離婚調停中 面会交流

公開日: 相談日:2014年02月07日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

離婚調停中、5ヶ月目です。
調停の中で面会を要望していますが、会えたのは5ヶ月で1回4時間程度です。
今後も会わせない可能性があります。
子供たち(小学生3人)は私と会いたい、家に帰りたいと言ってくれています。

私に拒否される正当な理由(暴力、酒乱、子供に接する態度)に問題はなく
母親のわがままで、明らかに避けられています。
調停の前に、相手親に離婚しないと子供に会わせない、離婚してからもしばらく
会わせないなどと脅し、脅迫されています。

調停で行事の連絡や参加はよいとの承諾を得たにも関わらず
連絡もなく、面会もさせてもらえない。

私は子供に係る学費は毎月支払をしています。

私は誠意をみせていますが、相手にその考えはないように感じます。

正当な理由もなく面会を拒否し精神的に苦痛を受け、毎日がストレスで憂鬱です。
訴訟をおこし慰謝料を請求しようと考えています。

このような内容でこちらの有利になるのでしょうか?

慰謝料の金額の大小ではありません。
相手方の考えを裁判で間違いだと言ってやりたいのです。

231652さんの相談

回答タイムライン

  • 渋谷 徹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    面会交流について、別に調停を申し立てて、一つの案件として暫定的に決定することが考えられます(手続きとしては同じ期日になるとは思いますが)。

  • 弁護士 A

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    正当な理由もなく面会を拒否し精神的に苦痛を受け、毎日がストレスで憂鬱です。
    訴訟をおこし慰謝料を請求しようと考えています。

    面会交流調停申立てをあなたの方からなさっていますか。まずその申立てをしなければ離婚調停はあくまで離婚及びその条件に関する双方の話し合いの場ですから当然には離婚までの子供との面会交流について協議の機会をもつことができません。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    離婚調停の手続の中で、事実上子供たちとの面会交流の話をすることもありますが、相手が面会交流の話し合いに応じる姿勢を見せない場合は、手続としては面会交流に関する合意を求めて別の手続を始める必要があります。離婚調停手続が始まっている時は、通常は同じ期日に双方の調停をする扱いになります。その上で、相手が面会交流の合意に応じないときは、家庭裁判所の審判を求めるとよいでしょう。

    ただ、子供が相手方と同居している場合は、相手方が子供たちにあなたに会いたくないと書かせた書面などを提出してくる場合もあるので、注意が必要です。子供たちが真実あなたに会いたがっていることを示せる資料などを揃えておく必要はあると思います。家庭裁判所は子供に対する虐待や薬物を乱用しているなど親として子供に悪影響が及ぶ事情が明らかな場合や、子供が会いたくないと言っている場合にその意思が確からしいと判断される場合を除けば、月に1回程度は会わせることを許しなさいといった判断をすることが多いと思います。

    審判で面会交流を認められても、現実には会わせてもらえないこともしばしばあります。その場合には、審判事項を守るように履行勧告の申立や間接強制の申立といった手続、慰謝料請求の裁判なども考えられますが、必ずしも有効な手段とはなり得ません。ですので、まずは面会交流に関する調停を申し立てて、子供たちがあなたに会いたがっていることがわかる資料(メールの印刷などでも有効です)をも見せながら調停委員を味方につけて、説得してもらうようにすることから始めるべきでしょう。

この投稿は、2014年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました