離婚裁判の裁判所の判決文について」

裁判は訴状の事実を争うものだと理解していました。
しかし判決文は、自制心がないとか反省心がないとか裁判官の
評価、意見が書かれています。
裁判とはこのようなものなのでしょうか。
裁判官は何様なのでしょうか。
2017年04月27日 18時00分

みんなの回答

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
弁護士が同意2
ありがとう
> 裁判は訴状の事実を争うものだと理解していました。
> しかし判決文は、自制心がないとか反省心がないとか裁判官の
> 評価、意見が書かれています。
1.事実の存否が争点です。
2.加えて,事実に対する評価も記載されます。

2017年04月27日 18時04分

石田 岳彦
石田 岳彦 弁護士
弁護士が同意2
ありがとう
> 裁判は訴状の事実を争うものだと理解していました。

 一般論として、訴訟では①事実がどうであるかと②その事実を法的にどのように評価するかが争いとなります。
 従って、裁判官の評価、意見が示されること自体は特におかしくはありません。

2017年04月27日 18時09分

この投稿は、2017年04月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚訴訟の必要条件や流れ・期間・費用

裁判離婚とは、離婚訴訟(離婚裁判)で離婚を成立させることを指し、協議離婚や調停離婚、審判離婚のいずれでも離婚が成立しなかったときに取る離婚請...

「離婚裁判」の手続きの流れ・期間・費用

夫婦で話し合っても離婚に合意ができず、調停でも決着がつかなかった場合、離婚したい夫婦の一方は、裁判で離婚を求めることになります。裁判では、離...

離婚原因を作った側からの離婚請求が認められるケース

不貞行為など離婚の原因を作った人のことを「有責配偶者」といいます。夫婦間の話合いで離婚に合意できず裁判に発展し、有責配偶者が「離婚したい」と...

どのくらい別居すれば離婚が認められるか

別居期間は、裁判で離婚が認められるかどうか判断する際の重要なポイントのひとつです。この記事では、どの程度の期間別居していると裁判で離婚が認め...

裁判で離婚が認められたときの離婚届の提出方法を詳しく解説

裁判で離婚を認める判決を得られたら、次に離婚届を提出する必要があります。この記事では、裁判で離婚が認められた場合の離婚届を提出するまでの流れ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 裁判官の判決文が弱い気がします

    最高裁の判決文に、 「裁判官全員一致の意見です。棄却。」 とは、判決文に弱さを感じますが、裁判官は命令的な判決ではなくて、意見という言い方をするのですか?

  • 公判と裁判は同じ、それとも別のもの

    公判は裁判なのでしょうか。 裁判というと判決なのでしょうか 法律用語がよくわからないので教えてください。

  • 裁判員裁判の控訴審について

    裁判員裁判で保安処分を是とする判決が出たり、感情的な判決が出た、というような例を目にするのですが、控訴審で覆されたのならそれでいいのではないのですか?

  • 「一票の格差」による裁判は、刑事裁判になるのですか?何裁判ですか?

    「一票の格差」による裁判で違憲判決が出たりしてますが、この裁判って民事裁判ではなさそうですし、かといって刑法に触れる刑事裁判でもなさそうですし、 ①何裁判っていうのでしょうか? ②また、原告は誰なのでしょうか? ③どのような流れで裁判に持ち込んでいくのでしょうか? 以上、三点ご教示願います。

  • 不倫裁判の種類について

    ダブル不倫で、裁判をされるとしたら、民事裁判なのですか? 民事裁判とはどのようなものですか? 裁判の種類?は他に、あるのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

裁判離婚の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  2. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  3. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  4. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  5. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  6. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  7. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。