自分で離婚裁判を行う場合に答弁書に記載する内容について教えて下さい

離婚裁判を代理人に依頼する予定ですが、未だ決まっていません。
代理人が決定するまでの間、自身で行うつもりでいます。

離婚裁判の2回目以降は、相手(原告)の記載事項に対して、事実関係の有無を記載した答弁書が必要と聞きました。

この答弁書に記載する内容として、
・○○は事実です。○○は事実でありません。
 と記載し、裁判当日に詳細な理由などを話す方法と
・○○は事実です。○○は▲▲と言う理由で事実ではありません。■■と言う経緯があり、××より判断できます。
 と理由についても詳細を記載し、証拠がある物は証拠についても記載し、裁判当日に補足説明をする方法

のどちらが良いでしょうか?
また、他に良い方歩があれば教えて頂けませんか?

よろしくお願いします。
2017年11月07日 06時04分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> のどちらが良いでしょうか?
> また、他に良い方歩があれば教えて頂けませんか?

請求の趣旨については棄却の答弁をし、請求の原因については答弁を留保し弁護士を依頼する意向であることを記載していればよいでしょう。

2017年11月07日 06時13分

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ありがとう
> のどちらが良いでしょうか?

・・・ 一回目は請求の趣旨棄却の答弁をされたのですね。離婚裁判の2回目以降に請求の原因についての答弁をどうするかということですが これも認める。否認する。不知。等の認否だけにとどめ 次回以降弁護士に依頼して答弁するというのも可能でしょう。
仮に 答弁するというのであれば 法廷で補充説明がいらないように 主張を書面に記載するのが原則です。

2017年11月07日 07時34分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 離婚裁判を代理人に依頼する予定ですが、未だ決まっていません。
> 代理人が決定するまでの間、自身で行うつもりでいます。
1.弁護士委任予定ですね。
2.細かな認否,反論は弁護士委任後に弁護士と打合せをして,弁護士に委ねるほうが良いです。

> ・○○は事実です。○○は事実でありません。
>  と記載し、裁判当日に詳細な理由などを話す方法と
1.裁判期日に口頭で正確な説明をするのだけの時間はありません。
> ・○○は事実です。○○は▲▲と言う理由で事実ではありません。■■と言う経緯があり、××より判断できます。
>  と理由についても詳細を記載し、証拠がある物は証拠についても記載し、裁判当日に補足説明をする方法
1.一般的にはこの方法がベターです。

・ただし,これは,弁護士委任後です。
・いったん,具体的な認否や反論をしてしまうと,後日の修正が困難になります。

2017年11月07日 07時43分

相談者
ありがとうございます。

先ず、”認める”、”否認する”、”不知”で回答するとの事ですが、
記載内容は事実ですが、その経緯等が記載されておらず、
経緯や状況によって、印象が変わるであろう内容については、
どの様に記載すれば良いでしょうか?

よろしくお願いします。

2017年11月07日 09時14分

堀 晴美
堀 晴美 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
そういう場合は、認否も含めて準備書面で主張するとして、認否は留保して、弁護士に依頼して弁護士に認否も含めて主張してもらった方が良いと思います。

2017年11月07日 09時38分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 先ず、”認める”、”否認する”、”不知”で回答するとの事ですが、
> 記載内容は事実ですが、その経緯等が記載されておらず、
> 経緯や状況によって、印象が変わるであろう内容については、
> どの様に記載すれば良いでしょうか?
1.追って答弁する,とします。
2.場合により,経緯等を明らかにするよう,求めます。

2017年11月07日 09時51分

相談者
ありがとうございます。

諸事情で代理人が決定しておらず、1回目の離婚裁判を終了しています。
その答弁書には、記載して頂いた”追って答弁する”と記載しました。

1回目の離婚裁判で、次回の答弁書には途中まででも良いので、
答弁書に具体的な内容を記載するように言われています。

そのため、答弁書にどの様に記載すれば良いか思案しています。
その上で、再度お伺いしたいのですが、

記載内容は事実ですが、その経緯等が記載されておらず、
経緯や状況によって、印象が変わるであろう内容については、
どの様に記載すれば良いでしょうか?

よろしくお願い致します。

2017年11月07日 16時55分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 記載内容は事実ですが、その経緯等が記載されておらず、
> 経緯や状況によって、印象が変わるであろう内容については、
> どの様に記載すれば良いでしょうか?
1.上記は一般的な相談の域を超えた具体的事案について相談です。
2.具体的事実関係(訴状の記載ほか)が不明では,回答困難です。

2017年11月07日 17時22分

この投稿は、2017年11月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「離婚裁判」の手続きの流れ・期間・費用

夫婦で話し合っても離婚に合意ができず、調停でも決着がつかなかった場合、離婚したい夫婦の一方は、裁判で離婚を求めることになります。裁判では、離...

離婚訴訟の必要条件や流れ・期間・費用

裁判離婚とは、離婚訴訟(離婚裁判)で離婚を成立させることを指し、協議離婚や調停離婚、審判離婚のいずれでも離婚が成立しなかったときに取る離婚請...

離婚原因を作った側からの離婚請求が認められるケース

不貞行為など離婚の原因を作った人のことを「有責配偶者」といいます。夫婦間の話合いで離婚に合意できず裁判に発展し、有責配偶者が「離婚したい」と...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 和解結果についての文書作成について

    民事裁判において裁判官の和解仲裁で和解する事にしました。 その後書記官が和解内容を文書化するようですが、原告・被告はその内容を確認しサイン、押印する必要は無いのでしょうか? 裁判官からはその事について全く触れませんでした。 和解内容が当方の意向と違うかもしれませんが? ー以上宜しくお願いします。

  • 離婚上告審における刑法記載等

    離婚裁判における上告審での質問です。 上告理由書・上告受理申立書に憲法・民法の記載や判例は無論書きますが、刑法の記載や判例を書いていい場合と書いてよくない場合を、簡潔な例で教えてください。 宜しくお願い致します。

  • 裁判和解調書

    裁判和解での裁判官との協議に、錯誤があり、私は調書内容に合意はしていず、条件も次回に協議する認識でしたが、和解調書が送られてきました。裁判手続上終了の形です。この錯誤状況にどの様な解決策がございますか。教えてください。

  • 簡易裁判の和解案について

    現在簡易裁判所で本人訴訟中の被告です。相手には代理人が付いています。第二回審判で裁判所より和解案が提示されました。内容は当方にとても有利だったのですが原告側はこの和解案に即同意し、訴訟内容の様々な証拠や双方の主張の検討が行われていない中での和解には当方としては応じられないとの理由でとりあえず審議継続にして頂きま...

  • 和解調書の内容を確認できるタイミングについて

    裁判や調停手続きで作成される和解調書の記載内容は、和解の後日に、送達申請して、送達を受けてはじめて確認できると聞きました。書記官が裁判官の口頭指示を記録して作成するとも聞きましたが...一般人の感覚ですが、書き間違いや漏れがないか、不安です。 本当に、後日に送達してもらうまで、和解調書の中身が実際にはどのように記...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

裁判離婚の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  2. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  3. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  4. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  5. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  6. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  7. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。