離婚裁判。拒否するより離婚がよいでしょうか

夫が5年前くらいより不倫しており、
夫から離婚調停を申し立てられ夫が出ていき別居になりましたが拒否しました。私は不倫相手と裁判で和解しました。
そして先日、夫から離婚調停を申し立てられました。
不倫相手の代理人と同じ弁護士です。
私はいまだに精神安定せず、体も弱く
子どもも病気があり学校を休みがちでなかなか仕事ができないです(6歳、8歳)

あと数年、落ち着いた生活をしてから離婚を決めたいと思っています。
夫とは子どもの事で連絡をしたり
面会時は一緒に出かけたりしていますが
夫婦としては破綻認定されてしまうと思います。
離婚を拒否したら裁判でまけてしまいますか?
27年に、短期別居で子どもがいる有責側からの離婚が札幌家裁であったと知り驚きました。
2018年10月10日 16時33分

みんなの回答

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 夫から離婚調停を申し立てられ夫が出ていき別居になりましたが拒否しました。
> 私はいまだに精神安定せず、体も弱く
> 子どもも病気があり学校を休みがちでなかなか仕事ができないです(6歳、8歳)
1.有責配偶者からの離婚訴訟ですね。
2.原則,有責配偶者からの離婚請求については,不貞配偶者による離婚請求は信義に反するとして棄却です。
3.例外的に認容される場合は,離婚により他方配偶者が窮地に立たされないこと,監護養育を必要とする未成熟子がいないことなどです。
4.加えて,破綻を基礎付けるだけの別居期間も必要とされます。
5.本件では,直ちに認容されることはないでしょう。

2018年10月10日 16時40分

岡村 善郎
岡村 善郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 鹿児島県2
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
ご主人は,不倫をしている有責配偶者ですから,離婚請求は出来ません。
末尾に,札幌家裁の事例を挙げておられますが,下級審裁判例であり,判例変更がされたわけではありません。当該事例における諸般の事情を総合配慮したものだと思われます。

2018年10月10日 16時42分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 離婚・男女問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
> 離婚を拒否したら裁判でまけてしまいますか?
> 27年に、短期別居で子どもがいる有責側からの離婚が札幌家裁であったと知り驚きました。

少なくとも、時間が経過すれば離婚は認められることになります。
したがって、相手が協議離婚を希望するうちに有利な経済的条件を獲得する方が得策です。

参考判例「有責配偶者からの民法七七〇条一項五号所定の事由による離婚請求の許否を判断する場合には、夫婦の別居が両当事者の年齢及び同居期間との対比において相当の長期間に及んだかどうかをも斟酌すべきものであるが、その趣旨は、別居後の時の経過とともに、当事者双方についての諸事情が変容し、これらのもつ社会的意味ないし社会的評価も変化することを免れないことから、右離婚請求が信義誠実の原則に照らして許されるものであるかどうかを判断するに当たっては、時の経過がこれらの諸事情に与える影響も考慮すべきであるとすることにある(最高裁昭和六一年(オ)第二六〇号同六二年九月二日大法廷判決・民集四一巻六号一四二三頁参照)。したがって、別居期間が相当の長期間に及んだかどうかを判断するに当たっては、別居期間と両当事者の年齢及び同居期間とを数量的に対比するのみでは足りず、右の点をも考慮に入れるべきものであると解するのが相当である。」

2018年10月10日 19時21分

この投稿は、2018年10月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「離婚裁判」の手続きの流れ・期間・費用

夫婦で話し合っても離婚に合意ができず、調停でも決着がつかなかった場合、離婚したい夫婦の一方は、裁判で離婚を求めることになります。裁判では、離...

離婚原因を作った側からの離婚請求が認められるケース

不貞行為など離婚の原因を作った人のことを「有責配偶者」といいます。夫婦間の話合いで離婚に合意できず裁判に発展し、有責配偶者が「離婚したい」と...

離婚訴訟の必要条件や流れ・期間・費用

裁判離婚とは、離婚訴訟(離婚裁判)で離婚を成立させることを指し、協議離婚や調停離婚、審判離婚のいずれでも離婚が成立しなかったときに取る離婚請...

有責配偶者からの離婚請求が認められるケースを裁判例をもとに解説

離婚したい理由は人によって様々ですが、「不倫相手と結ばれたい」という理由の人もいるでしょう。配偶者に離婚を切り出したけれど拒否された場合、離...

「有責配偶者」の離婚請求は認められるか

妻以外の女性と不倫して肉体関係にある。彼女と結婚するために離婚したいーー。身勝手な願いのようにも思えますが、こうした理由で離婚を求めることは...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 有責配偶者からの離婚請求 拒否したい

    有責配偶者からの離婚請求で裁判となった場合 別居が長期に渡り未成年の子供もいないのですが拒否することは出来ますか?

  • 有責側からの離婚裁判について

    現在三年半の別居中です。 私が有責なのですが、調停で決まった婚姻費用の支払いがなく、生活保護受給中です。 小学生の子供が三人いるのですが、 裁判での離婚は可能ですか?

  • 離婚裁判における有責配偶者

    離婚裁判の被告ですが、反論の主張の中で、仮に原告の主張で婚姻関係が破綻しているならば、その責任は原告にあるから、有責配偶者であるから離婚請求は認められないと主張すると、裁判官は離婚と判決をだしやすくなるのでしょうか?

  • 有責配偶者からの離婚裁判

    不貞行為をした有責配偶者からの離婚裁判の場合、原則離婚は認められないと思います。 どのような状況であっても有責配偶者からの離婚は認められませんか? (非有責配偶者が精神的DVをしていた、迷惑行為をしているなど) 子供なし、別居一年です。よろしくお願い致します。

  • 有責配偶者からの離婚裁判

    有責配偶者からの離婚裁判 別居後に知り合った女性と再婚を見越した 真剣交際をしています。 別居期間は3年ほどで、妻との間に子供もいるのでまだ裁判は認められないと思いますが。 女性との間にも子供が産まれていて、現在2人目の出産を控えています。 有責配偶者からの離婚請求ですが 彼女との間に2人の子供が出来ていても、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

弁護士検索へのリンク

裁判離婚の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。