離婚裁判から離婚成立に至るまでの体験談をお聞かせください

弁護士のお仕事をされていて、夫婦のうち一方は離婚を望み、もう一方は離婚を拒否しているという状況に対処することもあると思いますが、離婚を望む夫又は妻が離婚請求の裁判を決意した場合、離婚を拒否していた妻又は夫が『裁判沙汰になるくらいなら離婚に応じる』というような流れで離婚が成立したというケースはありますか?
また、離婚裁判で離婚請求が通らなかった場合でも、離婚を拒否していた配偶者が「勝訴はしたものの、裁判になるくらい夫婦仲が絶望的ならもう離婚するしかない」と考え、離婚に至ったというようなことはありますか?
実体験でなく聞いた話しなどでも構いません。教えていただければ幸いです。
2015年05月19日 15時32分

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ありがとう
調停段階で、裁判になったら、どうなるかを考慮して、離婚を決断するということはよくあります。裁判で離婚が認められなくて、しばらく別居状態ののちに、協議離婚した例はあります。

2015年05月19日 15時36分

弁護士A
ありがとう
そういったことはあります。

それ以外にも,離婚の判決後に相手方に交際相手が出来たので離婚するなどと言った場合もあります。

調停になって,第三者の調停委員を交えながら冷静に話し合った結果,条件次第では離婚に応じる気になることはあります。

2015年05月19日 15時36分

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1
ありがとう
私は離婚事件を受任する場合には調停手続から受任するので、「離婚裁判をするぞ」と言ったので相手が離婚に応じたということはやったことがないですが(そもそもそれだと弁護士の関与なく終わると思います)、離婚調停の中で気が変わって離婚に応じるということは良くあることです。

ですので、有責配偶者であり裁判離婚では難しいということでも、調停を起こして条件をすりあわせていくなかで、離婚にいたるということはあります。

2015年05月19日 15時39分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
1.離婚裁判だけでなくその前の手続きである調停を提起したことで,相手の対応が変化し,実現できるはずはないと確信していた離婚が実現できたという経験はあります。
2.調停にしろ,裁判にしろ,焦らず,時間をかけ手順を追って説得することが肝要です。
3.当方の離婚の強い意思を示すことで,相手の心境も変わっていくものです。もちろん,ケースバイケースですが。

2015年05月19日 16時19分

この投稿は、2015年05月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「離婚裁判」の手続きの流れ・期間・費用

夫婦で話し合っても離婚に合意ができず、調停でも決着がつかなかった場合、離婚したい夫婦の一方は、裁判で離婚を求めることになります。裁判では、離...

離婚訴訟の必要条件や流れ・期間・費用

裁判離婚とは、離婚訴訟(離婚裁判)で離婚を成立させることを指し、協議離婚や調停離婚、審判離婚のいずれでも離婚が成立しなかったときに取る離婚請...

離婚原因を作った側からの離婚請求が認められるケース

不貞行為など離婚の原因を作った人のことを「有責配偶者」といいます。夫婦間の話合いで離婚に合意できず裁判に発展し、有責配偶者が「離婚したい」と...

有責配偶者からの離婚請求が認められるケースを裁判例をもとに解説

離婚したい理由は人によって様々ですが、「不倫相手と結ばれたい」という理由の人もいるでしょう。配偶者に離婚を切り出したけれど拒否された場合、離...

アルコール依存症の配偶者と離婚できる?

配偶者のアルコール依存症を理由に離婚することはできるのでしょうか。夫婦の間に子どもがおり、自分が親権者になった場合、面会交流を実施しなければ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 裁判での離婚成立の要件について

    離婚調停中です。 相手方は離婚の意思があります。 親権、面会、養育費は決まっていません。 親権放棄した場合、裁判して即離婚できますか? 離婚後、養育費について別途協議したいと考えています。 双方離婚意思があるので拒む理由はないと思いますが相手が婚姻費用の請求のため拒否する可能性があります。 相手の離婚意思を証明...

  • 調停離婚の相手方として、離婚の意思がないといった場合

    調停離婚を申し立てられた通知がきました。申し立て理由は、性格の不一致、同居に応じない、その他でした。 子供が先月生まれたばかりで、子供のことを考えると、今すぐ離婚したくありません。(いずれは離婚になったとしても) その場合、裁判所へ提出する文書には離婚の意志がないとすればいいのでしょうか?また、検討中とすればい...

  • 離婚できる?

    調停の段階で、両者が離婚については合意しているが、養育費や慰謝料の面で折り合いがつかずに裁判離婚になったとします。 このとき、申し立て人が有責配偶者であれば、やはり離婚は認められませんか? それとも、離婚について合意があるので、裁判は養育費などのことになるのですか? あと、有責配偶者でも離婚できるケースがあると思...

  • 同居義務違反とか協力扶助義務の意味・離婚裁判

    夫が不倫をして勝手に家を出て行ってしまい別居状態になりました。 夫は離婚を望んでいますが、私は離婚したくありません。 夫は不倫は認めていますが、私の結婚生活に問題があるから離婚したいと 嘘や大げさな事を離婚理由としています。 夫は弁護士と契約して離婚調停を申し立てましたが不成立に終わりました。 今度は離婚裁判...

  • 離婚について

    双方が納得しない離婚について離婚調停裁判を実施せずに離婚する方法はあるのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

裁判離婚の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  2. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  3. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  4. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  5. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  6. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  7. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。