財産分与目録について

公開日: 相談日:2022年05月18日
  • 2弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
離婚訴訟中になります。
財産分与における目録に婚姻前からの預金等を記載する必要があるのかを知りたいのですがよろしくお願い致します。
記載したが為に、財産をもっていかれないか心配です。

【質問1】
婚姻前からの定期預金を目録に記載する必要はあるのでしょうか?一部婚姻中に解約

【質問2】
婚姻前からの親の管理下にあった私名義の普通預金で親が生前贈与してくれた預金が入っております。一部親名義の定期解約して入金されておりますが、残りは現金(タンス預金)預入されており証明ができません。

【質問3】
婚姻前から親がかけてくれていた、保険の解約返戻金

1145129さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    【質問1】
    婚姻前からの定期預金を目録に記載する必要はあるのでしょうか?一部婚姻中に解約
    →あくまでもケースバイケースですが,記載しておいて,特有財産であると明記しておいてもよいと思います。

    【質問2】
    婚姻前からの親の管理下にあった私名義の普通預金で親が生前贈与してくれた預金が入っております。一部親名義の定期解約して入金されておりますが、残りは現金(タンス預金)預入されており証明ができません。
    →事案によりますが,できるだけ具体的に説明していくことになると思います。

    【質問3】
    婚姻前から親がかけてくれていた、保険の解約返戻金
    →婚姻期間には,保険料を夫婦の財産から支払っていれば,全体の期間のうち,婚姻期間部分は,対象になる可能性があります。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

  • 弁護士ランキング
    滋賀県2位

    若松 辰太郎 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    【質問1】

    婚姻前からの定期預金を目録に記載する必要はあるのでしょうか?一部婚姻中に解約
    →必要はありませんが、相手方が主張しそうなら記載して特有財産である旨記載します。

    【質問2】

    婚姻前からの親の管理下にあった私名義の普通預金で親が生前贈与してくれた預金が入っております。一部親名義の定期解約して入金されておりますが、残りは現金(タンス預金)預入されており証明ができません。
    →証明できる限り、例えば自身の報告書でも構わないので、裁判官へのプレゼンの資料を作ってください。


    【質問3】

    婚姻前から親がかけてくれていた、保険の解約返戻金
    →親御さんが支払っていたのであれば特有財産です。

    全体的に記載=分与対象ではないのでご安心ください。ただ、相手方主張のきっかけになるという側面もありますので、あくまでも事案に応じて判断となります。一度弁護士と直接相談されることをおすすめします。
    今は大変なときだと思いますが、これを乗り越えていきましょう。あなたの幸せをお祈りしています

  • 相談者 1145129さん

    タッチして回答を見る

    吉田弁護士
    若松弁護士
    ご回答ありがとうございました。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す