監護者指定について

公開日: 相談日:2012年07月20日
  • 2弁護士
  • 2回答

夫に子供を連れ去られて3ヶ月半。すぐに、子の引き渡し、監護者指定の審判を申し立てました。

連れ去られた経緯は、夫に買い物を頼まれ、嫌々外出し、その間に子供を連れ去られました。

その時、子供の生命に危害が加わるからと言った理由で出たと夫は言いましたが、その理由は今となっては消え(虐待などの事実は実際ないので)、私の不貞を理由にしてます。

不貞については、別居前に終わっており、夫のモラハラによりしてしまったとしても私も反省しています。

子供の養育、監護については、夫が仕事の関係で1日おきにしか家に居ませんでし、主に私がしていました。


夫の今の状況は、息子と2人暮らし。夫が朝から次の日の朝まで仕事で居ない日は近くに住む祖母がみているようです。

そして、毎日学童に行ってるようです。

児童精神科にも通ってると言ってました。

私と離れて息子が精神的に良くなったと連れ去って直後言っていたのに、連れ去って2ヶ月後に児童精神科に通ってるなんておかしいなと思ってます。

息子は8年間、元の環境で何も問題なく平穏に暮らしてました。

学校でも、友達も多く、成績も良く明るく元気に過ごしていました。

私の両親も徒歩で5分くらいの所に住んでるので、産まれた時から祖父母に接していてとても懐いてます。

反対に夫の両親には、年に1回しか会わないので、懐いていません。

このような状況でも、例えば現状で、夫が仕事で朝から次の日の朝まで居なくても祖母が見てるから(まったく懐いてません)、なんとかご飯は食べさせてるみたいな理由で夫が監護者に指定されるものでしょうか?

不貞は悪い事だと思いますし、反省してますし、別居前には終わり、現在もそのようなことはありません。

これまで8年間、私が主に子供の身の回りの世話、幼稚園、学校関係は関わってきました。

これまでの監護実績より現状維持(子供にとっては学童に入れられたり元の環境より悪くなってるのですが)となると、連れ去った人は誰でも環境を良くしようとしたりするのは当たり前だと思います。
食事だって、父親の作ってたものなんて、ラーメンやチャーハンなど簡単なものばかりです。

それでも食べさせてるからいいという考えになるのでしょうか?

調査官はそのような細かいところまでは見ないのでしょうか?

離婚理由(不貞)だけでなく、総合的に見てもらえますか?

131267さんの相談

回答タイムライン

  • 比護 望 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    実際の監護養育状況は極めて重要なものとして最大の調査ポイントになります。
    不貞行為はそれ自体は、過去において、養育に悪影響を与えておらず、かつ、今後の養育受け入れにも影響を与えないならば、そのことだけで親権不可の判断に直結するものではないと思います。

  • タッチして回答を見る

    親権・監護者の地位を判断するにあたっては、現状の維持も重要ですが、現状が形成された経緯も重要です。
    不当な手段(面会交流中に連れ去って引渡を拒否する等)によって監護を開始した場合、現在の監護状況が安定していても、現状を維持すべきでないとの判断がなされることがあります。

    現在の監護状況が不当な手段で形成されたものであることを、しっかりと主張立証する必要があります。

  • 相談者 131267さん

    タッチして回答を見る

    比護弁護士、ご回答ありがとうございます。
    実際の監護養育状況は今よければいいということでしょうか?本来ならば、元の環境がよければ(3ヶ月半前まで問題なく子供が過ごしていた)よいといえると思いますが。裁判所は片親の勝手な行動で転校までさせて、環境を変えてしまった親をいいと判断したとしたらおかしな話だなと思います。現状よりも、別居前主に監護養育していた者、監護実績の長い者というのも監護者指定の判断材料にはなりますでしょうか?

  • 相談者 131267さん

    タッチして回答を見る

    柴田弁護士、ご回答ありがとうございます。

    不当な手段、欺いた行為である主張はしています。夫は連れ去り当初は、子供の生命に危害が加わるという理由を述べてましたが、そのような事実は実際はなく、今はまったくそのことに関して夫は触れません。(虐待の事実なんてありませんので、むしろ私と子供の関係は良好でした)

    出鱈目で嘘の理由なので、夫も連れ去りについて触れられないのだと思います。

この投稿は、2012年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す