財産分与の除斥期間について

公開日: 相談日:2021年03月11日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
離婚後、財産分野分与が未済の状況です。
離婚後に一年経過しましたが、相手から具体的な請求がありません。

【質問1】
半年後に協議を始め、協議中に除斥期間の2年を経過した場合、当方が協議に応じる法的根拠は無くなるのでしょうか。

1006767さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > 半年後に協議を始め、協議中に除斥期間の2年を経過した場合、当方が協議に応じる法的根拠は無くなるのでしょうか。

    当事者間の財産分与の協議(話合い)に応じること自体には法的根拠があるわけではございません(協議に応じる義務があるわけでもございません)。
    協議が整わなかった場合、財産分与の調停を申し立てることになりますが、この調停を申し立てることができるのが離婚から2年間となります(民法768条2項)。
    そうすると、離婚から2年経過してしまえば、財産分与の協議に応じなかったとしてもその後に調停が申し立てられることがなくなるということになります。

この投稿は、2021年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました