離婚協議中 財産分与の為の査定は出し直してもよいのでしょうか?

公開日: 相談日:2018年03月19日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

離婚協議中です。
財産分与の為にお互いに共有財産である不動産や自動車の査定書を送りあいましたが、送ってから月日が経過したので再度査定書を取得して相手方に送ろうかと思いました。これは一般的には受け入れられる事でしょうか?

もし新しい査定書により相手方に分与される金額が下がるようであれば嫌がるであろうことは想像できます。

不動産や自動車のような価格の変動しやすいものの査定書って離婚協議中に何回か提出し直してもよいものなのでしょうか?

643763さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    査定書は最新のものを取得し直しても問題ありません(むしろ良いと思います)。
    財産分与の考え方は,別居時に残った財産の評価は口頭弁論終結時(裁判が結審した時)が基準になるので,そこに近い時であればあるほど,妥当な資料ということになります。

  • 柏木 幹正 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    財産分与は、原則的に別居時の財産の評価をもって計算しますので、別居後に時間が経過して評価が変動したからといって査定を出しなおすことはあまり意味がありません。両当事者間で最新の査定額を基準とすることを了解しているような場合は別ですが。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位
    弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 財産分与の為にお互いに共有財産である不動産や自動車の査定書を送りあいましたが、送ってから月日が経過したので再度査定書を取得して相手方に送ろうかと思いました。これは一般的には受け入れられる事でしょうか?
    1.預貯金,保険解約返戻金などについては,別居時の金額で確定します。
    2.他方,不動産などの固定資産については,分与時の金額となります。(日本加除出版「離婚調停」第3版の317頁)
    3.不動産について,最新の評価書を提出することには意味があります。

  • 相談者 643763さん

    タッチして回答を見る

    内藤先生、柏木先生、岡村先生
    御回答ありがとうございました。

この投稿は、2018年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す