弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

財産分与

結婚後2年間は車のローンを夫婦で支払っていたので、その部分の貢献度に応じた一部が財産分与の対象となります。

たとえば5年間分割の2年ということであれば、50万円のうちの5分の2、つまり20万円が財産分与の対象となります。

2015年08月08日 21時54分
川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
ありがとう
ベストアンサー
この投稿は、2015年08月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

問題解決に向けた次のステップはこちら

財産分与に関してもっと知りたい方はこちら

  • 財産分与

    離婚する際にトラブルとなる原因の一つ、財産分与の問題について説明しています。財産分与の金額や割合の相場、対象となる財産などの基礎知識から、調停の進め方や時効などの注意点をまとめました。財産...

  • 離婚する際には、夫婦で築いた財産全てを対象に財産分与を行います。多額のお金が動く手続きとなるため、税金が発生するのかどうか、課税対象となるものは何かなどといった点が気になる方も多いことでし...

  • 離婚の協議に入り、財産分与について考える中で、相手に財産を隠されていないか不安になることもあるでしょう。このページでは、財産隠しによく用いられる方法を紹介し、それを未然に防ぐための対策、さ...

すぐに弁護士が必要な方はこちら

相談内容

婚姻期間に車を買取してもらったお金は財産分与の対象か?

財産分与のことで質問があります。 夫が独身時代に購入した車を、結婚後、中古車販売店で50万で買取してもらいました。その50万のお金は、結婚後に形成されたお金となり、財産分与の対象になるのですか? それ...

2015年08月08日 21時52分 相談内容を詳しくみる