ベストアンサー

イタリア人と離婚しないままの再婚は罪ですか?

私(日本人)、夫(イタリア人)。夫から離婚申し出を受けて別居に至り、2年ほど経ちます。現在二人とも別々に第三国で生活している状態です。

協議離婚として離婚届を提出することに対し、夫からの同意は得ているのですが、日本の役所から住民票が戻っていないと離婚届が出せないと言われたため、近い将来一旦帰国をする際に離婚届を提出し、日本側の離婚は成立すると思っていました。でも短期間の住民票の転入では離婚届を受理してくれない役所もあると聞き、心配になっています。それは本当ですか?

将来、私は日本人でない方との再婚を考えており、日本で新しい婚姻生活をする予定は今のところありません。日本で離婚できたとしても、イタリアで離婚が成立していない場合、私が再婚することは、罪になるのでしょうか?また、それは新しく婚姻生活を送る予定の国でのビザ申請などにも影響しますか?イタリアの離婚手続きは非常にお金と時間もかかり大変だと聞きました。もしイタリアの離婚が成立しないまま私が再婚することになったら、どうなるのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いします。
相談者(143143)からの相談
2012年10月06日 16時11分

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県6
ありがとう
重婚の罪が問題なのですが、日本では届出による法律婚主義がとられ(民法739条)、配偶者のある者が重ねて婚姻の届出をし、戸籍事務処理上の過誤を生じて受理された場合など極めて例外的に生じるにすぎません。
重婚が生じる場合としの例には、
戸籍事務上の過誤により二重に届出が受理された場合
内地と外地とでそれぞれ婚姻した場合
があり、あなたの場合ということになりますが、イタリアで婚姻届が出されても日本の戸籍上通常は記載されませんので、間違って戸籍に記載された場合のみ重婚罪となります。
イタリアの法律がわからないのですが、重婚が処罰されているのであれば、イタリアでの届出により、イタリアで処罰されます。
戸籍実務なのですが、外国にいる場合大使館ないし領事館に届出ができるはずなのですが、受理されないと確認できているのでしょうか?
受理されない場合なんとかして早く日本で離婚届をするのが賢明です。
住民票の転入との関係は、一般論はごく短期と役所が知っている場合は住所といえないので、離婚届を受理しないからです。知らなければ通常は可能と思われます。

2012年10月06日 17時21分

相談者(143143)
早速、ご回答を頂きまして有難うございました。

戸籍実務の外国での日本大使館・領事館への届出は知らなかったので確認していませんでした。一旦帰国する時期の方が早そうなので、それでは帰国の際に受理してもらえることを期待します。

「内地と外地とでそれぞれ婚姻した場合」というのは、例えば、私が現在の夫と日本で婚姻状態にあるにもかかわらず、海外で別の男性と婚姻関係になった場合に適用されるのでしょうか?もしそうであるなら、日本の法律上、私は日本で離婚届を出し、それが受理された後であれば、海外で別の男性と再婚する場合には、重婚罪にならないという解釈でいいのでしょうか。

日本人女性と婚姻関係にあったあるイタリア人男性は、イタリア側では離婚が成立していない状態で、日本側では離婚届を出し、離婚したことになったため、別の日本人女性と日本側で婚姻届を出し、再婚したと言う話を聞いたことがあります。その男性にとっては、違う相手と2つの国で2つの別々の婚姻関係が結ばれていることになっていますが、再婚相手とイタリアで婚姻届を出していない今現在は、罪に問われてはいないようです。

「イタリアの法律がわからないのですが、重婚が処罰されているのであれば、イタリアでの届出により、イタリアで処罰されます。」ということは、イタリアは重婚を禁じているそうですので、イタリアでの離婚が成立しないままの状態で、私が再婚し、再婚後、イタリアに行った場合に罪に問われることになるのでしょうか。上のイタリア人男性の例は、2国間の話ですが、私の場合、再婚後生活を考えているのは、別の第三国です。その場合も、まだイタリア人と婚姻関係にあることは第三国の地でも問題になるのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いします。

2012年10月06日 20時05分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県6
ありがとう
婚姻関係は、原則として夫婦一対で一つなのですが、それに対応する届出は、国籍のある国毎に一つあります。あなたの国籍の日本と夫のイタリアです。
そして、どこの国の準拠法によってでも、離婚が成立すればば、婚姻関係が消滅しますから、婚姻届のある国には離婚届ができることになります。日本で離婚すれば、イタリアにおいて届けができるのです。したがって、再婚してもどこの国においても重婚は発生しません。

2012年10月06日 23時21分

相談者(143143)
また早速、ご回答頂きまして有難うございました。

日本で離婚届が受理された後であれば、私は日本でもどの国で再婚したとしても重婚にはならないということですね。少し安心いたしました。

ただ、日本で離婚すれば、イタリアにおいて届けができるのはわかるのですが、イタリアでは日本のような紙切れ一枚の協議離婚を認めておらず、弁護士を雇った調停裁判をするために離婚する当事者2人が出頭しなくてはいけないため、時間と費用と精神的な面で非常に大変だと聞いているので、今から裁判を仮に始めたとしても、再婚するまでに間に合わなさそうです。私個人的に中途半端な状態で、再婚という新しい生活を望むのは嫌ですが、イタリアでの離婚が成立しないまま、もし私が再婚することになったら、どのようになってしまうのだろうと思った次第です。

