モラハラによる離婚。離婚調停をどう進めてよいかわかりません。

離婚調停中です。
5月の上旬、主人と喧嘩になった際に離婚を言い渡され、記入・捺印してある離婚届を突き付けられました。
その日、私は子どもを連れて実家に帰ったのですが、そのことが気に入らなかったようで、「苦しめ」「目の前で自殺してやろうか」等LINEが送られてきました。
また、義母から電話があり、「(私を)殺しに行って、自分も死んでやる」と言っているとも言われました。

以前からキレやすく、ものを投げたり怒鳴ったりすることが多々あり、顔をぶたれたことも2度ほどあります。さらに、子どもがケガや病気をするたびに「母親失格だ」とののしったり、些細なことで「妻失格だ」「クズ」「ゲス」等暴力的な言葉を言われ、実家の家族のことも「人間のクズ」「常識がない」「人間的に問題がある」等と言われていました。

今回の死ぬ、殺すなどの脅しと、以前からのこういったモラハラを理由に離婚に応じようとしたところ、離婚したくないと意見を覆してきました。
それ以降は離婚はしないの一点張りで、私から離婚調停を申し立てたのですが、なかなか離婚の方向へ話が進みません。
4月に彼が脳梗塞を起こして入院したことがあったため、すべてを病気のせいにして、同情を買い、離婚を回避しようとしているようです。

1回目の調停では、調停委員の方に、「彼、病気しているよね。それはわかっている?改めて考えてきて。」と言われてしまいました。

そこで質問です。
1.モラハラがあったことを調停委員の方にわかってもらい、離婚した方がよいと思ってもらうにはどうしたら良いでしょうか。(例えば書面にする場合、①どのような形式で書いたら良いのか、②その後裁判になった場合に備えて相手には見せないほうが良いのか 等も教えていただきたいです。)

2.こういったモラハラ男を相手に調停を進める場合に、有効な話し方、話をするコツ等ご存知でしたら教えていただきたいです。


よろしくお願いいたします。
2018年07月17日 22時51分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 1.モラハラがあったことを調停委員の方にわかってもらい、離婚した方がよいと思ってもらうにはどうしたら良いでしょうか。

ポイントだけ書面にすることは考えられると思います。
ただ、調停委員がわかってくれるとは限りませんし、調停委員が理解を示してくれても、相手が納得するとは限りません。
むしろ、ご記載のような相手だと、話にならないかもしれません。

> 2.こういったモラハラ男を相手に調停を進める場合に、有効な話し方、話をするコツ等ご存知でしたら教えていただきたいです。

むしろ話にならない方と、まともに話をしようと思わないほうがよいのかもしれません。モラハラを基礎づける証拠が十分あると思われるのであれば、離婚裁判にするのも一つかと思います。
弁護士にまだ相談されていないなら、相談されてもよいと思います。

なお、これを言ったほうがよいということではありませんが、例えば相談者が離婚をしないと言えば、今度は離婚すると言ってきそうな気もしなくもないですね。

2018年07月18日 04時16分

相談者
ご回答ありがとうございます。

裁判にするのが1番の近道なのですね。
しかし、私自身が育児休暇を所得中であり、収入がほとんどないことと、
住宅ローンがあり、まだ支払いを始めて1年なので、家を売っても借金が残ることを考えると、できる限り調停で決着をつけたい気持ちです。

また裁判になった場合、モラハラの証拠が充分である自信がありません。

そこで、さらに質問なのですが、
1.現在住宅ローンは相手方が4/5、私が1/5の割合で借り入れをしており、お互いに保証人になっています。この場合、家を売って残った借金はどのような割合で負担することになるのでしょうか。

2.病気を理由に婚姻費用や養育費、慰謝料の支払いを拒否するだけでなく、住宅ローンも支払えないと言っているのですが、その場合連帯保証人になっている私に支払いの義務が課せられてしまうのでしょうか。

