裁判中の住宅売却について

公開日: 相談日:2022年01月16日
  • 3弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

【相談の背景】
離婚裁判が始まりました。
第一回目の期日(1月14日)がマンション売却契約締結日だと相手弁護士より手紙が1月7日に来てました。

郵便に気づかずに今まで来てしまい、本当に自分が抜けてたと後悔しておりますが、手紙に気づいたのが1月16日です。
手紙には、マンション売却契約締結が14日で、2月28日が所有権移動するので、退却しろという内容でした。

マンションの名義人は主人です。
私は連帯保証人にも共有名義人にもなっておりません。

【質問1】
この場合、退却しなければならないのでしょうか?

1104025さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 1104025さん

    タッチして回答を見る

    夫婦間で交わした誓約書に

    マンション代も必ず払い続ける
    払い終えたら長男に名義を替える

    という文面を主人が書いておりますが、これには勝手に売却できない法的な効力はありますか?

  • 弁護士ランキング
    大阪府6位

    林本 悠希 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    お困りのことと存じます。

    【質問1】
    この場合、退却しなければならないのでしょうか?
    →非常に難しい問題です。まずそもそも、居住者がいる状態でマンションを売ることがあり得るのかという問題があります。買主は、居住者がいる場合には当該居住者を立ち退かせる手間がありますし、内覧もできないので、売却代金が大幅に下がってしまうのです。故に、あなたが立ち退いていない状況で、本当にマンションを売却したのか、疑問です。そして、仮に売買契約をしているのなら、立ち退かなければ、買主からの損害賠償請求等の問題も生じてくるでしょう。

    故に、前提がよくわかりませんので、お早めに弁護士に直接御相談なさることをおすすめいたします。

  • 弁護士ランキング
    岡山県2位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    1 すでに売買契約は締結されているようですから、買主が代金を支払い、2月末にマンションは買主名義となります。
      退去していない場合は、買主から退去を求められることになります(任意に退去しない場合は訴訟が買主から提起されます)。

    2 誓約書の作成時期が問題となりますが、調停段階でどのような話し合いになったかがポイントです。マンションは夫婦共有財産ですから、調停の中で売却しない合意がされているのであれば、合意違反となりますが、誓約書の内容が調停内で撤回されていたら、売却を防ぐためには処分禁止の仮処分などの措置を講じておく必要があったかもしれません。

  • 相談者 1104025さん

    タッチして回答を見る

    林本先生

    早速のお返事ありがとうございます。

    手紙は、私の代理人あてにファックスで届いており、私の代理人はそのコピーを郵送しております。
    それに私が気がついたのが今日で、代理人と連絡がつきません。
    私が悪いのですが、売買契約書のコピーが同封されており、買い主を隠されておりました。
    3月以降も住むのかの回答を求められています。

    1月14日に手付け金を払う内容の契約書でしたが、住む意思を明らかにすれば、阻止できますか?

    離婚は合意ですが、財産分与で合意できず調停は不成立となっております

    お忙しいとは存じますが、ご回答いただければ幸いです

  • 相談者 1104025さん

    タッチして回答を見る

    川崎先生

    いつもありがとうございます。

    任意に退去しない場合、というのは、意思表示せずに住み続けると買い主から私が訴訟を起こされるということですか?

    誓約書の作成時期は令和元年11月です。
    調停は去年6月に、離婚は合意するけど、その他の財産分与等で合意できず調停不成立となり、今年1月14日を第一回目とした裁判を起こされております。
    調停内で売却するしないの議論はなく、勝手に売却しようとされております。

    今からではその仮処分は遅いですよね?

    お忙しいところ大変申し訳ありませんが、教えてくださると助かります。

  • 弁護士ランキング
    岡山県2位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1 買主が決まっていれば、通常は住み続けることを許容して売買することはないので、買主から訴訟を起こされるはずです。

    2 仮処分については売買されそうな場合に担保をつんで裁判所に処分禁止を求めるものなので、決定が出たら処分禁止されている不動産であることを登記簿上でも確認できるので、買い手も買おうと考えないわけです。すでに売買契約が成立した後では意味がないことになります。
      なお、本件は調停段階から双方弁護士がついている案件のようなので、詳しいことは依頼されている弁護士に相談された方がよいと考えます。
      

  • 相談者 1104025さん

    タッチして回答を見る

    川崎先生

    お返事を早速にいただき、ありがとうございます。
    どうにもならないということだけは、わかりました。

    明日、代理人に連絡を入れます。

    相談に乗っていただき、ありがとうございました。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    理屈上は出ていかないといけません
    しかし、相手としてもあなたが出ていかないからといってすぐ裁判というわけにもいかないでしょうし、退去期限についてはある程度交渉次第でしょう

  • 相談者 1104025さん

    タッチして回答を見る

    斎籐先生

    ご返答いただき、ありがとうございます。

    とりあえず市営住宅申し込みしてみようかと思いましたが、締め切られておりました。途方にくれておりましたが、交渉の余地がまだあるのですね。
    いつまで待ってもらえるか、次回抽選までの交渉をしてもらえるか、確認します。

    ありがとうございました。

この投稿は、2022年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました