財産分与における過去の預金残高が不明な場合

公開日: 相談日:2021年04月06日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
財産分与調停についてご教示願います。
「婚姻時点」の財形預金の残高を確認するよう裁判所から求められました。おそらく特有財産を確認するためのものです。

しかし、その時点から婚姻5年後の財形預金の残高は証明書にて確認できますが、「婚姻時点」の残高は確認できません。

【質問1】
その場合、例えば、月三万を毎月積み立てしていたことから、手計算(割り戻して)当時の金額を求め、その額を主張することはできるのでしょうか?

【質問2】
それとも、質問①は正式な書面とならないため、私の婚姻時の財形預金の残高はゼロとして扱われるのでしょうか?

1014907さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位

    石井 康晶 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    A1

    可能です。しかし、書類上最も婚姻に近い記録として婚姻5年後の残高も提出しましょう。

    A2

    上記の残高証明を提出すれば、0円と評することはできないでしょう。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    >
    > その場合、例えば、月三万を毎月積み立てしていたことから、手計算(割り戻して)当時の金額を求め、その額を主張することはできるのでしょうか?
    >
    ありえます
    ただし5年前の記録は金融機関にあるはずなので、取り寄せましょう

    > 【質問2】
    >
    > それとも、質問①は正式な書面とならないため、私の婚姻時の財形預金の残高はゼロとして扱われるのでしょうか?

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから