離婚に伴う解決金の相場について

現在離婚協議中です。
双方に弁護士を依頼中です。
当方より離婚を申し出、相手方は離婚をしたくないが、離婚するなら女性関係の疑いがあるとして解決金200万円を請求されています。
1、200万円は解決金として高額でしょうか。
2、解決金の減額は可能性としてありますでしょうか。
3、200万円の支払いとなりますと、こちらの生活が破綻してしまいますが、支払うしか早期の解決はないのでしょうか。
こちらとしては、払う意思はありますが、あまりに高額ですと払いきれないという事態になりかねませんので、それだけは避けたいと考えています。
相談者(808592)からの相談
2019年06月08日 23時14分

みんなの回答

相談者(808592)
離婚の条件として相手方からの提示であり、養育費、解決金の金額を飲めば離婚に応じなくもないという連絡がありました。

2019年06月08日 23時23分

相談者(808592)
現在当方、金銭的財産分与を放棄しても良いと考えています。

2019年06月08日 23時36分

下大澤 優
下大澤 優 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 宮城県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
 不貞行為の事実があることを前提とすれば妥当な解決金額ですが,そうでないとすれば高額な解決金額だと思います。
 そもそも,不貞行為等の有責事由がなければ離婚慰謝料を支払う義務はありませんから,本来であれば解決金額をゼロとすることも不当ではありません。

 相手方の提案内容からすると,本件解決金の提示は,「早期に離婚を成立させるための条件」と考えた方がよいでしょう。
 つまり,今後紛争が長期化するリスクや,民法所定の離婚事由の立証ができなくなるリスクを回避するための支出ということです。 
 このようなリスクを回避するために200万円を支払うことが妥当か否かは,離婚事由の立証の見込みや,ご質問者様の資力・心情等に左右されます。
 この点は,事案に深く関わっている代理人弁護士でなければ判断がつきかねる問題ですから,率直にご相談いただくことが一番です。

2019年06月08日 23時38分

相談者(808592)
早速のご回答ありがとうございます。
当方の資力については、到底支払える金額ではありません。
1、解決金の代わりに財産分与請求を放棄することでそれに変えることは可能なのでしょうか。
2、民法所定の離婚自由の立証ができなくなるリスクを回避とありますが、どういった意味でしょうか。

2019年06月08日 23時48分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 1、解決金の代わりに財産分与請求を放棄することでそれに変えることは可能なのでしょうか。

相手が了承すれば、ありうると思います。

なお、相談者におかれて実際に不貞はなく、200万円支払ってまで離婚する必要がないと思われれば、拒否されてもよいと思います。

2019年06月09日 03時47分

相談者(808592)
ご回答ありがとうございます。
離婚の申し出は当方から行い、婚姻の継続は困難な心情、状況であります。
頂いたご回答内容から、離婚を行うのであれば、当方の提案について相手の同意を得るか200万円を支払う必要があるという以外は難しそうですね。
日常生活が立ち行かなくなる金額でも支払わないといけないのでしょうか。

2019年06月09日 10時59分

相談者(808592)
また、過去に”一緒にいたくない””絶対離婚する”と書かれたメモを発見しています。
少額ですが、内緒で20万円をセミナーに使い込んでいることもセミナーと通帳の写しからわかっています。
どちらも写真にとっており、証拠として残っていますがこれらを主張しても効力としては意味のないものでしょうか。

2019年06月09日 16時11分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
>頂いたご回答内容から、離婚を行うのであれば、当方の提案について相手の同意を得るか200万円を支払う必要があるという以外は難しそうですね。

相手の意思が変わらないのであれば、200万円支払わないと離婚は難しそうですね。
離婚原因でもあれば、裁判で離婚が認められる場合はあると思いますが。

> 日常生活が立ち行かなくなる金額でも支払わないといけないのでしょうか。

支払いたくなければ支払う必要はないと思いますが、離婚を優先したいのであれば、誰かから借りてでも支払うという選択はありうると思います。

2019年06月10日 05時33分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> また、過去に”一緒にいたくない””絶対離婚する”と書かれたメモを発見しています。
> 少額ですが、内緒で20万円をセミナーに使い込んでいることもセミナーと通帳の写しからわかっています。
> どちらも写真にとっており、証拠として残っていますがこれらを主張しても効力としては意味のないものでしょうか。

それだけでは弱いと思います。

2019年06月10日 05時34分

この投稿は、2019年06月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚協議書のつくりかた

協議離婚とは、夫婦の話し合いで離婚することです。その際、子どもの親権、養育費、財産の分け方など、離婚後の生活に向けたさまざまな条件も決めるこ...

別居している場合の協議離婚の進め方

協議離婚は裁判所を利用しない手続きなので、当事者である夫婦のみで離婚を成立させることができます。だからこそ、どんなことを話し合い、決めておけ...

離婚協議書に書くべき内容と書いても意味のない内容

離婚協議書を、弁護士などに頼まず自分で作成する場合、どのような内容を書けばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、離婚協議書に書く...

離婚協議書を作成するときのポイントと公正証書にするメリット

夫婦間で離婚に合意できたら、養育費や親権など、話し合いで決めた離婚の条件を書面の形で残しておきましょう。書面の形にしておくことで、後になって...

離婚協議書を「公正証書」として残すメリットと作成の流れ

離婚する際、夫婦で話し合って決めた離婚条件などをまとめた「離婚協議書」を作る場合、注意したほうがよいポイントはあるのでしょうか。「[みんなの法...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 養育費未払いの回収について

    H19年4月に協議離婚成立。公正証書を交わし、親権は私になりました。面接権の記載はなし。 養育費は子供一人につき4万 我が家は2児なので計8万を毎月支払う約束でした。 翌月から支払いが開始になり、毎月順調に支払ってくれていましたが同年11月に一人分の支払いになり、翌月から一切の支払いが滞りました。 現在の仕事の内容や...

  • 離婚したい

    はじめまして。 いま離婚を考えているのですが、妻と話し合いだけでは離婚はできないのでしょうか? 調停離婚や協議離婚などこのサイトで知りましたが、裁判をしないと離婚はできないのでしょうか?

  • フィリピンにいる我が子

    よろしくお願いします。フィリピン人と結婚し子供もでき、子供は六歳まで日本にいました。私も同意してフィリピンの学校へ行くため子供だけがフィリピンにいる状態が4カ月立ちます。近い将来、私と嫁と子供で仲良くフィリピン移住を考えてました。が、夫婦仲が悪くなり先日協議離婚しました。親権は母親でしょう。子供は国籍留保中です...

  • 離婚届を取り消すことのできる期間について

    協議離婚の取り消しは、離婚後何ヵ月いないに申請しなければ、ならないのでしょうか?

  • 離婚協議におけるこれまでの経緯を記述した申告書は有効か?

    現在離婚協議中で別居しております。 離婚協議において、主人の弁護士さんから私が有責と言われたのですが、 どうやら離婚に至る経緯が間違って弁護士さんに伝わっている、 もしくは事実が一部抜けていることで、私が有責となっているようなのです。 そこでこれまでの経緯を説明するための申告書を作成致しました。 しかしこれを...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

協議離婚の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。