和解離婚、和解調書嘘について。

和解離婚、和解調書にて、一切の債権がないことをお互い認める。とありますが、財産分与の際退職まで15年ありましたが、婚姻期間20年で退職金の財産分与を求められました。

大手の会社で退職金の支払いは規定に記載されており、勤続年数にて金額も決まっています。

嘘をついて「退職金は支払われるか不明であり規定にない」と弁護士に伝えたため退職金は財産分与に入れられませんでした。
書面に嘘の陳述も残っていません。

1,和解調書が作られ和解離婚成立後に嘘をついていたことがバレた時は退職金の財産分与を求められることになるのでしょうか?

2,会社の退職金支払い規定が証明出来るものを用意しないといけないのは相手側で、用意できないなら請求もできないでしょうか?

3,求められるとしたら時効はどのくらいでしょうか?

4,払い戻し金のある保険についても、払い戻しはなく、契約が、終了するだけと嘘をつきましたが、問題になるでしょうか?

5,一切の債権はないと確認すると記載さらているので請求されることはないでしょうか?

弁護士先生複数回答お願い致します。
2017年03月04日 09時32分

みんなの回答

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
嘘をついた事実が前提で不払いの合意をしたことになります。

詐欺ないし錯誤で,不払い合意が取り消しないし無効になる可能性はあると思います。

2017年03月04日 09時41分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
> 1,和解調書が作られ和解離婚成立後に嘘をついていたことがバレた時は退職金の財産分与を求められることになるのでしょうか?

難しいでしょう。

> 2,会社の退職金支払い規定が証明出来るものを用意しないといけないのは相手側で、用意できないなら請求もできないでしょうか?

そうですが、相互に協力し合う必要があります。

> 4,払い戻し金のある保険についても、払い戻しはなく、契約が、終了するだけと嘘をつきましたが、問題になるでしょうか?
> 5,一切の債権はないと確認すると記載さらているので請求されることはないでしょうか?

錯誤を理由に請求される可能性はあります。
もっとも、調書までできていること、退職金は確実でないのは事実であること(契約上あっても、相当に先の話なので)から、現実には難しいと思います。

2017年03月04日 10時25分

この投稿は、2017年03月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

財産分与で得た財産や離婚慰謝料に税金がかかるケース

離婚の際に財産分与で受け取った財産や慰謝料について、税金がかかるのか気になる方もいるのではないでしょうか?この記事では、離婚の際に手にした財...

離婚時に財産分与について決めなかった場合の対処法

離婚をするときに財産分与について決めなかった場合でも、離婚した後に、元配偶者から財産の一部を分けてもらうことができます。この記事では、財産分...

将来の退職金も財産分与の対象になるのか

離婚をする際の財産分与の対象には、配偶者に支払われる退職金も含まれます。配偶者がまだ働いていて、退職金が支払われていない場合でも、「いま退職...

専業主婦が離婚する場合の財産分与

専業主婦が離婚する際には、自身の収入がないために、財産分与をしてもらえるのか不安に思うこともあるでしょう。ここでは、専業主婦が離婚する際に知...

夫婦のお金をギャンブルに使われた場合の対処法

結婚後に夫婦で貯めたお金などの財産(共有財産)は、離婚する際、夫婦で分け合うことになります。財産分与といいます。配偶者が、共有財産の一部をギ...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 退職金の財産分与(訴訟での請求の立て方

    離婚訴訟で、退職金の財産分与を請求する場合、 「退職金が支給されたときに一定額を支払え」とするのではなく、 「将来の退職金請求権を譲渡する」という債権譲渡の形で請求することはできますか。

  • 離婚後の年金分配と退職金分配について

    離婚後の年金分配と退職金分配について 調停離婚時に養育費支払い額を決め,それまでの紛争についてはこれを持って 清算するという文書が交わされました。 この際,年金分配や退職金分配等の財産分与の決め事はなされませんでした。 1)その後,2年以内に財産分与の請求ができるとありますが, 離婚後2年以内に事情の変化で退...

  • 財産分与(退職金部分)

    たびたびの相談で申し訳ありません。  妻が不倫相手に対し慰謝料請求の裁判を起こしましたが、自分との離婚条件(慰謝料)で合意にいたり、慰謝料請求の権利を放棄し、裁判を取り下げとしました。現在、財産分与について協議していますが、その中の、退職金の考え方について相談させてください。  生活費の銀行口座や、有価証券...

  • 訴額明記なしで提訴できますか?

    退職金規定のある会社で懲戒解雇以外の解雇であった場合、退職金を支払う意思がないことが判ったので裁判する場合に、退職金額の請求額申請についてお尋ねします。 退職金があることは就業規則に明記されていますが、退職金は会社がする計算なので、実額が判りません。この場合、訴状に、退職金の支払を要求することだけ書いて、退職金...

  • 残業代 請求 和解金 税金

    在職中で残業代請求をし、和解する事になりました。過去に遡って所得税を計算した場合、和解金が300万で年収が400万ぐらいですが、実際どのくらい引かれるのでしょうか? 又引かれた分は確定申告する事で戻ってきましでしょうか? 今回は精神的疲労にて早期解決を条件に減額した金額を提示し、会社もすべて認めて払う意思を口頭にて...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

財産分与に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

財産分与の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。