弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

離婚原因の解決事例

婚約破棄による慰謝料請求

  • 慰謝料

依頼主 30代 女性 相談前 依頼主は、婚約後妊娠が発覚しましたが、その後、男性から一方的に婚約を破棄されてしまい、婚約不履行による慰謝料の請求を希望していました。 相談後 婚約破棄による慰謝料は、一般的に離婚慰謝料より少額になりがちですが、本件では、妊娠という特殊事情があったため、離婚慰謝料に比肩する金額が認められました。 清水 洋一弁護士からのコメント 婚約破棄による慰謝料請求には、最低限、①婚約が成立している事実、②婚約が合理的な理由なく破棄された事実が必要になります。「婚約が成立しているといえるか」、「婚約破棄に合理的理由が認められるか」といった専門的な事実判断、具体的事案ごとの特殊性の考慮が必要ですので、専門家に一度ご相談ください。

お気に入りに追加
清水 洋一
清水 洋一 弁護士

旭合同法律事務所

離婚・男女トラブルに伴うあらゆる問題について、円滑かつ有利な解決を目指し尽力致しま...

電話で問い合わせ
050-5285-0861

メールで問い合わせ

離婚原因に関する解決事例

土井 浩之

土井 浩之弁護士

元妻が、元夫に対する葛藤が強いために実現不能だった面会交流を実現し定着させた事例

離婚は、スムーズに成立し、親権者は母と定められた。しかし、子どもの面会交流について、母親も面会交流には否定的ではなかったが、父親への信頼がなく、暴言などに怯えていて、具体的な話し合いが不能であるため、面会交流が実現できなかった。元夫に何度か事務所に来ていただき、話し合いを重ね、元妻が安心して子どもを元夫に預け...

鳥居 孝充

鳥居 孝充弁護士

最終的に敗訴したものの子らに対し「私は家庭を守りたい」というメッセージを残した事例

ご相談者(2児の父)は、生活苦などを理由に妻から離婚訴訟を提起され、一審(別の弁護士に委任)では離婚を認め、ご相談者に慰謝料支払を命じる判決が出ました。その後、当職に相談され、控訴したところ、裁判所から、離婚は認めるが慰謝料はゼロとする内容の和解案を提示されました。ご相談者は、ここで和解に応じると、お子さんた...

木場 知則

木場 知則弁護士

夫から離婚裁判を起こされた妻の訴訟代理人となったケース

相談者は、既に夫が家から出ていき、他の女性と同居していたところ、夫から離婚の裁判を起こされました。裁判という馴れない場での不安や、離婚をした方がいいのかどうか、どう進めていけばよいかなど、全くわからなかったことから、ご相談に来られ、訴訟代理人として依頼を受けることになりました。いろいろと打ち合わせを重ね、相談...

柴田 将人

柴田 将人弁護士

判決により離婚が認められた事案

夫からの相談であり、離婚理由は、同居生活中の様々な不一致やいざこざでした。妻が離婚に応じないため、やむなく、訴訟により離婚を請求することになりました。訴訟において、同居生活中の様々な不一致やいざこざを粘り強く主張しました。妻側からの反論も多くありましたが、その都度、合理的に反論しました。その結果、判決で離婚が...

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

離婚原因の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 「柳井社長もやってみて」身分隠してユニクロ...
  2. パートナーの「浮気相手」に社会的制裁を加え...
  3. 離婚後の養育費「20歳まで」の壁を越えるには...
  4. 「独身税」めぐり「独ハラだ!」とネットで炎...
  5. 不倫相手が別れた後も「インスタ」に2ショッ...
  6. 不倫報道の宮迫さん「ホテルに入ったけど何も...
  7. 「夫が月10万円しか渡さない」主婦の嘆きに反...