離婚訴訟、和解条項について。

公開日: 相談日:2016年12月03日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

離婚訴訟原告(夫)被告(妻)

1,和解条項に
「原告は被告に対し金融機関からの借り入れがないことを誓約する」と記載するのはあまりないことでしょうか?

2、自己破産しても回収できる解決金の取り決めが和解条項でできるのでしょうか?

506229さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    ご指摘のような和解条項は確認条項になりますが、本来の紛争解決と直接関係ないので、あまり意味がないと同時に、目にすることもありません。ただ当事者間でどうしても確認しておきたいということで、条項として盛り込むときは、あとは裁判所がどう考えるかだけとなります。

    破産の際は、養育費など法律上定められた非免責債権のほかは免責されますので、個別に和解条項で非免責債権を作出することはできません。

この投稿は、2016年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから