DV離婚回避で弁護士に依頼するタイミングを教えて下さい。

公開日: 相談日:2017年10月06日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

DVを理由に別れたいと
メモだけ残して
妻は子供を連れて妻の実家に行きました。
メモには第三者からの連絡を待て
と、書いてあります。
離婚の話し合いをする事もなく
一方的に出て行かれました。
夫の私は妻と別れたくありません。
子供とも離れたくありません。

そこで質問です。
協議離婚をスキップされて
離婚調停になると思います。
それでも離婚になる場合
控訴?になり裁判で判決だと思いますが
どのタイミングで弁護士に依頼したら
離婚回避の可能性はありますか?

592206さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位

    石井 康晶 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    2
    タッチして回答を見る

    調停では離婚を拒否していれば離婚不成立です。拒否するだけなら弁護士は不要です。
    訴訟では暴力の証拠がどの程度あるのか、内容や頻度はどうかによって変わりますが、妻が離婚原因のあることを立証すれば離婚成立です。こちらは反論反証する必要があります。訴訟の段階では依頼が必要でしょう。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県3位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    > DVを理由に別れたいと
    > メモだけ残して
    > 妻は子供を連れて妻の実家に行きました。
    1.本当にDVはあったのでしょうか。
    2.妻は証拠を握っているのでしょうか。

    > 離婚調停になると思います。
    1.離婚調停では,裁判所が離婚せよとか,離婚せずとかを命じることはできません。

    > それでも離婚になる場合
    1.離婚調停が物別れで不調になると,離婚を望む側が離婚訴訟を提起します。
    2.ここでは,DVの証拠の有無と内容が争点になります。

    > 控訴?になり裁判で判決だと思いますが
    1.妻が敗訴すれば妻が控訴,相談者が敗訴すれば相談者が控訴で水ね。

    > どのタイミングで弁護士に依頼したら
    > 離婚回避の可能性はありますか?
    1.上記の展開が予想される場合,調停の時点から弁護士を委任して,妻側の証拠の有無や主張内容を法的に整理したほうが良いでしょう。

  • 相談者 592206さん

    タッチして回答を見る

    ちなみに、弁護士に相談する時は

    DVの立証は私自分自信で認めてる事と
    4年程前に警察に直接2人で相談に行っている事
    その時は私の方が妻から受けた
    暴力で私が怪我をしたので
    診断書を持参して相談に行ってますが
    その診断書は現在処分しました。
    理由は元々暴力的な妻の暴力が無くなったと
    私自身が判断したため。
    抑制の効果が効いたと判断して
    こっそり捨てました。
    ちなみに妻はリストカット常習
    暴力、暴言常習で
    17歳の時に1度鑑別所?に入っており
    過去に傷害罪で裁かれて
    保護観察がついてました。
    その時、保護観察官と私が連絡や相談
    担当していた生活安全課の警察官にも
    色々と相談していました。
    反社会的勢力との関係や交友関係も
    風俗や水商売をしていたので
    妻の実父はその時、何もせずではないですが
    妻の暴力をした被害者に慰謝料を
    払うのみ。
    反社会的勢力や交友関係を断ち切るために
    当時、私が保護者の様に更生させる
    などと、今思えば傲慢だったかもしれませんが。
    そして、そうまでしても守らなくてはと
    救わなければと思っていたので
    などの話をした方が良いのでしょうか?
    それとも離婚回避のみの希望を伝えれば
    良いのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    埼玉県3位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > などの話をした方が良いのでしょうか?
    1.情報はすべて伝えるべきです。
    2.そうしないと的確な助言ができません。

    > それとも離婚回避のみの希望を伝えれば
    1.相談者の希望を率直に伝えれば良いです。

    ・そのうえで,弁護士から,他の方策についての助言がなされる可能性があります。

この投稿は、2017年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから