財産分与で揉めており、相手が死ぬと言っています。

公開日: 相談日:2021年07月24日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
財産分与で揉めています。
家は売却せず夫が住むことに。売却したと仮定して私に300万ほど権利があるのですが、支払い方法で揉めています。
お金にだらしない夫なので、一括または半分をまとめて、残りを分割でと言うのがこちらの要求なのですが、夫の言い分は自分の生活して残ったお金で分割で支払う、または月一万程度ずつ分割で支払うと言っています。
信用がないので上記のことを再度言ったところ死ぬと言い始めました。
死んだらローンが無くなるからそれで家を売ってと。本気で死ぬのかどうかはわかりません。ちなみに2週間ほど前にも同じことで揉めてその時も死ぬと言っていました。

【質問1】
死ぬと言うのは脅迫罪にあたりますか?
なんとかして半分でも現金で払ってもらう方法はないでしょうか?

1048435さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    本気で死ぬのかどうかはわかりません。
    ・本気の人は、わざわざ死ぬなどと言わずに、実行します。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    なんとかして半分でも現金で払ってもらう方法
    ・こればかりは、相手次第なので、なんとも言えないです。

  • 弁護士ランキング
    東京都6位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > 死ぬと言うのは脅迫罪にあたりますか?
    →「脅迫」罪が成立するためには、「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知」する必要があります。その判断は具体的な言動を客観的判断することになりますので、前後の言動等も含めて、脅迫とみる余地はありますが、必ずしもそうなるわけではありません。

    > なんとかして半分でも現金で払ってもらう方法はないでしょうか?
    →この辺りは、夫の実際の支払能力なども勘案して現実的に判断する必要があるかと思われます。結局のところ、夫がご質問者様の要望される支払う旨の合意をするかどうかにかかってしまう、ということになってしまいます。具体的にどのように交渉していくべきなのかは、具体的なご事情が分からなければ何とも申し上げられません。

    ご参考になれば幸いに存じます。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す