情報を色々模索してみても、国際結婚で婚姻届を2国に提出していたとしても、各当事者にはそれぞれの母国の法律だけが適用になるようですが本当のところよくわかりません。ということは、私の場合ですと日本法で離婚が成立すれば、いくらイタリア側で婚姻関係がまだ有効であっても、イタリア側とは関係がなくなり(つまりここが重婚になるか否かということだと思いますが)、夫が将来、再婚をする場合にのみ、私がイタリアの裁判所に出頭しなければいけないという事象が発生するため、そこで初めて有効の婚姻関係があるということを再認識することになるようです。その頃までには私は再婚していたいので心配になりました。

これについてどう思われますか?

2012年10月07日 13時36分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県6
ベストアンサー
ありがとう
イタリアの離婚手続きは非常にお金と時間もかかり大変だと聞きました。
→それは日本法でなくイタリア法により離婚する場合です。日本国内で離婚した場合、イタリア国はそれを認めなければいけないのです。届出だけのはずです。そうでないと日本人の権利侵害になるからです。イタリアン人がイタリアンで離婚する場合であって、外国でイタリア人が簡単に離婚できてしまうことは仕方がないのです。ベルギーで仕事をしていたときの経験から私の理解では相互互恵条約でそうなっているはずです。イタリアがそれを批准していなければ別ですが。したがっって、他の問題は起きません。国際私法に詳しいイタリア弁護士に意見をお聞きください。

2012年10月07日 18時28分

相談者(143143)
早速のお返事有難うございました。

日本人の権利侵害になるので届出だけのはずということで、納得いたしました。

色々と教えて頂き、有難うございました。

2012年10月07日 22時07分

この投稿は、2012年10月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

協議離婚するときの離婚届の書き方や流れ

夫婦で離婚の話合いがまとまり、離婚協議書を作成したら、次に離婚届を提出する必要があります。この記事では、協議離婚をする場合の離婚届の書き方の...

調停離婚したときの離婚届の書き方や流れ

離婚調停で離婚が成立したら、次に離婚届を提出する必要があります。この記事では、調停離婚の場合の離婚届の書き方のポイントや手続きの流れについて...

離婚届を提出するとき注意すること

離婚する場合には、離婚届を提出する必要があります。夫婦で話し合って離婚する場合はもちろん、調停や裁判など家庭裁判所の手続きで離婚した場合にも...

裁判で離婚が認められたときの離婚届の提出方法を詳しく解説

裁判で離婚を認める判決を得られたら、次に離婚届を提出する必要があります。この記事では、裁判で離婚が認められた場合の離婚届を提出するまでの流れ...

離婚届の書き方や必要書類・手続き方法

離婚する際には必ず離婚届を提出し、受理されなければなりません。離婚に至るまでに様々な困難を乗り越えてきたケースが多いでしょう。最後の手続きは...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 国際離婚後の姓を変えたくないのですが。

    イギリス人の夫と離婚をすることになりました。 イギリスと日本に婚姻届を出してあります。 日本在住ですが、離婚後に婚姻中の姓を名乗ることはできますか? 私は旧姓に戻りたくないのですが、夫が猛反対しています。 自分の意思で離婚後の姓は決められますか? また夫が「たしか離婚届には旧姓に戻るという記載をした気がする」...

  • 協議離婚書と不受理申出

    離婚が決まり協議離婚書を作成 ここ4日間のやりとりです。 3月末までに離婚届を提出すると書いてある協議離婚書ですが、不受理申出を出したらどうなりますか? やっぱり離婚したくない。よく考えたけど、ほんとに自分が悪かったけど離婚したくない。 この場合どうなるのでしょうか? 不受理申出を出した場合、協議離婚...

  • 離婚裁判 愛情の喪失

    一方的に出て行った夫から離婚調停を申立てられました。 私は離婚したくありませんが、夫は離婚の意志は固いです。 私の生活費、住宅ローンが無駄と思っている夫なので、 早く離婚をしたいのだと思います。 (婚姻費用分担請求の調停中です) 結婚して12年別居して1年で、子供はいませんが、 離婚裁判で愛情の喪失と夫が言えば...

  • 離婚したい

    はじめまして。 いま離婚を考えているのですが、妻と話し合いだけでは離婚はできないのでしょうか? 調停離婚や協議離婚などこのサイトで知りましたが、裁判をしないと離婚はできないのでしょうか?

  • 離婚届記載と離婚の意思について

    協議離婚が成立しました。 妻から離婚届に必要事項が記載されて郵送してきました。ただ、明日市役所に届け出します。 問題は、妻の記載事項に不備がある場合に、修正したければなりません。これに、応じないで離婚の意思を撤回することは出来るでしょうか。 離婚届がある場合、離婚の意思は確定ということで良いでしょうか?不安は、...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

離婚届の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。