調停から協議離婚に切り替えた場合についてデメリット等教えてください。

公開日: 相談日:2020年05月12日
  • 4弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

現在離婚調停が延期になっている状態で
夫側の弁護士から協議離婚はどうかと連絡がありました。
私は離婚、婚姻費用分担調停を申し立てた妻側です。
協議離婚への変更について教えてください。

1.相手側の弁護士事務所のHPに離婚協議書作成手数料というものが明記されているのですが、それにかかる費用というのは今回の場合夫が払うのですか?
それとも夫婦の話なので2人でお支払いするのですか?

2.弁護士を入れての協議離婚にした場合、夫と顔を合わせることは必須ですか?

3.夫側の希望である協議離婚を私が拒否した場合何か考えられるデメリットはありますか?
例えば「協議に応じてもらえないなら○○も検討する」のよう何かあるのでしょうか…?
(有責事由は無いので私は思いつかないのですが)


ご回答よろしくお願いします。

919894さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    > 1.相手側の弁護士事務所のHPに離婚協議書作成手数料というものが明記されているのですが、それにかかる費用というのは今回の場合夫が払うのですか?
    > それとも夫婦の話なので2人でお支払いするのですか?
    > 通常は相手が払うものです
    ところが、中には双方が払うことにしている事務所もあります
    ですからきちんと事前にあなたの弁護士を通じて確認しておきましょう

    > 2.弁護士を入れての協議離婚にした場合、夫と顔を合わせることは必須ですか?
    そんなことはありません
    >
    > 3.夫側の希望である協議離婚を私が拒否した場合何か考えられるデメリットはありますか?
    > 例えば「協議に応じてもらえないなら○○も検討する」のよう何かあるのでしょうか…?
    > (有責事由は無いので私は思いつかないのですが)

    具体的経過次第なのでなんともいえません

  • 濵門 俊也 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    A1 あくまでも旦那さん側の代理人が作成する手数料ですので,貴女が支払う必要はありません。

    A2 あなたが代理人を付けておられないのであれば,その可能性はあります。代理人弁護士が付いているのであれば,お任せしてもよいかと思います。

    A3 デメリットは,婚姻費用を請求できなくなることかと思います。あとは,単なる協議書を交わすだけですと,強制執行できる債務名義が取れないというデメリットもあります。

  • 弁護士ランキング
    東京都3位

    鈴木 祥平 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    現在離婚調停が延期になっている状態で 夫側の弁護士から協議離婚はどうかと連絡がありました。私は離婚、婚姻費用分担調停を申し立てた妻側です。協議離婚への変更について教えてください。
    Q1:相手側の弁護士事務所のHPに離婚協議書作成手数料というものが明記されているのですが、それにかかる費用というのは今回の場合夫が払うのですか?
    A1:相手方で離婚協議書を作成するということになるので、夫が払うことになると思われます。あと、相手方は、調停の手続きを依頼しているので、別途、書面の作成料を取らないのではないでしょうか。弁護士によって費用は異なるので何とも言えません。

    Q2.弁護士を入れての協議離婚にした場合、夫と顔を合わせることは必須ですか?
    A2.必須ではありませんし、普通は、あなたと相手方の弁護士が協議をして条件を決めることになります。しかも、電話で協議をして、協議書は郵送でやり取りすることになると思います。

    Q3.夫側の希望である協議離婚を私が拒否した場合何か考えられるデメリットはありますか?
    A3.デメリットは基本的にはありません。あるとすれば、裁判所が緊急事態宣言で止まっていることから、離婚が時間的に遅れるということだと思います。

  • タッチして回答を見る

    1についてですが、多くの場合は相手方が負担することになると思います。2についてですが、顔を会わせることは必須ではありません。3についてですが、調停調書などがなく、協議離婚書などで決めた場合だけなら、相手方が約束を破った場合に強制執行ができないというデメリットがあるかと思います。そのデメリットを避けるために公正証書(強制執行認諾文言)にできるのか否かを、相手方代理人弁護士に打診してみても良いかもしれません。

この投稿は、2020年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す