離婚裁判で棄却・取り下げとはどういう場合なんでしょうか?

年間10000件の離婚裁判の訴えがありうち377件が棄却、930件が取り下げのようですが(平成24年)、この棄却、取り下げとはどういった場合なんですようか?
高嶋さんの離婚裁判は取り下げの930件に含まれるのでしょうか?
この棄却もしくは取り下げに立ち会われた弁護士様がおられたら、ぼかして教えて頂けませんか?
2014年04月12日 18時49分

みんなの回答

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県2
ありがとう
棄却は離婚が認められなかったという判決、取り下げは離婚の裁判を取り下げたという意味です。取り下げた、の中では、訴訟外で離婚したケースも含まれるでしょう。その後どうなったかなどは全く分かりません。

2014年04月12日 18時52分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ベストアンサー
ありがとう
有責配偶者からの離婚という場合が棄却の大半です。
取り下げには、有責でない側からの請求で、当分別居を続けるというものもありますし、有責配偶者が離婚を一旦は、諦めて、当分別居を続けるという場合です。

2014年04月12日 18時54分

相談者
先生方、ご回答ありがとうございます。
ほぼ弁護士様にお願いして、自分が有責では無かったら認容のようですね。〇〇地獄にはなりたくないし、相続権も早いとこ無くしとかないと大変です。

2014年04月22日 23時32分

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県2
ありがとう
棄却の中には、別居期間がさほどでもなく、離婚合意に達していない案件も一定数含まれているはずです。ただ、全体の件数からもわかるとおり、調停、裁判と経て離婚の意思が変わらないと、婚姻継続を望んでいても離婚自体には同意するケースがかなり多いとはいえるでしょう。

2014年04月23日 00時01分

相談者
大村 真司先生早速、ご回答ありがとうございます。
別居期間が短すぎて棄却も結構あるのですね、また調停にまず付されることもあるのでしょう。別居期間とは3年プラスマイナス1年と考えて、よろしいのでしょうか?

2014年04月23日 00時38分

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県2
ありがとう
期間だけでは何とも言えませんね。だんだんと短くなっていることは確かですが、かつては10年と言われていましたし。

ただ、2~3年離婚したいと言われ続けると、大抵の人は萎えて離婚自体は否定しなくなります・・・。

2014年04月23日 07時38分

この投稿は、2014年04月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚訴訟の必要条件や流れ・期間・費用

裁判離婚とは、離婚訴訟(離婚裁判)で離婚を成立させることを指し、協議離婚や調停離婚、審判離婚のいずれでも離婚が成立しなかったときに取る離婚請...

「離婚裁判」の手続きの流れ・期間・費用

夫婦で話し合っても離婚に合意ができず、調停でも決着がつかなかった場合、離婚したい夫婦の一方は、裁判で離婚を求めることになります。裁判では、離...

離婚原因を作った側からの離婚請求が認められるケース

不貞行為など離婚の原因を作った人のことを「有責配偶者」といいます。夫婦間の話合いで離婚に合意できず裁判に発展し、有責配偶者が「離婚したい」と...

どのくらい別居すれば離婚が認められるか

別居期間は、裁判で離婚が認められるかどうか判断する際の重要なポイントのひとつです。この記事では、どの程度の期間別居していると裁判で離婚が認め...

裁判で離婚するときに必要な「法定離婚事由」とは

夫婦で話し合っても離婚に合意ができず、調停でも決着がつかなかった場合、離婚したい夫婦の一方は、裁判で離婚を求めることになります。裁判で離婚を...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 一審 簡易裁判所で全面勝利の判決でしたが控訴されます

    自治会を平成22年5月で退会後、いろいろと嫌がらせを受けてきました。今年の自治会総会で、「非自治会員」つまり私一人に対する「共益費1500円を5000円に値上げと、全体清掃不参加のペナルティーとして、3000円を支払うよう」会則を変えてきました。 そこで5月簡易裁判所に「会則で不当な差別をしているので、憲法1...

  • 併合された裁判の、判決書はどう書かれますか。

    AがBを500万円で訴えた裁判1、AがBを300万円で訴えた裁判2、BがAを500万円で訴えた裁判3が、すべて併合された場合、判決書はどのような書き方になるのでしょう。それぞれの3つの裁判それぞれに判決をだすのでしょうか。それとも、AがBを800万円で訴えた裁判、BがAを500万円で訴えた裁判、というふうに、反...

  • 不法行為の時効成立のタイミングを教えて下さい。

    時効について教えて下さい。 相手からの不法行為を10月9日に受けて、慰謝料を請求するなら、、その3年後の10月8日までに訴えないといけないのでしょうか。 あと、時効成立の1日前に裁判所に訴状を持っていけば間に合うのでしょうか。

  • 養育費審判で間違った基準で判断された場合

    離婚して、子供二人を引き取ってます。 先日、元嫁に対して、養育費請求の調停を申し立て、結局審判で結果が出ました。 審判の結果、お互いの収入を算定表に照らし合わせ、養育費の額を決められましたが、どうも裁判官が算定表の見方を間違っているようです。 算定表の見方として、元嫁の収入が215万円であれば、200万円と22...

  • 離婚裁判と不貞慰謝料損害賠償請求の裁判の進め方について

    調停が不調に終わり今後裁判を考えております。 不貞相手と、配偶者を同時に裁判にかけた場合 どのように進められるものなのでしょうか。 ① 配偶者の方は家庭裁判所 不貞相手は地方裁判所 となるのでしょうか。 ② また、両方の裁判で判決金額が違った場合はどのようになるのでしょうか。 ③ 配偶者とは和解離婚(解決金...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

裁判離婚の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 愛した独身のカレは「偽名の既婚者」だった!...
  2. 上司と不倫、「離婚する」は結局ウソ!? 「...
  3. 夫が給与明細を偽造、ごまかした金で飲酒、ギ...
  4. 「借金返して、結婚しよう」返済に協力したの...
  5. ホテル密会に不倫相手の夫乱入! 「誠意見せ...
  6. 夫婦間の「性的DV」…寝込みを襲われ、避妊に...
  7. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。