GPSによる記録を証拠として使えるか

公開日: 相談日:2019年04月27日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

不倫をした妻が子を連れて別居しました。
子の引き渡しと監護者指定の審判、及び離婚調停するにあたり、GPSの記録を証拠に不倫相手の家に頻繁に行っていたと証明したいと考えています。

GPSの記録は証拠になりますか?
また、こちらに不利になる証拠集めになりますか?

792153さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

     GPSの記録は,不貞を立証する証拠となり得ます。
     GPSの精度にもよりますが,①GPSで特定された地点と不貞相手の住所とが一致すること,②滞在が長時間に及ぶこと(滞在時間からみて,宿泊したことが推認される等),が記録上明らかであれば,有力な証拠となるでしょう。

     GPSを無断で設置する行為は,相手方のプライバシーを侵害する性質を有しますが,違法に収集された証拠である(証拠能力が否定される)と判断される事例は稀です。
     証拠として提出するメリットの方が大きいかと思います。

  • 弁護士ランキング
    滋賀県2位

    中田 敦久 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    1 証拠となります。
    2 GPSによる追跡が問題となるのは、主に警察が令状を得ずに捜査を行う場合です。
    3 一般私人が、GPSの追跡結果を家事事件で証拠提出しても、特に問題はないと思います。
    4 プライバシーの侵害は一応問題となりますが、それは相手方が普通に聞いても否定する事柄なので、無断での会話録音を証拠提出したり、探偵が調査した報告書を証拠提出するのがやむを得ないのと変わりがなく、特にGPSだからと言って不利になるものではないでしょう。

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました