婚姻取消裁判について。

前夫が離婚無効調停&裁判を起こし、私が敗訴しました。

現夫との婚姻取消裁判を申し立てて来て、今月末に第1回目があります。

答弁書を提出し、欠席する予定ですが、欠席するとすぐに判決が出てしまいますか?

離婚無効裁判で敗訴し、重婚状態になっていますので、反論を重ねても意味は無いでしょうか?

判決が出る時期を少しでも延ばしたいと思っていますが。。

宜しくお願い致します。

相談者(322549)からの相談
2015年02月15日 00時25分

みんなの回答

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
重婚状態になって、訴訟が複雑になり、どう対処してよいか、困惑されているのですね。

こうした場合は、簡単に婚姻取消の判決が出てしまっては根本的解決につながりませんから、きちんと答弁書を提出し、反論すべき点を反論しつつ、本筋の離婚訴訟と併合して同一審理をしてもらうよう家庭裁判所に働きかけ、その中で全体的な和解を考えていくのが一つの解決法です。

2015年02月15日 00時42分

相談者(322549)
川崎弁護士様。

回答有り難うございます。
では、前夫が起こした現夫との婚姻取消裁判の答弁書については、現在私の方から離婚調停を立てている旨を伝え、早急な判決はされない様に一言添えて提出した方が良いのでしょうか?
前夫は一切離婚に応じる気は無い様なので、離婚判決を1日でも早く頂き縁を切りたいのですが。。

2015年02月15日 00時56分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
まず離婚調停を一回で不成立にして、すぐに離婚訴訟を提起して併合審理してもらうのが筋道です。

したがって、婚姻取消の裁判は少し時間をかけて慎重に対処された方がよいでしょう。

少なくとも初回期日は、請求棄却を求める答弁書を提出し、詳細はおって認否するとし、被告の主張の中で離婚調停を申し立てていることに触れて、離婚訴訟との一体的解決を要望すると付記しておかれたらよいでしょう。二回目の期日には認否が必要となりますから、詳しい反論をしていく必要があります。

2015年02月15日 01時01分

相談者(322549)
川崎弁護士様。

回答有り難うございます。
では、婚姻取消裁判の1回目については答弁書に請求棄却の旨を伝え欠席させて頂きます。

離婚調停の件を伝え、婚姻取消裁判の判決については急がない様に、平行して進めて欲しい旨を家裁に伝えたいと思います。

離婚無効裁判に敗訴し既に重婚となっておりますが、家裁は判決を急がないでしょうか?
心配もあります。

宜しくお願い致します。

2015年02月15日 01時16分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
弁護士は依頼されていないのでしょうか?

依頼されているのであれば、きちんと打ち合わせて対処された方がよいでしょう。

依頼されていないのならば、大変難しい二つの裁判を綱渡りのような形で解決に向けて動かしていく必要がありますから、きちんと依頼された方がよいと思います。

2015年02月15日 01時26分

相談者(322549)

川崎弁護士様。

度々の回答を有り難うございます。

素人の私には苦しい調停裁判で頭を痛めております。
離婚裁判では、専門の方にお願いする事を考えておりました。
早急に検討したいと思います。

有り難うございます。

2015年02月15日 01時37分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
そうだったのですね。

もしかすると離婚無効確認の裁判も本人訴訟だったのでしょうか?

とすれば十分な反論もできず、判決になっている可能性もあります。

通常は無効確認の裁判の中で、予備的に離婚訴訟を逆に提起して一体的解決をはかるのが筋道ですから、気になったものです。

今からでも遅くないので、後手後手に回らないように、全体的解決を見通した進行をアドバイスしてくれる弁護士にきちんと依頼された方が安心です。

2015年02月15日 01時43分

相談者(322549)

川崎弁護士様。

離婚無効裁判では、弁護士さんに代理として入って貰いましたが、勝てる十分な証拠が無く敗訴となってしまいました。

前夫の、あまりにも卑劣な嘘を重ねた上での勝訴に、偽証罪に問いたい程でしたが証拠が無い為に泣き寝入りせざるを得ませんでした。
悔しくて仕方ありません。
早期の離婚に向けて、専門家の方のお力を借りたいと思います。

有り難うございます。


2015年02月15日 02時02分

この投稿は、2015年02月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

調停1回目の期日に欠席すると不利になるか

裁判所から指定された離婚調停の1回目の期日に、どうしても都合がつかず欠席した場合、その後の流れはどうなるのでしょうか。欠席したことによって、不...

離婚調停に欠席すると不利?出席できない場合の対処法

離婚調停の期日にどうしても予定が合わないーー。「欠席したら不利になる?」「日程変更はできるの?」このように疑問に思うことはありませんか。この...

「離婚調停」の費用や期間・裁判との違い

離婚について、夫婦間で話し合ってもなかなかゴールが見えない場合、家庭裁判所での「離婚調停」という手続きで解決を目指すことができます。離婚調停...

離婚調停中の住宅ローンはどちらが返済するのか

住宅ローンを組んでいる場合、夫婦で離婚に向けた話合いや手続きを進めているとしても、ローンの返済を続ける必要があります。この記事では、「離婚調...

不倫された場合に調停で離婚を拒否できるか

不貞行為をした配偶者から「離婚してほしい」と調停を申し立てられたけれど、自分は離婚に応じたくない場合、どうすればよいのでしょうか。調停で決着...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 離婚裁判を行う時期について

    現在、別居して半年になります。どうしても離婚したいので調停終了後、裁判することになるとおもうのですが、裁判する時期によって判決が変わるものでしょうか?また一回結審したら、二度と裁判を起こせないのでしょうか?確実に離婚出来る時期に裁判したいと思っています。

  • 審判、判決の違い

    夫に勝手に離婚届を提出され離婚届無効の調停を申し立てしました。 夫は「離婚届を勝手に出す事を私が承諾していた、絶対に合意しない」と言っているので調停では不成立が目に見えています。裁判になる覚悟をしていたのですが自分なりに調べた所、審判という言葉が出てきました。 審判とは調停の延長線上と考えていいのでしょうか...

  • 婚費審判の判決について

    原告は妻、被告は自分となり、現在妻と離婚裁判中です。それとは別に妻側から婚費分担調停の申立があり不調となったため審判に移行、審判の判決が出ました。判決内容は単に私と妻の年収から婚費算定表を使用し、私から妻に毎月いくら払えというものでした。但し妻もそれなりに収入があり生活には困窮していない状況です。 これまでの...

  • 調停と審判。それとも、訴訟を起こされて裁判でしょうか?

    離婚調停申立され、2回目の調停を迎えます。離婚を認めた後、親権者や養育費て不成立に、なった場合、審判で、強制的に 決められてしまう事は、ありますか? それとも、訴訟を起こされて裁判でしょうか?

  • 離婚裁判敗訴、夫婦関係破綻から7年がたち、再び裁判を起こしたい

    有責配偶者です、離婚裁判敗訴しました。 離婚裁判を起こしたタイミングで女性と同棲し現在も一緒に生活しています。 判決は婚姻関係の破綻は認めるが、過去の判例《8年》と照らし合わせても、破綻期間が短いことが《判決時4年》敗訴理由です。 また破綻認定の理由は、妻側は彼女が原因だと主張してきましたが、私の主張してき...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

調停離婚の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。