連れ子に対しての暴力

公開日: 相談日:2014年09月12日
  • 2弁護士
  • 6回答

妻が離婚調停と離婚裁判を考えているようです。
離婚の理由として妻の連れ子に対する暴力をあげるつもりのようです。
私には記憶がありませんが、「連れ子が暴力を受けて怪我をしたときの診断書がある」と言っています。いつのことかもわかりませんが、こうした場合、診断書には「継父による暴力で傷害を受けた」とか書いてあるものなのでしょうか。
私にはまったく覚えがありませんし、母親やその連れ子本人の証言だけで診断書が書かれたり、これで刑事告訴されたりすることはあるのでしょうか。

282081さんの相談

回答タイムライン

  • 古川 穣史 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    診断書については,そのような記載があるときはあります。どういう理由でなったのか書いてある診断書と,全く書いていない診断書もあります。
    医師としては,本人の申告によるしかないため,どこまで証拠としての価値があるか否かはわかりませんが,少なくとも診断当時から,そのような被害を訴えていたことの証拠にはなるでしょう。
    また,刑事告訴がされるとしても,それだけで受理されるかという問題はありますが,受理される可能性はあるでしょう。

  • 相談者 282081さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    どっちともつかないということですね?
    たぶん1年以上前の診断書だと思いますが、時期は関係ないですか?つまり、暴力を受けて怪我をしたのなら、遅滞なく告訴すればよかったではないかということです。
    逆に名誉毀損で訴えることはできますか?

  • 弁護士ランキング
    埼玉県5位
    タッチして回答を見る

    1.診断書ですが,怪我の原因事実まで書かれていることのほうが少ないと思います。
    2.但し,治療を受けた側で要請すれば,記載されるとはあり得ます。
    3.また,診断書に記載されていなくても,医師が治療の際に作成するカルテ(診療録)に,治療を受けた側の申告内容が記載されることは良くあります。

  • 相談者 282081さん

    タッチして回答を見る

    それで証拠能力はどうなのでしょうか。
    そんなことで告訴されるのなら安心して暮らせません。
    その連れ子は自転車で転んだり、しょっちゅう怪我をしている子なので、そういう際に暴力で怪我したと母子で診断書を作られてもたまりません。

  • 古川 穣史 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    時期は関係があります。そういう場合,警察署にいくとなぜ期間があいたのかということを聞かれます。というか聞かれたことはあります。
    したがって時間が経過していると,告訴などは受理されにくくなるという傾向はあるのではないかと私は考えています。証拠も散逸してしまうといのも理由の一つでしょうし,そもそも処罰を求めていなかったのではと推測されてしまうのもその理由だと思います。
    名誉棄損というのは現段階では難しいでしょう。まだ特に何かをされているわけではありませんので。

  • 古川 穣史 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    証拠能力は証拠になるか否かという問題なので,能力自体はあると考えられます。
    ただ,証拠として価値があるか否かということが問題になります。
    ただ,やられていないことで,告訴をすれば虚偽告訴罪になりますので,一般にはあまりしないとは思います。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県5位
    タッチして回答を見る

    1.1年以上もなぜ放置していたのか,被害申告を受ければ,警察は疑問に思います。
    2.また,怪我の部位・程度が暴力によるものなのか,自転車などで転んでできたものかも,時間の経過で良く分からなくなるでしょう。

  • 相談者 282081さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    大丈夫そうなので少し安心しました。
    離婚調停や離婚裁判での材料にはなりえますか?
    事実に相違することでも相手はあることないこと言ってくると思われますので・・・

  • 弁護士ランキング
    埼玉県5位
    タッチして回答を見る

    「離婚調停や離婚裁判での材料にはなりえますか?
    事実に相違することでも相手はあることないこと言ってくると思われますので・・・」
    1.あることないことというか,さしたる資料もないにもかかわらず,いろいろな主張をしてくる方がいます。
    2.しかし,主張を裏付けるためのしっかりした資料がなければ,余り問題視されません。

この投稿は、2014年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました