1回目の離婚調停後、相手の弁護士から連絡、対応について教えてください。

公開日: 相談日:2021年03月15日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
離婚調停中です。


1回目の調停は終わりましたが、
その後、相手の弁護士から
何度も意思確認の連絡が来ています。

【質問1】
調停外で話し合うことについて
メリット、デメリットを教えてください。

【質問2】
調停外で話すのは普通なのでしょうか。

1008154さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > 調停外で話し合うことについて
    > メリット、デメリットを教えてください。

    調停の期日だけでなく、調停外で話し合いをすることによって、早期に話合いで解決する可能性があるというのがメリットであると思います。調停の期日だけだと1~2か月に1回、2~3時間程度の話合いしかできず、なかなか話合いが進まないからです。
    また、調停だと調停委員に話し、相手方にその話を伝えてもらうというように間接的に話をしているため、自分の思っていることがしっかりと伝わっているのかどうかということが不安になる場合があります。しかし、弁護士に直接自分の考えを伝えればそのような不安はなくなります。

    特にデメリットはないのではないかと思います。
    もっとも、1点気を付けるべきなのは、意思確認の回答をする際には本当にその回答で良いかということはしっかり検討すべきであるということです。テキトーに回答してしまうとそれを基に次回期日で相手方弁護士が主張してくると思いますのでご注意ください。

    > 【質問2】
    > 調停外で話すのは普通なのでしょうか。

    弁護士が代理人として入っている場合には、調停期日間に相手方と交渉したり、意思確認をしたりというのはよくあることです。
    上記のように調停は1~2か月に1回しかなく、なかなか話合いが進まないため、その間にまとめられるのであればまとめてほしいということを裁判所としても考えています。

  • 白鳥 剛臣 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > 調停外で話し合うことについて
    > メリット、デメリットを教えてください。

    メリットは調停期日を待たなくてもよいということで,解決スピードが上がる可能性があることです。
    デメリットは調停員を介さないため,こちらが本人,相手方が弁護士だと,こちらの希望をうまく聞いてくれない可能性が高いことです。
    双方弁護士が入っていれば良いですが,そうでないのであれば,調停で話した方が良いと思います。
    >
    > 【質問2】
    > 調停外で話すのは普通なのでしょうか。

    弁護士同士であれば,あり得ます。
    ただ,当人同士や片方しか弁護士がついていない場合は,普通とはいえないかもしれません。
    弁護士の考え方にもよりますが,少なくともこちらは調停外の話し合いに応じる義務はありませんので,こちらに弁護士がついていないのであれば,調停で話しますといって調停外での話し合いを拒んでも良いと思います。

この投稿は、2021年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました