下の1.~3.のようなことは 尋問して良いものですか? 正直なところ、離婚して他人になる相手、それも全く信用ならない、守秘義務なんて気にもしない ような相手ですから、私のプライバシーの中のプライバシーの情...

  • 婚姻前に特有負債がある場合の財産分与について

      【前提】 ■ 私には婚姻前に特有負債500万がありましたが、婚姻中に払い終えました。 ■ 私の収入から、生活費として毎月33万を妻に振り込み、残りを返済に充てていました。 ■ 双方、共働きで、年収800万以上で、家事・育児は折半でした。 ■ 2年前より別居しています。    【質問】 ■ この500万の半分を、離婚に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

財産分与に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

財産分与の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  2. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  3. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  4. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  5. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  6. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  7. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。