離婚後の離婚協議書作成について

公開日: 相談日:2021年04月09日
  • 4弁護士
  • 5回答

【相談の背景】
離婚協議書を作成し、離婚届とともに提出し、養育費を半年間支払っていました。
ところが、実は相手方が協議書を提出しておらず今から再度新しく作成する、と突然連絡が来ました。
息子の年齢が上がるにつれて養育費も上げる等、以前の内容にはなかった、自身に有利な条件を加えた協議書を司法書士に依頼しています。

仮に、この協議書作成のための話し合いについて拒否し、離婚届を提出してから2年以上経過した場合、協議書は無効になるのでしょうか。
また、拒否し続けることで何か不利になることがあれば教えてください。

協議書をまだ作成していないため、養育費を支払わなくても法的には問題ないでしょうか。(養育費を支払わないことで、相手方の心証が悪くなることが心配ですが)

【質問1】
よろしくお願いいたします。

1015948さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、2人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県3位

    石井 康晶 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 離婚協議書を作成し、離婚届とともに提出し、養育費を半年間支払っていました。
    > ところが、実は相手方が協議書を提出しておらず今から再度新しく作成する、と突然連絡が来ました。
    > 息子の年齢が上がるにつれて養育費も上げる等、以前の内容にはなかった、自身に有利な条件を加えた協議書を司法書士に依頼しています。
    > 仮に、この協議書作成のための話し合いについて拒否し、離婚届を提出してから2年以上経過した場合、協議書は無効になるのでしょうか。

    :協議書は互いに保管するもので提出先はありません。提出を要するのは離婚届ですが、それはまちがいなく出ているのですか。離婚届を提出済みなら協議書は依然有効であり、一方的に内容を変更することは許されません。

  • 池田 毅 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    2
    タッチして回答を見る

    離婚届けは役所に提出され、戸籍上離婚はすでに成立しているということでしょうか。

    そうであれば、離婚協議書を「提出」する必要はありません。
    当事者で合意してお互いに保管しておくだけで足りますし、合意して署名すればそれで成立していますから、どこかに届け出なくてもその時点の協議書が有効です。その後2年が経過したからといって無効になるような性質のものではありません。

    それとも、離婚届けがまだされておらず、離婚自体が成立していないということでしょうか。
    その場合に、離婚協議書が有効かどうかは事案次第ですが、当時の合意が有効とされる可能性も十分あります。

    また、養育費については、協議が整わなければ、家庭裁判所で調停を行うことができますが、その際も、離婚の際に合意した内容が尊重されることが多いです。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 仮に、この協議書作成のための話し合いについて拒否し、離婚届を提出してから2年以上経過した場合、協議書は無効になるのでしょうか。
    >

    協議書は作成により有効に成立するので、どこかに提出しないことで無効になったりはしません
    話し合いに応じなくても無効にはなりません
    そもそも協議書が作成されているのかどうかなのですが、双方の署名等がなされていれば通常は作成と言えるでしょう

    > また、拒否し続けることで何か不利になることがあれば教えてください。
    >
    協議書が作成されているなら不利にはなりません

    > 協議書をまだ作成していないため、養育費を支払わなくても法的には問題ないでしょうか。(養育費を支払わないことで、相手方の心証が悪くなることが心配ですが)

    作成していないというのはどういう意味でしょうか?
    双方署名した協議書があれば、どこかに提出しなくても作成されたことになります
    作成されていないとしても、話し合いで養育費が決まり、それに従い支払が続いてきたなら法的合意があるとされる可能性があります

  • 堀 晴美 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    離婚協議書とは、当事者双方が合意し、署名捺印して双方一通ずつ保管することが通常です。役所には離婚届のみ提出し、離婚協議書を提出することはありません。
    そもそも双方がその離婚協議書に署名捺印しているのでしょうか?そうでなければ協議はできていないことになります。協議書が有効に成立している場合でも、事情の変更により、再協議を求めてこられることもあります。その際は再度協議することになりますが、協議で話し合いがつかなければ離婚後紛争調整調停の申立を家裁にすることになります。
    なお、養育費はお子様の権利ですので、協議書が有効に成立しているのであれば、そこに書かれた金額を支払う必要があります。協議書が有効に成立していないのであれば、算定表で算定される額を支払う必要があります。

  • 相談者 1015948さん

    タッチして回答を見る

    どのようにすれば良いか悩んでいたので、ご回答いただき、大変ありがたく思っています。

    離婚届は提出し、正式に受理されています。
    その際に、離婚協議書を作成し、お互いに署名しました。妻から、公正証書付きの協議書にしたいと言われ、私も容認し、そのまま任せました。
    公正証書ができたら、私の方にも協議書を送る、と言われていました。
    離婚時に作成した協議書では、慰謝料を無しにする代わりに、養育費を算定表の1.5倍に相当する金額を支払うことを条件としていました。
    しかし、養育費を半年間支払い続けていましたが、現在、養育費の金額はそのままで、別途慰謝料を請求すること、また息子の年齢とともに養育費を上げること、を妻から要求されており、慰謝料の減額を求めても、全く応じてくれません。
    協議書の作成を依頼した司法書士に、離婚時に作成した協議書を確認したいので見せてください、と連絡したところ、
    元妻から新しく作成すると依頼されております。ですから、離婚時に作成したものはお見せする必要はありません。
    と断られました。
    私としては、離婚時に作成した協議書に沿った、養育費のみを支払いたいと考えています。
    長々と申し訳ありません。
    どのように行動すればいいでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    離婚協議書の体裁をみないと正確な判断ができません
    あなたとしては既に協議書を作成済なので、それを超える義務を負うことはないと主張されるとよいでしょう

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す