離婚財産分与について

公開日: 相談日:2022年01月24日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
協議離婚の財産分与を要求されています
貯蓄はなく、子の貯金(お小遣いやお年玉など子が貰ったもの)はあります
固定資産はなく、自身は別居後に車を所有(親族から譲渡された)、相手は婚姻中趣味のもの(楽器や使用する道具)を購入所持しています

【質問1】
子の貯金は分与対象でしょうか?

【質問2】
婚姻中に購入した相手の物は分与の請求は出来ますか?

1106835さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのこととお察し致しますので、一般論にはなりますがお答え致します。

    【質問1】
    子の貯金は分与対象でしょうか?

    →夫婦が単に子ども名義で貯金していたようなケースでは、財産分与の対象となりますが、お年玉や小遣いなど、子どもが取得したと言えるものについては、財産分与の対象とはなりません。

    ただ、その貯金が実際にお年玉や小遣いだったのかどうかが争われることもあり、その場合には通帳の履歴等から立証をしていくことが多いです(ex.毎年1月に入金されているからお年玉であるなど)。

    【質問2】
    婚姻中に購入した相手の物は分与の請求は出来ますか?

    →はい、原則として分与対象になると考えられます。
    ただ、どちらか一方の趣味の物などについては、物そのものを分けるというよりは、物の現在価値を査定し、その半額分を他方当事者に分与する、という形が一般的かと思います。

この投稿は、2022年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました