リボ払いの財産分与の可否

公開日: 相談日:2022年02月21日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
現在離婚調停中です。
授かり婚のため、私は5年間勤めた会社を辞めて専業主婦になりました。夫は自営業です。
独身時代は私も夫も貯金はほぼなく、婚姻後は夫の収入のみで生活しておりました。
夫の収入が少なかった月は私名義のクレジットカードで生活をしていました。(リボ払いにし、食費や交通費に充てていました)

今は別居中で、カード残高は私の両親が払ってくれたので0円です。(借金なんかするもんじゃないと言われて負担してくれました…)

【質問1】
今は0円になった借金(リボ)ですが、婚姻後の生活費としてのお金なので財産分与として半分請求することは出来るのでしょうか。

1117479さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

     結婚期間に負った借金の処理が問題となることは多々あるのですが、財産分与の場面では、基本的に借金を分与することができません。
     これは、財産分与とはプラスの財産を分ける手続であり、マイナスの財産を分ける手続ではないという前提が存在するためです。
     ただ、夫婦の財産として、プラスの財産とマイナスの財産が入り混じっている場合には、プラスとマイナスを通算して財産分与をすることもあり得ます。
     
     本件では既に借金が返済済みということなので、返済の結果夫婦の財産にプラスが生じているとすれば、借金の返済による貢献をある程度考慮する余地はあるでしょう。
     他方で、借金もないけれどもプラスの財産もない、という状態であると、財産分与を請求することは難しくなります。

この投稿は、2022年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました