急いでます!よろしくお願いします。

公開日: 相談日:2020年05月30日
  • 5弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

よろしくお願いします。

どうすれば良いか相談されたので
回答よろしくお願いします

只今、離婚調停をする準備をしており
弁護士の先生に相談する予定みたいですが
相手には不倫はバレておらず
そこは自分が不倫をしている事を隠し
弁護士の先生に相談するようみたいですが
相手にバレてなくても弁護士の先生にには
真実を明かすべきだと思うのですが
どうすれば良いでしょうか?
弁護士の先生には相手のせいで離婚に
至ったと相談するみたいですが
私の意見は、後々、バレた時に弁護士の先生も
騙したって事にならないか心配をしています。
相手は離婚はする気はなく
婚姻費用分担請求をするみたいです。

925336さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 925336さん

    タッチして回答を見る

    色々な考え方があると思うので
    色々なご意見お聞きしたいです。
    又、不倫をしてるのであれば
    依頼を断られる事はありますか?

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 又、不倫をしてるのであれば依頼を断られる事はありますか?

    それだけで依頼を断られるということではないと思います。
    ただ、弁護士には事実を話しておいたほうがよいと思います。

    後で嘘がわかると、弁護士が辞任するかもしれませんので。

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    弁護士には真実を話しておいた方がいいですよ。

    相手が不貞行為の証拠をつかむなどした場合,それまでの戦略が崩れてしまいます。
    また,不倫をしていることも含めて今後の対応等にも相談に乗ってもらえますし,弁護士が相談者の同意なく,相手方に不倫の事実を知らせることもありませんので安心してお話されて大丈夫ですよ。

  • 弁護士ランキング
    福岡県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    不倫しているから依頼を断るということはないですが、隠されていた場合にあとでわかると辞任理由になる場合はありますね。まあ、あえて言われない方がありがたいという人もいるでしょう。

    第一東京弁護士会法律相談運営委員会編著『実例弁護士が悩む家族に関する法律相談専門弁護士による実践的解決のノウハウー』(日本加除出版,2011年3月)351ページ
    (司会)
    …有責であることについては.依頼者から説明を受けたけれども, 相手方が知らない場合に, 弁護士として, そこに触れるかどうか,非常に迷うところと思いますが。いかがでしょうか。
    A弁護士(女性) :これは. 弁渡士倫理の問題との関係はどうでしょうか。
    普通、本人は, 有責だということは否定するじゃないですか。例えば,離船したいと言っている旦那さん自身に,本当は不貞行為があるんだけど,相手方の奥さんの方から「不貞行為がある」 と主張されても, 「いえ, そんなことはありません」と言うのが,普通だと思うのですが……。
    そこで,実は弁謹士として,交際している女性がいることを知っている場合に, それでも不貞行為はしていませんと否認することは弁護士倫理に反するでしょうか。
    B弁護士(男性) :触れないのはあり得ますけどI朧をつくというのは……。
    まあ,訴状で書く必要はないと思いますけど, 向こうから質問された時に。 それを否認することは, やはり駄目でしょう。
    A: 嘘をついてはやはり真実義務違反になるということですよね。それでは相手から質問された場合は, どうするのですか?
    B :それは認めるしかないでしょう。認めた上で。事実をどう評価するかという耆き方のところで, まあいろいろ工夫はするんでしょうけれども,積極的な嘘というのは駄目だと思います。
    司会:依頼者と打ち合わせをしている時に,何かそんな話が出てきそうな微秒な雰囲気になったとき,心の中で「聞きたくないからその話はやめてくれ」と。 口には出せませんが。 (一同笑)
    B :普通にそんなことってありますよね。
    司会:あります,不貞行為に限らず。しょっちゅうある。
    B :ここから先はもう聞きたくないと。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 相手にバレてなくても弁護士の先生にには
    > 真実を明かすべきだと思うのですが
    > どうすれば良いでしょうか?
    明かすべきだと思います
    そうでないと弁護士も依頼者のための最善の弁護ができません

この投稿は、2020年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから