弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

離婚届

離婚届の書き方や必要書類・手続き方法

離婚する際には必ず離婚届を提出し、受理されなければなりません。離婚に至るまでに様々な困難を乗り越えてきたケースが多いでしょう。最後の手続きはスムーズに行えるよう、ここでは離婚届の書き方や必要となる書類など、手続き方法について説明しています。また、離婚届を勝手に出されてしまったなどのトラブルへの対処法も合わせてご紹介します。

目次

  1. 離婚届を書く前の準備
  2. 離婚届の書き方
  3. 離婚の種類と必要書類
  4. 離婚届を勝手に出されてしまったら
  5. サインをした後に気が変わったら

離婚届を書く前の準備

離婚届の提出をスムーズに行うために事前にやっておくべき事が、戸籍と姓をどうするか決めておくことと、証人の準備です。

離婚後の戸籍と姓

離婚届には戸籍と姓の変更について記入する項目があります。日本では婚姻の際に妻が戸籍と姓を変更することがほとんどでしょう。そのため、基本的に夫は戸籍と姓が変わることはありませんが、妻は戸籍と姓を選ぶ必要があります。また、未成年の子どもがいて妻が引き取る場合などは、子どもの戸籍と姓も考えておきましょう。戸籍と姓の選択肢や手続き方法は「離婚後の戸籍と姓(氏・苗字)の選択肢と必要な手続き」をご覧ください。

離婚届の証人

協議離婚(話合いで合意する離婚)では、20歳以上の証人が2名必要となります。証人には、離婚届に住所、生年月日、本籍地の記入と押印をしてもらう必要があるため、提出の際に慌てることのないよう、事前に依頼をしておきましょう。証人は基本的には誰でもなることが可能で、特に法的な責任が生じることはありません。両親や友人にお願いするのが良いでしょう。

離婚届の書き方

離婚届の書き方のサンプルは「法務省のホームページ」に掲載されているので、参考にしましょう。しかし、離婚届の記入の際には細かい点まで注意を払う必要があります。そうすることで、不備を指摘されて再提出する事態を避けることが出来ます。ここでは、内容を訂正するとき、及び署名・押印するときの注意点についてご紹介します。

内容を訂正するときの注意点

離婚届にはボールペンを使い丁寧に記入することが基本です。誤った記入をしてしまった場合には、新しい用紙に書き直すのが理想ですが、すでに相手方や証人に署名してもらっている場合には難しいでしょう。その場合には修正液などを使って訂正する事は避け、ボールペンで二重線を引き、横に訂正印を押すのが正しい訂正の方法です。

署名・押印するときの注意点

当たり前ですが、離婚届への署名・押印は本人が行う必要があります。協議離婚の場合は証人も離婚届に署名・押印をする必要がありますが、これも本人が行いましょう。例えば、別居している夫婦で、離婚届を書きに行くのが面倒である等の理由で、代わりに署名をしてしまうような行為は避けるべきです。

離婚の種類と必要書類

免許証やパスポートなどの本人確認書類は常に持参するようしましょう。その他にも離婚の種類(協議離婚・調停離婚・裁判離婚)に応じて書類が必要になります。書類が揃えば市区町村役場に提出し、受理されれば手続き完了です。

協議離婚の場合の必要書類

協議離婚では、提出書類は離婚届のみです。

調停離婚の場合の必要書類

調停離婚では、離婚届の他に戸籍謄本、申立人の印鑑、調停調書の謄本が必要となります。戸籍謄本に関しては、本籍がある市区町村に届出を行う場合には不要です。また、注意すべき点として、調停成立から10日以内に届出をしなくてはなりません。届出を怠った場合、罰金が課せられてしまう可能性があるため必ず期限を守るようにしましょう。

裁判離婚の場合の提出書類

裁判離婚では、離婚届の他に戸籍謄本、申立人の印鑑、調停調書の謄本、判決確定証明書が必要となります。調停離婚の場合と同じく、本籍がある市区町村に届出を行う場合には戸籍謄本は不要です。また、判決確定から10日以内に届出をしなくてはならず、過ぎてしまうと罰金が課せられてしまう可能性がある点も調停の場合と同様です。

離婚届を勝手に出されてしまったら

協議離婚において、離婚届の提出には双方の合意が必要ですが、合意が無いにも関わらず勝手に提出されてしまう、脅迫されて離婚届にサインしてしまう、といった事態も発生しています。そのような場合には提出された離婚届は無効となりますが、家庭裁判所に「協議離婚無効確認調停」を申し立てる必要があります。

サインをした後に気が変わったら

離婚届を戸籍係に提出する前は、離婚意思の撤回は可能です。また、離婚届を戸籍係に提出してしまった後でも、離婚した旨が戸籍に記載される前ならば、離婚不受理申出を行い離婚を取り消すことが可能です。もし、戸籍に記載されてしまった場合は、離婚無効の確認を求める裁判手続を行わなければならなくなります。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚届に関する法律相談

  • 婚姻費用と扶養的財産分与、どちらが適しているのか判断がつきません。

    離婚・男女問題離婚届

    お互いバツイチ同士の再婚3年目です。 私(妻)に高2(娘)と中1(息子)になる連れ子あり 長文で申し訳ありませんが、どうかご回答よろしくお願い致します。 3週間ほど前、口論の際に夫から離...

    8弁護士回答
  • 偽装結婚で逮捕されている彼女の離婚について

    離婚・男女問題離婚届

    私の恋人が偽装結婚で逮捕されました。彼女はフィリピン人です。現在入国監理局に収監されています。結婚相手の方とも連絡が取れ離婚届を出すことになったのですが、相手の方が彼女の住民票...

    1弁護士回答
  • 公正証書作成後に離婚を拒否された場合

    離婚・男女問題離婚届

    性格の不一致のため、離婚してほしいと妻に申し出をし、話合いののち妻に離婚に合意してもらい公正証書を作成しましたが、公正証書作成後も離婚届にサインをもらえず、数ヶ月後になって新た...

    4弁護士回答
  • 【任意整理】【離婚】再生計画の認可決定後の離婚について

    離婚・男女問題離婚届

    お世話になります。 現在、弁護士事務所に任意整理をお願いしています。 私と妻の両名での任意整理となりますが、つい先日、弁護士事務所より再生計画の認可決定が出たとの連絡がありました...

    5弁護士回答
  • 離婚裁判を欠席した場合の慰謝料の金額

    離婚・男女問題離婚届

    結婚5年目。 旦那は給与手渡しの有限会社で働いていましたが、給料明細書を書き直し、毎月5万円以上少なく私に渡していたことが発覚しました。 私もパートをしていますが家計は大変苦しく...

    4弁護士回答

法律相談を検索する

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 犯罪被害者の「同性パートナー」が国の給付金...
  2. 過熱する保活競争、入園のための「ペーパー離...
  3. 「わが子に会えない」父親たちの悲痛な声、面...
  4. 娘と「6年会ってない」父に親権認めた裁判、2...
  5. 「離婚後の養育費を1.5倍に」日弁連の新算定...
  6. テレ朝アナ「職場不倫」発覚…同僚の「秘め事...
  7. 「離婚後の養育費1.5倍に」日弁連、新たな算...