婚姻費用分担の審判について

現在、婚姻費用・面会交流の調停中です。
夫とは別居中で、子供は私と生活を共にしており私の収入のみで生活しております。
原因は夫のモラルハラスメントです。別居した際、離婚を夫に求めましたが拒否された為、弁護士に相談し婚姻費用の申立をしました。
今まで夫から生活費をもらったことはありませんが、今後の生活のためにも権利としてもらえるのであればと思い弁護士からも進められ申立をしました。
しかし調停に提出した私の昨年度源泉徴収票に対し、夫側から「育児休暇期間があるため正確な年収が記載されていないから納得できない」と主張され全く金額が決まらず、1年たっても金額が決まらない為審判移行しました。
先日審判があり、私は過去の給与明細などをもとに1年間フルで働いた場合の推定の年収を主張しましたが、夫は全く納得せずもっと収入があるだろうと主張しており、調停での話し合いが同じように審判移行しても続きました。結局、裁判官からは次回に審判を延ばし、次回までに証拠として会社との契約書と規則を提出するようにと言われました。

そこで質問させていただきたいのは、
審判するにあたり、源泉徴収票が証拠として不十分だとしても給与明細等である程度年収は推測できるわけですから、会社の契約書や規則を出してまで厳密に証拠をそろえる必要があるのでしょうか。
正直に言うと、婚姻費用を決めるのにここまでもめると思っていなかった為、もし婚姻費用がきまった場合貰ったことを理由に夫からまたいやがらせを受ける可能性が高いため、むしろ貰わないほうが今後のストレスは軽減されるのではないかと思っています。それでなんとか生活していこうと覚悟も決めています。
次回の審判でその正直な気持ちを裁判官に伝えようと思っているのですが、聞き入れてもらえるものでしょうか。
相談者(264503)からの相談
2014年07月03日 12時48分

みんなの回答

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6
ありがとう
裁判官からは次回に審判を延ばし、次回までに証拠として会社との契約書と規則を提出するようにと言われました。

職権主義ですので裁判官の裁量が大きいですが 通常ここまでは必要ないと思います。

2014年07月03日 12時59分

秋山 直人
秋山 直人 弁護士
ありがとう
せっかく審判までこぎつけたのですから,もう少し頑張った方が良い結果が出るように思います。

「もらったことを理由に夫からまた嫌がらせを受ける」なんてことを気にしていたのでは,何もできません。

裁判官も,ご相談者の年収をできるだけ客観的資料に基づいて推計し,適正な婚姻費用の金額を算定しようとしているのでしょうから,素直に契約書や規則を提出し,裁判官の判断を待つのが良いと思います。

2014年07月03日 13時00分

相談者(264503)
早速回答をくださった弁護士の方々、ありがとうございました。
私の担当弁護士は、契約書、規則を提出すべきと言っており、私はそれに対し疑問をもっていました。
私がもった疑問については間違いはないことがわかりました。
あとは、担当弁護士とよく話し合って決めます。ありがとうございました。

2014年07月03日 13時15分

この投稿は、2014年07月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

審判離婚の基礎知識と異議申立ての方法

離婚の是非やその条件を決める際には、夫婦間のわずかな意見のずれが原因で合意に至らない場合もあるでしょう。離婚調停で話合いを重ねても合意できな...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 審判の判決後の婚姻費用変更の申し立ては可能か?

    審判にて婚姻費用の額が決定しました。 「再び同居する、もしくは離婚するまで支払う」 という内容でしたが、離婚するまで、かなり時間がかかりそうな場合で、収入に変動があった場合は、減額するよう調停?再度審判?は可能でしょうか? (その額で一度は納得しましたが、一年が経過し、収入が変更になったため) それとも審判...

  • 事実認定に誤りがある婚姻費用審判への抗告

    教えて下さい! 夫が婚姻費用減額調停を申し立て、審判になりました。 調停で無職であり、求職活動中と言っていた夫が、実は審問の数日後には仕事を始め、審判結果が出る頃には給料を貰っている事がわかりました。 この場合、審判結果は事実認定に誤りがあるとして抗告すると審判結果を変える判決が下る可能性はありますか? ...

  • 審判について

    婚姻費用の調停で納得できなければ審判にしてもらえると、このサイトで知ったのですが、離婚調停でも審判はしてもらえるのですか?

  • 婚姻費用分担請求の抗告審の決定に対して、再審という制度があると聞きましたが、具体的に知りたいです

    「婚姻費用分担請求」の高裁での抗告審の決定がくだされたのですが、明らかな裁判官の計算ミスによる婚姻費用の金額算出であったため、新たな調停(婚姻費用の減額請求)を申し立てようと考えたのですが、「再審」という制度があることを知り、それを申し立てようと思います。上記のような、裁判官の計算ミスによる婚姻費用の算出がなさ...

  • 婚姻費用の収入証明について

    婚姻費用の審判離婚は、算定表をもとに決まると思います。相手が収入証明の提出を拒否を続けた場合、裁判官は何を基準に金額を決定するのでしょうか? こちらの主張通りの金額で決まるのでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

審判離婚の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。