離婚調停成立まで子供たち会えないのでしょうか

公開日: 相談日:2016年03月27日
  • 5弁護士
  • 6回答

現在離婚調停まであと1か月あります、調停までまだ日にちがあるので子供たちに合わせてくれないかと妻に申し立てましたが断られました!全て調停での一点張りです。どうしても子供たちに会えないのでしょうか?

437511さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府6位
    タッチして回答を見る

    > 現在離婚調停まであと1か月あります、調停までまだ日にちがあるので子供たちに合わせてくれないかと妻に申し立てましたが断られました!全て調停での一点張りです。どうしても子供たちに会えないのでしょうか?

     監護親の意向に当面従うしかないでしょう。
     あなたの希望をできるだけかなえるためには、面会交流の調停申立も併せて早急に行っておくべきです。

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    どうしても子供たちに会えないのでしょうか?

    当面、相手が会わせてくれない以上は難しいかもしれません。
    弁護士に入ってもらって調整してもらうことや面会交流調停を申し立てることは考えられます。

  • 相談者 437511さん

    タッチして回答を見る

    弁護士の方々有り難う御座います。なぜ子供たちに会えないのか?会わせてもらえないのか?やはり母親よりなんですかね。父親は子供に会う権利すらないのでしょうか。子供たちの意見も聞きたいのですが。

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    父親は子供に会う権利すらないのでしょうか。子供たちの意見も聞きたいのですが。

    面会交流は基本的には実現されるべきものです。
    ただ、相手が理解を示してくれず、会わせない以上、強制はできないのです。
    そうは言っても面会させないような相手は、親権判断に不利になる場合もあるかもしれませんし、慰謝料請求等も考えられる場合はあります。ただ、現時点ですぐにということでもないと思います。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

     権利はあると思いますが(この点は違う見解の弁護士もいるでしょうが)、現実には監護親の協力がないと困難です

     すぐに面会交流の調停を出すというのも手です

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位

    森田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    なぜ子供たちに会えないのか?会わせてもらえないのか?やはり母親よりなんですかね。父親は子供に会う権利すらないのでしょうか。

    ・父親にもDVなどの事情がなければ お子さんとの面会交流権は保障されています。家庭裁判所で離婚調停を申し立てていても当然には面会交流の話には及びません。あなたの方から面会交流調停申し立てをなされば 離婚調停と同時進行で面会交流実現に向けての話し合いができます。一般的には 月1~2回程度の面会交流が認められるでしょう。

    子供たちの意見も聞きたいのですが。

    ・15歳以上であればお子さんの意見が最優先されます。それ以下の年齢であっても 面会交流調停・審判事件では家庭裁判所の調査官がお子さんに面談しお子さんの意思確認を行ってくれるはずです。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県3位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    現在離婚調停まであと1か月あります、
    1.主たる協議対象は離婚(離婚するかどうか,そのほかの離婚条件)ですね。

    調停までまだ日にちがあるので子供たちに合わせてくれないかと妻に申し立てましたが断られました!全て調停での一点張りです。
    1.すべて調停で,といっても,面会交流が主たる協議対象になるわけではありません。
    2.スルーされる可能性もあります。

    どうしても子供たちに会えないのでしょうか?
    1.親として面会交流を求める権利はあるのですが,監護親が拒絶の状況では,これを物理的に強制までは出来ません。
    2.相談者としては,面会交流調停を速やかに提起して,来たるべき離婚通底において,あわせて面会交流についても正面から協議できるようにすべきです。
    3.原則,裁判所は前向きに望んでくれるはずです。

この投稿は、2016年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから