DVについて。そうなのでしょうか?

公開日: 相談日:2010年09月11日
  • 1弁護士
  • 1回答

現在、離婚調停を申し立てられています、弁護士に相談したら、妻はDVを主張してると言われました。だから調停室が別なのは普通あり得ない、住民票に転居先が記載されないと言われました。そうなのでしょうか?
事実無根です、妻は私名義のカードで多額の借金をしていました、税務関係も何年間も滞納し、カードの明細でラブホの出入り数回、もちろん否定されましたが、別れて話が出てきた頃とお金の事、不貞の事、出る度に私に対する別れたい理由等も変わっていき、最初の頃は貴方が悪いんじゃない、私が弱いだけとか、貴方は変わる必要ないとか、挙げ句のはてにはDVなんて通用しますか?妻は良く昔言ってました、目的達成の為なら手段は選ばない、お金の事もですが、今考えると妻は虚言癖があると思います。
色々聞くと言える訳ないでしょ?と何に対しても言われました。妻は子供達を連れ去りました、しかしまだ多少連絡とれてた頃と少しずつ私に対して言う事も変わっていきました、残念です、
弁護士さんは、DVを主張するだろうと言ってました、認められるのですか?妻の不貞はカードの明細でその回数なら証明できるそうですがどうですか?子供には面接交流より引渡しを申し立てた方が良いですが、これもどうですか?子供とは面談員?が面談する必要を感じるそうです、現在、妻は実家に子供を預け、自分は監護してないと思われます、してると言ってましたが、他県の実家でなく東京で昼夜問わず目撃証言もあります。これは許されますか?
お金は約この二年間で私に五百近く、子供の学資保険から貸し付け百五十、まだ義母と私が連絡とれてた数ヵ月前に実家から三回で三百、妻自身の借金も数社あり分かっただけでも二社で九十、お金も私の浪費と目茶苦茶です。あまりにも額も多く、事件性も感じてしまいます、何から何まで妻の主張はこのまま通るのですか?

22767さんの相談

回答タイムライン

  • 好川 久治 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    主張することは簡単ですが、証拠がないと認定されません。それだけころころ供述が変わる妻なら、裁判を進めていくと、どこかで矛盾が出てきます。あなたとしては、妻の矛盾を明らかにするために、証拠を集めるようにしてください。代理人がついているなら、代理人の指導に従って証拠を出すタイミングもよく考えて出すようにしてください。最初から手の内を見せると、全て否定されてしまいます。相手の主張するだけ主張させて、最後に有無を言わせないほどの弾劾証拠を提出して裁判所の心証をあなたに有利にもってもらう工夫をしてください。調査官調査も妻の実態をきちんと調査されていないなら、調査官に、妻の実際の姿を良く説明するようにしてください。

この投稿は、2010年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから