離婚調停 弁護士の対応について

公開日: 相談日:2021年09月27日
  • 2弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

【相談の背景】
今にところ離婚拒否です。離婚調停中です。子供はこちらにおりますが、相手は、一度審判で決まった面会交流条件(しかも相手が希望まで出してきたものであるにも関わらず)はまた白紙に戻して、自分の予定で子供と面会日を決めたいとの事です。更には、こちらと連絡を取りたくないと主張し相手方弁護士からこちら弁護士に連絡がきて、現状、調整するような形になっています。ここで、自弁より、面会については受けていない案件で、やりとりが負担だ。というので、ではどうしたら良いか聞くと、相手弁護士からこちらに直接連絡が行くようにするか、困りましたねと言います。ではお金を支払いますと言っても「、面会交流について、自分はあまり得意ではない。自分はお金を取ったりするのが得意分野だ」と言います。確かに離婚調停は受けてもらっているものの、これができるけどあれはできないなど、通常あり得る事ですか?
これはこちらの弁護士の怠慢ですか?
弁護士をつけているにも関わらず、あちらの弁護士とこちらが直接のやりとりする事などあり得るのでしょうか?

【質問1】
離婚調停 弁護士の対応について

1068864さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    三重県1位
    タッチして回答を見る

    弁護士が代理する範囲は依頼者との契約で決まることなので、1つの事件の依頼を受けたからといってそれ以外の範囲まで代理する立場にはありません。
    なので、依頼されていない事項について、依頼者が相手の弁護士と直接やり取りすることもあり得ることです。

    もっとも、ご質問の事情であれば、すでに面会交流条件は決まっているわけですから、あなたとしては「決まった条件でのみ実施する。それ以外の協議は応じない。それで面会交流を実施できないのは相手のせいなので、合意違反はない。」とだけ主張して以後の対応は(直接であれ弁護士を通してであれ)拒否したらいいことだと思います。

  • タッチして回答を見る

    【回答】
    弁護士と相談者様との委任契約の内容によります。
    契約の内容になっていないのでしたら、当該部分については対応できない
    と答えることも不自然ではありません。


    ご参考までに。

  • 相談者 1068864さん

    タッチして回答を見る

    有難うございます。先生方のお話の内容は把握できました。しかし、面会交流については得意ではないのでお金の問題ではなく受けたくない という事を言われたら、こちらはどうすれば良いのでしょうか?

  • タッチして回答を見る

    【回答】
    現在の弁護士を解任されて、面会交流に関しても受任いただける先生にお願いされるか
    または
    面会交流はご自身で対応されるかのどちらかでしょう。


    ご参考までに。

  • 相談者 1068864さん

    タッチして回答を見る

    有難うございます。これは受任するがこれは受任しない。弁護士の先生でそのような事は普通ですか?

  • 弁護士ランキング
    三重県1位
    タッチして回答を見る

    依頼者はどの弁護士にどこまで仕事を依頼するか選ぶ自由があるように、弁護士もどこまでの依頼を受けるか選ぶ自由があります。普通かどうかは統計もないので一概に言えませんが、珍しいとまでは言えません。
    とはいえ、事件の実態に照らして、ある事件を引き受けた場合に(この場合は離婚事件)、それに伴って存在する関連する紛争(本件では面会交流)の扱いが問題になり、依頼者も関連紛争の依頼も希望するであろうことが当初から予測されるのであれば、当初に依頼を受ける際に「離婚は引き受けるか他は引き受けられない。まとめて依頼したいならほかの弁護士に当たりなさい」と説明する方が適切だとは思います。

  • 相談者 1068864さん

    タッチして回答を見る

    加藤先生ありがとうございます。そうですよね。信頼して依頼したのに、突然突き放された気分でした…

この投稿は、2021年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す