3.今回モラハラだと気づき、今までされたことを書き起こしているのですが、これはモラハラの証拠になりますか。
去年の7月に携帯を変えてしまっているので、LINEで送られてきたものもさかのぼることができるのは1年前からになります。

2018年07月18日 14時57分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 1.現在住宅ローンは相手方が4/5、私が1/5の割合で借り入れをしており、お互いに保証人になっています。この場合、家を売って残った借金はどのような割合で負担することになるのでしょうか。

婚姻期間中に買ったことを前提とします。
売却して余剰がでるなら、その金額を折半にすればよいと思います。

> 2.病気を理由に婚姻費用や養育費、慰謝料の支払いを拒否するだけでなく、住宅ローンも支払えないと言っているのですが、その場合連帯保証人になっている私に支払いの義務が課せられてしまうのでしょうか。

金融機関との関係ではそうなりますね。

> 3.今回モラハラだと気づき、今までされたことを書き起こしているのですが、これはモラハラの証拠になりますか。

日記ですかね。
それも証拠にはなりますが、証拠価値としては、相対的に低いと思います。

> 去年の7月に携帯を変えてしまっているので、LINEで送られてきたものもさかのぼることができるのは1年前からになります。

そのLINEの内容によっては証拠にできるかもしれませんね。

2018年07月19日 04時59分

この投稿は、2018年07月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

モラハラを離婚原因とする場合の慰謝料相場

出会った頃は優しく温厚だったパートナーが、結婚してから豹変し、家では暴言を吐くようになった、機嫌が悪いと無視する、家事の不出来を延々と指摘す...

モラハラの慰謝料相場と準備すべき証拠

配偶者から日常的に暴言を浴びせられる、長期間無視されるーー。こうしたモラルハラスメント(モラハラ)が原因で離婚する場合、慰謝料請求はできるの...

モラハラで慰謝料請求が認められるケースと必要な証拠

配偶者から日常的に暴言を浴びせられる、長期間無視されるーー。こうしたモラルハラスメント(モラハラ)で精神的に追い詰められ、離婚を考える人は少...

モラハラが原因の離婚調停ではどのような証拠が必要か【弁護士が解説】

言葉や態度で相手を傷つける「モラハラ(モラル・ハラスメント)」。外傷という形で表れないため、第三者に証明しづらいことが特徴です。配偶者のモラ...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • モラハラですか?

    私に不快な思いさせたり、我慢させるのはよくて、自分が不快な思いしたり我慢させられると切れる。 自分との予定を優先しないと怒る。 夜中に 今すぐ電話しろって メールが来て、電話しなかったらキレる。 意見を言うと、文句言うなと怒鳴られる。 もううんざり。 精神的におかしくなる。 これって、モラハラになりますか?...

  • モラハラってありですか?

    離婚協議中です。私の浮気が原因です。 私が離婚は嫌だと言い調停は不調に終りました。 しかし、その後モラハラを受けています。 今度、裁判になったらモラハラを問題にできますか?

  • モラハラとは?

    このサイト上でも最近よく離婚問題で「モラハラ」という言葉が離婚原因として出てきていますが、実際「モラハラ」は正式な離婚原因として成り立つものなのでしょうか? 実際モラハラの事実などない状態で、訴訟などにおいて優位に進めたいがために「モラハラ」という言葉を多用しているようにも感じます。 また多々感じている方もお...

  • モラハラではないですか?

    嫁がよく親父に、父さんいつまで生きとるん?自分にも、父さんいつまで生きとるんかね?なんて言ってたんですが、これもモラハラじゃないですか?

  • これはモラハラなのか?

    以前、私が妻に対してモラハラをしていたのかを質問し先生方にご回答していただきました。 今回は妻が私にした事がモラハラなのか教えて下さい。 1、毎日私を見たり、私が何か些細な事でもお願いすると大きいため息をつく。注意した事もありますが別居迄毎日続きました。 2、私の両親の悪口を私に言ってくる。反論したりすると...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

モラハラに注力する弁護士

最近検索されたキーワード

モラハラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。